DHCのアロマアイテムを意欲的に企画するアロマセラピー課から発信する癒し系ブログ

ティートリーで風邪予防(追記あり) [2019年11月18日(月)]
クリスマス&お正月用の広告が出回り始めている近頃…

電車に乗ると、咳込んでいる人がとても多いなあと思います。

1日の中でも寒暖差が大きく、油断できない気候が続きますね。

風邪やインフルエンザに注意したい時期です。

感染症の予防に、手洗いがかなり有効であると聞きます。

手洗いやうがい、睡眠不足や栄養のアンバランスに注意する…等といった基本があるわけですが、どうしても徹底できない事情もあると思います。

それに、単純な肉体疲労だけでなく、ストレスによる疲れなど、目に見えにくい疲れの蓄積もあることでしょう。

ストレス性疲労の緩和は、アロマセラピーの得意分野です。

日常のお風呂に加えたり、空間に拡散したり…ちょっとした取り入れ方でも効果的。

私は、うがいをする時のお水にティートリーを1滴垂らしたりします。


そう、風邪やインフルエンザが流行り、花粉症が控えているこれからの季節、特に注目したいティートリー(フトモモ科)は、古くからオーストラリアの先住民アボリジニが薬草として珍重してきた植物。



抗感染作用、免疫強壮作用、呼吸器系疾患や精神疲労へのアプローチなど多様な効能があります。

そのパワーがぎっしり凝縮したエッセンシャルオイルの恩恵をありがたく活用して、健康に役立てましょう。


風邪予防におすすめのアロマセラピー
(インフルエンザや花粉症の予防にもおすすめ)

アロマバス
ティートリー2滴
ユーカリラディアータ2滴
自然塩大さじ1〜3


※手浴・足浴や蒸気浴もおすすめ。

↑これは突き詰めた組み合わせですが、
ふんわりした甘さやリラックス感をより求めるなら、
オレンジスウィートラベンダーを加えたり、差替えたりしてアレンジするとさらに豊かなブレンドに。


芳香浴(アロマランプやプレートで空間に香らせる)
ティートリー2滴
オレンジスウィート2滴



マスクに垂らす
ティートリーユーカリラディアータ、ラベンダー、ペパーミントなど、お好みで1滴ほど

マスクの外側に垂らすと、肌が弱い方でも快適にアロマを楽しめるかと思います。


今から日常生活に取り入れて、多忙な師走に備えたいですね。



Bon Voyage


posted at 10:33 | ヘルスケア | この記事のURL |
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/aroma/archive/621
2019年12月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール


Bun
ブログ
リンク集
DHCオンラインショップ

http://www.dhcblog.com/aroma/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る