2018年06月  >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
プロフィール
リンク集
http://www.dhcblog.com/dnahouse/index1_0.rdf

ログイン
Mypagetopに戻る
ギブアップ [2018年06月14日(木)]
この言葉、好きな人って居ないと思うんだけど…

私だって好きじゃない。プロレス好きだし(笑)

でもね、自分が壊れそうになったらしなきゃダメ。
口が裂けても言いたくないかもしれないけど、
壊れたら取り返しがつかないから。

5月22日、私はギブアップしました。
posted at 10:52 | この記事のURL
決断する勇気 [2017年12月22日(金)]
19日に姑を病院から帰宅させた。
一応退院だけど、決して体調が良くなったからではない。
結果から言うと卵巣ガン。積極的に治療をするには体力的にも難しいみたい。
それに肺気腫とガン、どちらかと言えば肺気腫の方でサヨナラする方が早いと主治医。
ガンの方も腹水が溜まると退院出来なくなる。今ならまだ腹水もなく、食事も取れているから退院のチャンスは今って事だった。
5日にそんな話をされ、受け入れ準備に2週間ほどかかった。
何しろもう歩けない。トイレもポータブルにしても8割がた介助がいる。
そんな介護私にできるのか?イヤ、無理。
そうなると完全に寝たきり、オムツ生活だ。
本人の生活クオリティを維持する、少しでもできる事を続けさせる…
私にとってはそれは見栄や世間体みたいなもので、気にするほど自分を削る結果になる。だったらそんなの気にしない、誰にどう思われても私が潰れない手段を取るしかない。

寝たきりオムツ生活を決断しました。


posted at 16:43 | この記事のURL
正味2日間 [2017年11月21日(火)]
姑は10日の午後帰って来た。
まず玄関からリビングまで一気に歩けなかった。
なんとかいつもの椅子に座って落ち着いたら、その後はトイレもゆっくりだけど行けた。
夕食も完食、着替えは少し手伝ったけどすんなり寝てくれた。

11日、運命の日と言ってもいいかもしれない。
朝旦那が珍しく姑の部屋から物音が…と言う。
普段は私の方が敏感で、旦那はどちらかといえばニブい。
姑の部屋を開けるとベッドの下に座っていた。
転んだり落ちた様子は無いが、動こうとしてズルズルずり落ちた感じ。
そして何よりクサイ。トイレに行きたかったのか。
お尻の始末から始まる朝。
でもこの日は退院すぐだけど、お風呂に入れたかったからなんとかデイに出さねば。
ところが退院前から浮腫みのあった足が変な色!
自分達では判断つかないし、病院に行くべきか散々迷って連れて行く決心をした。
朝食も済ませて一息ついてた時事件発生。
一人でトイレに向かった姑。
トイレの入り口でスリッパを履こうとしてバランスを崩し、尻餅!
他の場所はぶつけたりしなかったようだが、動けない。腰が痛いと言う。
救急車を呼んでいつもの病院に搬送。整形受診。
骨に異常無く、足について聞くも専門外で答えは出ず。
まして転んで血の気が引いたのかあの変な色が無くなっていた。

家に戻って昼食。半分も食べず。
腰の痛みのせいでトイレまでは前に立って両手を引いて歩かせ、
中ではなんとか手すりにつかまり立ちさせてパンツを下ろしてやる。
そのまま見守り終わったらまた履かせる。
私の中の介護度ダダ上がり。
夕食もほとんど食べず。
着替え後も前日とは違い、痛いだの、暗いと寝れないだの…
やっと横になったかと思えば、苦しいから起こせだの…
流石に旦那、いいから寝てくれ!と珍しく怒る。
長い1日が終わる。

そして12日。この日旦那は午前中外出。
姑はベッドから起き上がるものの、着替えほぼ介助。トイレも同じ。
腰が痛いからあまり動きたがらない。時間でトイレに連れて行く事にする。
朝食、かなり量を減らし、簡単に食べられるものを出す。
しかしまた食べない。オマケにウトウト寝が!これはマズイ傾向。
まずは食べさせるために横に座りスプーンで口まで運ぶ。
食べさせればなんとか食べる。人に食べさせたの小僧以来だわ。
朝食後はテレビも新聞も見ずにウトウト。
起こしておくために好きな昔話のアニメを見せる。見てたw
その後トイレタイム。やっぱり歩けず、手を引いてヨロヨロ…
戻るとまたウトウト。マズイ、完全にナルコーシスだ。
昼頃帰った旦那に様子をはなし、一応病院に電話。
日曜日だからとは思ったけど、案の定内科の先生がいないと断られた。
昼食もなんとか食べさせるも完食ならず。
そうこうしてるうちにどんどん状態は酷くなる。
今までナルコーシス起こしても、自分で鼻水拭いたりできてたのに、
今回は垂れ流し状態。
救急車を呼ぶか、明日まで待つか、かなり追い詰められた。
ダメ元でもう一度病院に電話。
先生に救急搬送で他の病院に行けば、この病気、挿管されてそれきりになる。
なるべくうちに連れて来いと言われた事を伝えるもまたダメ。
明日まで待てるのか?今夜は長くなりそうと思った矢先に病院から電話。
話を聞いた看護師さんが当直の先生に頼んでくれた。

無事?病院に行って診てもらい、入院と相成った。
正味2日間の帰宅。
いろいろな事を考えせられる2日間だった。
posted at 15:04 | この記事のURL
新しいステージへ? [2017年11月21日(火)]
いつぶりの更新?と思って過去記事見たら7月だった(゚Д゚)
前回の記事上げた2か月後、9月19日にまた姑入院。
やっとショートステイからOKもらって、行かせる直前だった。
今回も様子がおかしいってだけだったし、次の日からずーっとテレビ見てたのに、
また先生からの退院許可が出ず。10月終わりにやっと許可。
ただ小僧の受験関係で11月初めの連休が忙しくなりそうだったので、
連休明けの週に退院を決めた。10日になんとか退院。50日超え。

前回1か月入院した時は、帰って来ても今までと変わらず生活してた。
プラス20日ってこんなに?って思うほど体力、筋力が落ちた。
このプラス20日のうち10日は私が遅らせたようなもの。
体力、筋力の衰えはわからなかったけど、
得体の知れない衰えを抱えた姑をひとりで連れ帰り、
なおかつ小僧の受験関係で連チャンで出かける体力が残るか不安だった。
退院後に旦那が、本当ならあと10日ぐらい早く出て来れたって言うのを聞くたびに
モヤモヤがとまらなくなる。私のせい?
私も旦那も以前のままの生活スタイルしか考えてなかったよね?
衰えて行くこと、介護するって言うことの認識が甘すぎたよね。

結果的に帰って2日後に姑は病院に逆戻り。
私は介護の新ステージに進むようです。
posted at 14:25 | この記事のURL
なんだかんだ1ヶ月 [2017年07月18日(火)]
前回の記事が6月6日か…1ヶ月半経ってるね。
そのうち1ヶ月は姑が入院してました。6回目(現在同居2年3ヶ月)!
今回は長かったね。
肺炎では無かったし、入院して3日目か4日目には座ってテレビ観てたから、
すぐに出てくるもんだと思ってたわけで。
ところが、待てど暮らせど退院の許可が出ない。
週に2・3回は肌着を届けに行ってたけど、いつでも座ってテレビ。
やっと先生から呼び出しがあって説明を聞いてびっくり。
入院して1週間経っても酸素量が上がらず、調べたら痰が詰まって左の肺の一部が潰れてたんだって。そりゃ時間かかるわ。
いつもは長くて2週間だから、連絡がもう来るか、もう来るかと落ち着かず、
なんだか何も出来ずに過ごしたな…
まあそれでも療育仲間のママ達とランチできたし、バッグメーカーのバーゲン行けたし、小僧の部活最後の大会も見に行けたし、急に暑くなってクローゼットに押し込んだままの冬布団片付けられたし。
ぐうたらな私にしてはまあまあかな。遊びがほとんどだけど(笑)
posted at 09:24 | この記事のURL
カンナが咲いた [2017年06月06日(火)]
昨日の朝早くに咲いていました。とびきりの笑顔で「おはよう!!」って言われたみたい。小型のカンナでもゴージャス感ありますね。
カンナを知ったのは小学生の時。父の転勤で岐阜に住んでたんだけど、社宅が古い平屋の一軒家。庭がそこそこ広く、父が荒れ果てていたのをコツコツ手入れしていた。いろんな植物を植えて、その中にカンナがあった。父に名前を教えてもらった時に頭に浮かんだのは大工道具(笑)岐阜の厳しい夏の日差しの中で咲くゴージャスな花を見て、それからはカンナ=花のイメージになった。
このところの強い風で倒れることも多いんだけど、そりゃビニールポットのままだもん。花咲いてても植え替え大丈夫かな…花に見合う鉢に替えてあげたいよね。
posted at 07:53 | この記事のURL
悩みは続く [2017年06月02日(金)]
さてさて、ショートステイの件はまだ宙ぶらりんのままです。
病院の先生はとても納得してくださって、情報提供をすんなり出してくださいました。
すぐに先方に出したのですが、ケアマネさんに前回の所で断られた経緯の問い合わせが来て、それからスタッフで検討しますと言われたきり…
まあ、介護保険の切り替え時期だし、6月末ぐらい利用できたらと思ってるから、返事はまだいいんだけど…ね。

それにしても最近筋力の低下が著しい姑。1ヶ月のうちに2回も転びました。幸い骨折などはしてないけれど、 ますます目が離せない。
そして昼間はボンヤリしてることが多いのに、夕方から夜に何となくハッキリして来る。
デイサービスの日は疲れてるのもあって、それはあまりないんだけど、在宅日が…
そこで姑の部屋のテレビにタイマー付きコンセントを導入。
夜11時には強制的に切れる。朝8時まで点かない。
と言うのも、私も旦那も50を過ぎて体力的にも下り坂…
宵っ張りの朝寝坊な姑に付き合ってたら体が持たないので、テレビを消せとか、もう寝なさいとか、せめてそう言う事を気にせず早く寝たい。
今の所、かなりいい感じでタイマーくん働いてくれてます。
11時前には寝られるし、テレビの事になると人格の変わる姑もさすがに寝ている私たちを起こしてまでとはならないみたい。今はね。
認知が進むとどうなるかわからないけどね〜
posted at 13:53 | この記事のURL
夏の花壇作り [2017年06月02日(金)]
もう半月前のことになっちゃうけど…
学校地域応援団の学習会、夏に向けての花壇作りをしてきました。

去年も花壇を賑わせたペチュニア、夏の定番ヒマワリ、青い花が咲くと言うサルビアなどなど。千葉大の先生、助手の学生さんのご協力でガラリと雰囲気が変わりました。
最後に余った花苗を分けてもらいました。
今回は小型のカンナと青い花のサルビア。
1週間もしたらサルビアが咲きました!

涼しげで何ともエキゾチック?な花姿。癒される〜(≧∇≦)
カンナも花芽が出てきてるので、咲いたらアップします。
posted at 13:38 | この記事のURL
悩む [2017年05月09日(火)]
このところずーっと鬱々としていて、気が付けば前回の記事は2月!
鬱々の原因はもちろん姑だ。
私の唯一の救いショートステイ、そのショートステイ先からお断りされてしまった。
姑が何かしたわけでは無く、体調面での理由なのだ。

正月明けは何の問題も無く過ごせたのが、次の2月下旬に行った時に酸素が上がりづらく、呼吸苦を訴えることも多いと連絡が来た。それでも何とか予定の日数を過ごして帰って来た。
4月上旬行って5日目に連絡があり、どうしても酸素が上がらずこれ以上は無理とのことで、帰宅させたいと言われた。こちらもそんな状態で帰されても困るので、直接病院まで送ってもらい診察。即入院になった。またナルコーシスを起こしていた。
その後ケアマネから連絡があり、何かあっては困るので預かれないと言われた。

ショートステイは私や旦那、小僧の為の休憩時間。
ただ、どうせ行くなら本人にも多少のメリットが無いと、ってことでイベントなどのある施設を探してもらった。だけどやっぱりこの体調じゃ、医療系の施設でないと長く預かってもらうのは無理なんだよね。
そこでケアマネにまた探してもらって、候補に上がったのが私が以前認知症の勉強会に行った施設。認知症プラス在宅酸素でもOKってことなのだが、今までの状況を話すと主治医からの情報提供を見てから決めたいと言われてしまった。
主治医の先生は「ショートステイは鬼門」と言うスタンス。でも家族にとっての必要性も理解してくれている。要は、ショートステイに出すのはいいけど、それで具合悪くなって最悪の事態になっても家族が覚悟してればいいよって感じ。
今日退院後の経過観察で受診するので、情報提供出してくれるようにお願いするんだけど、どんな答えが返ってくるのか。
最終的にダメだったら、いちばん最初に行かせていた病院併設の施設に行かせるしかない。ここは姑以外動いてる人が居ないと言っても過言ではない所で、最初に行かせた時は認知症が進みそうであまり長く行かせなかったけど、この際そんなことは言ってられない。
定期的には無理でも、今年は小僧の受験があるから、それに絡めて行ってもらわねば。
posted at 08:28 | この記事のURL
好きなモノを考えよう [2017年02月14日(火)]
また最近姑のデイサービス行き渋りが始まった。
週3回憂鬱な朝が来る。
なんでこんな事に悩ませられなきゃならんのだ

このところここで愚痴ってばかりで、自分で読み返してもイヤな気分になる…
過去記事読んでたら仏像鑑賞の事があった。
そうだ、好きなモノの事考えよう。

いつの頃からか仏像を鑑賞するのが好きになった。
拝むのではなく見るのだ。
時代によってお顔が変わる。それぞれに良さがある。
でも、わたしの見方は小難しい事は考えず、好み一本。
要は私的イケメンを探すのだ。

ずっと変わらぬイチバンは、奈良東大寺戒壇院の四天王。
中でも広目天が…
クールな表情の中にある強さ。静かな立ち姿なのに、近づき難いオーラを放つ。
いつまででも見ていられる…

社会人になってからかな、夏に必ず高校の友人Nちゃんと旅行に行った。
それもほぼ毎年奈良。何キッカケかは忘れたけど、とにかくめちゃ暑い時期に奈良へ行き、
大汗かきながら歩いてお寺を回る。
汗と共にイヤなこと、悪いモノを落として帰る…禊ぎか(笑)
そんな中で毎年必ず広目天サマに会いに行く。楽しかったな。
結婚してからも小僧が生まれるまでは何度か行ったな。

この間ふと奈良まで日帰りで行けるか調べた。
いや、以前一度やったことあります。
その頃とは生活スタイルが違うし、今の方が交通事情も良いしね。
ただ、やっぱりお金がね〜…いくら安くと思っても片手くらいいっちゃいそう。
それを思うと他の好きなこと(プロレス)にまわせるな〜とか…
そもそもどこにそんな余裕があるのじゃとブレーキ(笑)
今を頑張って、ひと段落ついたら旦那と行くか…
posted at 18:04 | この記事のURL
| 次へ