令和はハイスピード [2019年11月15日(金)]
天皇陛下の即位に伴う各種儀式も日曜で全行程
終了したとのこと。ひとまず無事終了して良か
った。時代が変わったと言う実感は薄れて来た
が令和はどんな時代になるのか。

昭和生まれの自分が社会に出たのはバブル絶頂
期。都内ミッション系大学のキャンパスは華や
かで卒業生である著名野球選手やアナウンサー、
女性誌の読者モデルが闊歩し、校門前には遊び
人風だったクラスメイトが真赤なオープンカー
で通学。就職も好調、不安なんて何もなく、未
来はどこまでも安泰に感じていた。そんなわれ
われの年代は50歳を超え、会社のお荷物世代
としてリストラの対象になりつつある。人事と
して役員の動きを察知していた私は43歳で
15年勤めた大企業を一足先に飛び出し、外資
系に転職した。早めに決断して良かった。50
歳になった今からの再スタートはより勇気が必
要だ。

甥っ子も社会人になり25歳だ。彼らはこれか
ら後40年は生活の糧を得なくてはならない。
右肩上がりの経済成長が見込めず、何でもAIが
こなしてしまう時代、どう生きるのか。

どんな時代になるのか、と言う受け身の姿勢で
はなく、こんな時代にしたいと自分たちで思わ
なければいけないのかもしれない。時代の変化
は想像以上に高速スピードだ。食らいついて行
くしかない。
posted at 09:08 | Around 50's | この記事のURL
記事の感想をクリック タメになる
おもしろい
ほしい!
おうえん!
最近の評価状況