健康のために走り出してはや33年が過ぎました。年々低下する記録が少しだけ気になりますが、「無事是名馬」を座右の銘にして走り続けます。今年も去年までの自分を最大のライバルとして、決して速くは走れないけれど、細く長く楽しく走り続けていくつもりです。ここには練習記録も兼ねて日々のことを書いてみたいと思います。

2018年04月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント

週末アラカルト (04/22)
Baron
週末アラカルト (04/22)
とっきゅう
週末アラカルト (04/21)

週末アラカルト (04/16)
7年前の今日は金曜日でした。 [2018年03月11日(日)]
天気晴れ 日中は暖かった。

7年前の今日は金曜日だったことを覚えています。

翌日からの土日の休みを楽しみにしながらあともうひと頑張りと仕事をしていた時でした。

生まれて初めて経験する長い長い地震の揺れにこれからどうなってしまうのか不安になりました。

7年と言う時が過ぎ、復興は少しずつ進んでいるようですが、まだまだ厳しい生活をしている人たちがいることを忘れないようにします。



今日は午前中に自宅近くの坂ランコースを走りました。



このコースは何しろ途中の上り坂が長くてきつくて走り終えるたびにもう二度と走りたくないと思います。


今日の練習
自宅近くの起伏走 7.5km




厳しい上り坂の区間も6分台で走り切れたのは嬉しかったです。



午前中に体育的行事を済ませたので、午後からは復興支援のためのチャリティーコンサート鑑賞という文化教養行事に参加しました。

クラシックギターとパイプオルガンの音色に癒されました。

明日からまた頑張って仕事ができそうです。



posted at 20:25 | この記事のURL
コメント(0)
久しぶりのエアロビと走友会 [2018年03月04日(日)]
天気晴れ 暖かいけれど風が強い。

青梅マラソンと東京マラソンも無事に終わり、昨日は久しぶりに駒沢公園のエアロビレッスンに参加しました。

1時間目のビギナークラスは動きもシンプルなので流れを覚えてしっかり汗をかけたのですが、2時間目のレギュラークラスは動きの流れが複雑で方向転換が多いため、覚えてついていくことができず、途中で棒立ちになってしまいました。

なんでこんなに覚えられないのだろうと自分の頭が心配になりましたが、先生にも励まされて来週も諦めずに参加する気持ちになりました。


今日は朝から良い天気になりました。

日射しが出ると気温も上がってきました。
暖かくなってきたことで花粉がしっかり飛んでいることを感じます。
私は花粉症の症状がまだ弱いので助かっていますが、それでも鼻がぐずぐずします。
日常生活ではマスクをして予防していますが、ランの時はどうしようもないです。


走友会に参加するのも本当に久しぶりでした。
調べてみたら今年初めての参加でした。

設定ペース6分30秒のグループでスタートしました。

走り出してみると思ったより脚が軽く、ペースが自然に上がってしまいそうでしたが、折り返しの多摩川水道橋までは意識して6分20秒を目指しました。

折り返した時点で同じグループの人はもう周りにいなかったので、そこから少しペースを上げてみることにしました。

100m位先にほぼ同じペースで走っている仲間の姿が小さく見えたので、まずは追いつくように頑張ってみました。

運動の強度を上げていくと血液中の乳酸の値が急に増えるLTポイントがありますが、私の場合はキロ6分のペースあたりにそのポイントがありそうです。

一人で練習していると苦しさから逃れる気持ちが先に立ってしまい、なかなかLTポイントを超えるペースでの練習ができないのですが、走友会に参加すると自分より少し走力のある仲間を目標に走れるので非常にありがたいです。

大会参加や自分のイベントランで参加できる機会は限られしまうのですが、できるだけ参加したいと思います。

今日の練習内容
二子玉川走友会でのグループ走 10km







練習場所からの帰り道にいつものパン屋に寄りました。
ここは○ンジェル〇ンのアウトレット店です。
美味しいパンがリーズナブルな価格で購入できるのでいつも大勢の客でにぎわっています。


私のお気に入りはレーズンやナッツ類が入った少し堅めのパンやカレーパンです。
家族へのお土産も併せて購入してお昼に美味しくいただきました。
posted at 14:42 | この記事のURL
コメント(2)
20回目の記念マラソンpart2 [2018年02月26日(月)]
part1から続く





銀座付近の30km地点を過ぎ、青梅のゴール地点の距離を過ぎましたが、青梅の時に比べて脚に余力が残っているように感じました。

またそこから先のコースは昨年箱根駅伝往路1区ランをした時と同じコースで見通しが持てました。

品川駅手前の35km地点を過ぎたところでこの分なら少しペースを上げても大丈夫だろうと思いました。

今回の目標は一応5時間を切ることでしたので、途中のトイレに寄るまでは50m位前方に見える5時間のペースランナーに追いつくことを目標にして走り続けていました。

ところがトイレに寄っている間に見えなくなってしまいました。

今回は5時間切りは難しいのかなと少し弱気になりましたが、まだまだ追いつく可能性は残っていると自分に言い聞かせて走り続けました。

ゴール前の最後の交差点を曲がるとゴールが見えました。

でも残念ながら通過した時は時計は5時間を過ぎていました。



公式記録としては5時間を切れませんでしたが、スタートまでのロスタイムがありましたので、ネットタイムは5時間を切ることができたので満足です。

また30kmまで無理のないペースで走ったことで後半ペースが上がるネガティブスプリットも達成できました。



ゴールしてから完走メダルや記念のバスタオルをもらえるところまでかなり歩きました。

汗で濡れたウエアが冷たい風で冷えて震えるほどの寒さでした。

荷物を預けないランナーはその代わりにこのポンチョとフリースをもらえました。

これを着てようやく少し暖かくなりました。


東京駅八重洲口側で荷物を預かっていてくれた奥さんと合流し、そのまま東海道線ですぐに川崎駅に向かいました。

川崎駅前の銭湯にはさすがに他に東京マラソンの参加ランナーと思われる人はいませんでした。

熱い温泉の浴槽に浸かってようやく身体が温まりました。

その後近くの海鮮居酒屋で5時間切り達成の祝賀会をしました。

青梅の打ち上げ以来のアルコールでしたので本当に美味しかったです。



posted at 21:49 | この記事のURL
コメント(2)
20回目の記念マラソンpart1 [2018年02月26日(月)]
天気曇り あいかわらず寒い。

昨日は今シーズンのメインレース第2弾として東京マラソンに参加しました。

フルマラソンの大会は平成10年に第1回東京・荒川市民マラソン大会に初めて参加して以来、これまでに19回参加しました。
記念となる20回目の大会として東京マラソンに参加できたことは本当にラッキーでした。

東京マラソンは初回から毎年申し込んでいましたが、一昨年の第10回大会に初めて当選して走ることができました。
当選倍率を考えるともうしばらく走ることはないだろうと半ば諦めていましたので、今回の当選は嬉しかったです。


前回の大会とはコースも変わりましたので、新しいコースを走ることができることも魅力でした。



スタート地点の都庁前はセキュリティ対策のため、入場できるゲートが限られており、チェックを受けたランナーのみ入ることができます。

指定されたゲート2の前で着てきた防寒着を脱いでバッグに入れて応援兼荷物預かり担当の奥さんに預けました。

今回着用したシャツは先週の青梅マラソンの参加賞でした。

走りながら自分と同じように2週連続で走っているランナーを探しましたが、同じシャツを着ている人は一人しか見つけられませんでした。


青梅マラソンの時にペースを6分40秒〜50秒に設定し、前半は意識してペースを抑えて走ったことで最後までペースダウンすることなく、走り切ることができました。

そこで今回も30kmまではペースを6分40秒〜50秒で走ることを意識して、そこから余力が残っていたら少しでもペースを上げていくことにしました。

特に今回のコースは都庁前をスタートしてから5km位の飯田橋の駅前まで下りが続きます。意識してペースを落とさないとすぐにオーバーペースになってしまうので頻繁に時計を確認しながら走る必要がありました。




スタート前にトイレは済ませておいたのでゴールまで大丈夫と思っていましたが、かなり寒かったことと給水ポイントでしっかり2杯ずつスポーツドリンクを飲んだこともあり、尿意で走りに集中できなくなりました。

奇跡的に26〜27km付近でほとんど並んでいる人がいないトイレを見つけて事なきを得ました。
1〜2分のロスタイムで済んだのは本当にラッキーでした。

part2に続く

posted at 21:47 | この記事のURL
コメント(0)
青梅マラソン報告part2 [2018年02月19日(月)]


速報サービスは便利です。
自宅の家族や沿道で応援してくれている仲間も私が無事に走り続けていることや後どの位で応援地点まで来るのかが分かります。

この速報から5kmごとのラップタイムを計算してみました。
 
 5km 33.31
10km 33.01
15km 34.20
20km 33.17
25km 33.37
30km 33.04
 
ほぼイーブンペースでいけたのは最初意識してペースを抑えたことが功を奏したのだと思います。

しかし、フルマラソンはこの30kmからが本当の勝負です。

東京マラソンでも30kmまでは意識してペースを抑えていくつもりです。


青梅マラソンは大規模大会にもかかわらず、ゼッケン等の事前送付はありません。(前日受付はあります。)
近くの小学校が受付場所になります。
ここから更衣室のある総合体育館まで歩いて5分位です。



毎年参加賞でもらえるTシャツが楽しみです。
青梅の「青」や梅花の「ピンク」のロゴなど青梅にちなんだ色が取り入れられることが多いです。
今回の色はやはり「梅干し」の色でしょうか?(笑)

このTシャツで東京マラソンは走ります。
その意味を分かってくれる人は沿道から2週連続はすごいと声援してくれるのが実は嬉しいです。


走っている間は風をほとんど感じることはなく、寒くありませんでしたが、着替えて帰路に着く頃からとても寒い風が吹き始めました。

立川駅に着き、急いで毎年利用している銭湯に向かいました。

毎年、青梅マラソンの日は銭湯は大混雑で入場できるまでしばらく待たされます。

入口の外で待つのはかなり辛かったですが、その分湯舟に浸かると本当に気持ちが良かったです。

ここの銭湯に限らずサウナを併設してる銭湯はだいたい水風呂も設置されています。
熱めの湯と水風呂と交互に浸かることで疲労した脚の筋肉のアイシングと血行促進が図れます。
打ち上げ前にこれをしておくと翌日以降の疲労度が全然違ってきます。



風呂に入るまでは身体が冷え切っていてビールやハイボールなどの冷たい飲み物なんて全然飲みたくありませんでしたが、風呂上がりはやはり美味しかったです。

飲み放題プランでしたので思う存分ハイボールを味わいました。
posted at 22:12 | この記事のURL
コメント(3)
青梅マラソン報告part1 [2018年02月19日(月)]
天気晴れ 風が冷たい。

昨日は今シーズンのメインレース第1弾として、青梅マラソン30kmに参加しました。

青梅マラソンは平成6年の第28回大会に初めて参加しました。
その後、目の病気による手術や入院のため参加できない年や積雪のため中止になった年がありましたが、ほぼ毎年参加してきた一番のお気に入り大会です。

早いもので今回で19回目の参加となりました。

ちなみにこの大会の自己ベストは平成13年の35回大会での2時間51分45秒ですが、最近は平成27年の49回大会でかろうじて3時間を切ったのを最後に3時間を超える記録が続いています。

この大会は、コースの魅力はもちろんですが、開催が50回を超える伝統ある大会のため、大会運営がとてもしっかりしているので毎年安心して参加することができます。

30kmの部は13000人を超える参加者がいる非常に大規模な大会ですが、大規模な大会にありがちなセキュリティーチェックの厳しさや規制が少なく、フレンドリーな雰囲気が魅力です。


昨日は晴れ男パワーのお約束ですっきりとした晴天になり、遠くの山々の稜線がはっきり見えました。心配していた風もほとんどなく、気持ちよく走ることができました。


今回は来週にもう一つのメインレースである東京マラソンが控えていますので、フルマラソンを見据えたペース設定で最後まで走り切ることを目標にしました。

東京マラソンでの目標ペースは6分40秒から50秒とするつもりです。
このペースを最後まで維持できれば5時間を切ることができます。





給水ポイント前後のラップは混雑に巻き込まれて7分を超えてしまいましたが、鬼門の上り坂も6分台のペースを維持でき、最後までほぼイーブンペースでいけたのは自信になりました。

今の自分の走力にはこのペースが相応なんだなと思いました。

part2に続く
posted at 22:10 | この記事のURL
コメント(0)
青梅1週間前の7km坂ラン [2018年02月11日(日)]
天気晴れ時々曇り 久しぶりに暖かい。

昨晩から降り始めた雨も明け方には上がったようで、朝起きたら気持ちの良い青空でした。
久しぶりに暖かい朝で嬉しかったです。

私にとってのメインレースである青梅マラソン30kmと東京フルマラソンにそれぞれ来週と再来週に参加します。

1月が仕事が忙しかったり、雪で走れなかったりという言い訳で、前回に比べると30km以上のロング走練習が不足していることは否めませんが、せめて体調だけは整えて楽しく走ってきたいと思います。

もう長い距離を走る練習はかえって疲労とためる恐れがあるので、今日は久しぶりに自宅近くの坂練習用コースを走りました。

以前はよく走ったコースですが、最近はとんとご無沙汰でした。距離は短いのですが、上り坂の厳しさが嫌で無意識に避けていたのだと思います。

今日の練習
自宅近くのアップダウン走 6.8km




緑ヶ丘霊園を抜けると喜津根坂という急坂を下ります。

ここは右手に多摩川や狛江市、調布市などが一望できるビューポイントです。

せっかく下ったのにそれ以上の距離をまた上ります。

途中にあじさいで有名な妙楽寺があります。

全部で6回坂を上り下りします。



帰宅してからデーターを参照すると、傾斜と心拍数とラップがしっかりリンクしていることが分かり、面白かったです。


今朝は十分睡眠を取ったこともあり、厳しいコースの割にはしっかり走れた感じです。
心拍数もターゲットゾーンにしっかり入っていました。

こんな感じで本番も走れると嬉しいです。


今日は29回目の結婚記念日です。

体育的行事は終えましたので、夕方からは奥さんと文化的行事に参加です。(笑)
posted at 13:50 | この記事のURL
コメント(6)
急坂付き多摩川35km走part2 [2018年02月04日(日)]
今回の練習内容




スタート地点の登戸駅付近からまず川崎側の多摩川河川敷のランニングコースを走ってきました。
いろんな箇所で堤防の改修工事が行われており、仮設のコースを走らなくてはいけない区間もありました。
でも最近の台風被害を考えると大切な工事だと思います。



折り返し場所となる多摩川大橋のたもとにある休憩スペースです。
トイレや自販機、軽食コーナーもあり、室内は暖かいので重宝しています。



上流の多摩川水道橋をヘロヘロになって渡り、無事にスタート地点に戻ってきました。
途中に坂練習を含めた35km走はさすがに疲れました。



登戸駅に戻り、コインロッカーから荷物を出し、南武線一駅乗り、宿河原駅前の宿河原浴場で汗を流しました。

夕食はいつものジョナサンに行きました。
美味しいビールを飲みたいところでしたが、青梅マラソン打ち上げまでアルコールはやめることにしましたので、ドリンクバーを楽しみました。

禁アルコールでしたが、スイーツはいつもどおりでした。疲れた身体に甘味が染み渡りました。



これで大会前の長い距離の練習はおしまいです。

平日の短い距離の練習や筋トレ、エアロビを無理なく入れて疲労を上手く抜いていきたいです。
posted at 11:09 | この記事のURL
コメント(2)
急坂付き多摩川35km走 [2018年02月04日(日)]
天気晴れ 肌寒い。

2月になりました。

1月は多忙な仕事や雪に負けて月間走行距離が3桁に達しませんでした。

メインレースの青梅30kmと自分にとって20回目の記念となるフルマラソンの東京マラソンがもう間近になりました。

そこで昨日の節分の日はランニング仲間と2人で多摩川河川敷のロング練習を行いました。


青梅のコースはアップダウンが厳しいので、今回の練習ではその対策としていつもの多摩川大橋と多摩川水道橋を廻るコースの途中に大田区と世田谷区が誇る急坂のアップダウンをブレンドしてみました。

多摩川が太古の昔より台地を削って作り上げた河岸段丘が多摩川の流れに沿って大田区、世田谷区には形成されています。
もちろんわが故郷の川崎側にも河岸段丘の痕跡は存在しており、アップダウン練習の大切なコースになっています。

河川敷のランニングコースからちょっと寄り道するだけで多くの急坂を味わうことができます。

今回はそれらの坂道を縫うように上り下りをしてみました。
見上げるような斜度の坂、斜度は少し緩くても長い坂もあり、25kmを過ぎてからの坂は脚がガタガタになりました。

今回の練習は自分としてはレースを見据えた持久走のつもりでしたので、ペースは遅くても6分台は維持したかったのですが、結果はLSD練習並みの7分台のペースばかりでした。






同行してくれたラン仲間は私より全然走力があるので、こんなペースで走るのはかえって辛かったことと思います。

自分の慣れたペース以外で走るのは遅くても速くても大変なのです。

鈍亀ペースでも最後まで気持ちが切れずに走り切れたのは仲間のおかげです。
あらためて感謝しています。

part2に続く。
posted at 11:08 | この記事のURL
コメント(0)
代休日だったので。 [2018年01月29日(月)]
天気晴れ 日中は少し寒さがやわらいだ。

先週の土曜日が出勤だったので、今日は代休でした。

奥さんとお気に入りの万葉の湯町田店に行き、日頃の疲れを癒すべく湯治しました。



その後、すぐ近くの田園都市線南町田駅前に最近オープンした奥さんの友人の店を開店祝いを兼ねて訪れました。



彼女は元々ネパールの紅茶の個人輸入販売をしていましたが、紅茶の買い付けなどで何度も現地を訪れるうちに、現地の女性が作る品物を仕入れて日本で販売することで経済的に支援するフェアトレードにも携わるようになりました。


将来的にはネパールに学校を作りたいという素敵な夢を持っています。


店の2階のティールームで本場仕込みのスパイシーなネパールカレーを食べました。
香辛料の効果でしょうか?身体の疲れがとれた気がします。

もちろん食後は手作りのデザートといろんな種類のネパール紅茶をいただきました。
ネパール紅茶は産地や収穫時期によって味や香りがかなり違うことが分かりました。


彼女のお嬢さんが作っているアイピローも購入しました。

紅茶で染めた布製の袋の中に香り高い紅茶の茶葉と玄米が入っていて、実際に試供品を電子レンジで温めてから目の上に載せると香りと温かさで目の疲れが一気にとれる感じでした。

最近は職場でのパソコン作業を少し根を詰めると目や頭が痛くなる位疲れるので、仕事の合間に利用して目を労わってあげようと思います。

楽しい代休を過ごせたので、明日からの仕事をまた頑張れそうです。

posted at 21:34 | この記事のURL
コメント(2)
プロフィール


リンク集

http://www.dhcblog.com/hashirunodaisuki/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る