健康のために走り出してはや33年が過ぎました。年々低下する記録が少しだけ気になりますが、「無事是名馬」を座右の銘にして走り続けます。今年も去年までの自分を最大のライバルとして、決して速くは走れないけれど、細く長く楽しく走り続けていくつもりです。ここには練習記録も兼ねて日々のことを書いてみたいと思います。

2018年01月  >
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント

高滝湖ハーフ報告 (01/22)

高滝湖ハーフ報告 (01/20)
あんな坂こんな坂第一弾Part2 [2018年01月22日(月)]

最初の休憩ポイントは日蓮宗の大本山池上本門寺です。
この本堂にたどり着くまでに最初の急坂「めぐみ坂」を上ってきました。
この後第2の坂「松濤坂」を上りました。


第2京浜を渡ってから洗足池まではほぼ平坦な住宅地沿いの道を走りました。
洗足池ではいろいろな鳥が見られました。


洗足池から田園調布までは途中で呑川を横切るため、いったん下ってまた上る感じでした。
田園調布の旧駅舎が保存されていました。


田園調布から東急多摩川線に沿って走り、中原街道の下をくぐってしばらく行くと有名な桜坂が見えてきました。ここは福山雅治の歌のモデルになった坂です。両脇に大きな桜の木が植えられているので、開花の時期は大勢の見物客でにぎわう所です。

桜坂を上り、東急池上線の雪谷大塚駅の近くを通ってまた呑川を渡ると雪見坂が見えてきます。坂を上りきると雪をかぶった富士山がよく見えるというのが名前の由来のようですが、今その方角を見ると武蔵小杉の高層マンション群しか見えません。


また池上本門寺まで戻ってきました。本門寺は高台にあるので、最後の坂「車坂」を頑張って上りました。この坂が一番長い上り坂でした。
Posted at 22:08 | ランニング | この記事のURL | コメント(0)
あんな坂こんな坂第一弾 [2018年01月22日(月)]
天気曇りのち大雪 寒い。

予報より早く、午前中から雪が降り出しました。

帰宅時はもう道路は真っ白になっていました。
電車もかなり遅れていましたが、京王線も南武線も駅に着いた時にちょうどタイミングよくかなり遅れていた電車が到着したので、思ったよりスムースに帰宅ができました。

それでもコートもズボンも雪まみれになりました。
昨日がこんな天気でなくて本当に良かったです。


今年のラン仲間とのイベントランのテーマは「あんな坂こんな坂」です。

その第一弾は私の生まれ故郷の東京都大田区の坂を廻りました。

JR蒲田駅に集合し、大田区の真ん中を流れる呑川に沿って走り、池上本門寺、洗足池、田園調布を廻ってまた蒲田駅まで戻る19km位のコースでした。






のんびりゆっくり散歩気分のランでした。

Part2に続く
Posted at 21:35 | ランニング | この記事のURL | コメント(0)
2018年走り初め [2018年01月02日(火)]
天気晴れ 日差しは暖かいが、風が冷たい。

昨日は午後になってようやく宿直明けの息子が帰ってきました。
久しぶりに家族4人が揃いました。


日本酒とビールは息子が選んで買ってきてくれました。

私が買っておいた2本と合わせて3本の酒があっという間に空になりました。




今朝はさすがに少し酒が残っている感じでしたが、天気が良かったので走り初めをしました。

コースは昨年の走り納めと同じホームコースです。

走り出すとさすがに身体が重く、苦しかったです。

無理ないペースに落として走り切ろうと思いました。

今日の練習内容
自宅から聖マリアンナ医科大学までの往復走 10.2km






箱根駅伝往路を各校のランナーが駆け抜けています。

昨年のイベントランや湘南マラソンで走った懐かしい景色が画面に映っています。
Posted at 11:18 | ランニング | この記事のURL | コメント(3)
イブで飲む前に砧公園20kmラン [2017年12月24日(日)]
天気曇り 寒い

今年のクリスマスはイブが日曜日で嬉しいです。

思う存分、肉とワインを味わうためにまずは運動です。

二子玉川走友会が主催するロングラン練習会に参加してきました。


場所は世田谷区の砧公園です。

公園内の周回コースを走りました。

この周回路は3周でほぼ5kmとなりますので今日は12周20kmが目標でした。

スタート前に担当者から説明があり、周回数は各自の判断で加減して構わないが2時間を制限時間とするということでした。

20km2時間ということはキロ6分で最後までいかなくてはなりません。

速い人たちには余裕の制限時間ですが、私にとっては全力走となります。

かなり緊張感を持って走り出しました。


公園内の周回路は適度な起伏があり、木立の中を抜ける区間が多いので気持ちよく走れました。

何とかぎりぎり12周走り切ることができました。

他の速い人たちには2周ラップされました。




設定ペースをほぼ最後まで守って走れたのは嬉しかったです。

今日の練習内容
二子玉川走友会の砧公園ロングラン練習会 20km




さあ、これから肉とワインを買いに行ってきます。
Posted at 14:13 | ランニング | この記事のURL | コメント(2)
箱根駅伝往路全区制覇達成!その2 [2017年12月17日(日)]
東京駅丸の内北口赤レンガ駅舎前でストレッチ



箱根駅伝往路1区スタート地点の表示板



日比谷公園ではクリスマスバザールが行われていました。



芝公園でのタワー3本揃い踏み



増上寺と東京タワーのツーショット。まるで計算して建てたような見事な位置関係でした。

Posted at 13:54 | ランニング | この記事のURL | コメント(2)
箱根駅伝往路全区制覇達成! [2017年12月17日(日)]
天気晴れ 風が冷たい。

箱根駅伝の往路はご存じのように、東京の大手町から箱根芦ノ湖畔まで5区間を襷をつないでいきます。

5区の山上り区間はほぼ全区間がきつい上りということもあり、トレーニングコースとして数年前から年1回走ってきました。

ただ、残りの区間は普段は車が頻繁に行きかう主要道路のため、信号待ちが多く、ずっと狭い歩道を走らなければいけないので、あえて走る必要を感じませんでした。

それでも年始の駅伝中継をみるたびに、彼らが疾走するコースを一度は自分の足で走りたいという思いが強くなってきました。

ラン仲間にその話をすると一緒に走りたいという人が結構いたので、今年のイベントランのテーマとして箱根往路全区制覇を掲げました。

4月29日の2区を皮切りに、7月8日の3区、9月16日の4区、10月7日の5区と参加メンバーに多少の変更はありましたが、無事に心の襷をつないでくることができました。

1区を最後にしたのは、ヒートアイランド現象の強い都心を走るのをはできるだけ寒くなってからのが良いのと、逆に箱根山上り5区は本格的に寒くなる前に終えていないと厳しいと思ったからです。



最後の区間となる今回は仲間2人と走りました。

箱根1区のスタート地点は東京駅からすぐの読売新聞社屋の横からスタートします。

前半は丸の内のオフィスビル群、皇居の堀、日比谷公園、芝公園、増上寺、高輪などの東京の名所を次々に眺めながら走ることができます。

ほぼ平坦で楽に走れますが、難点は交差する大きな道路が多いので信号で止められて割と長く待たされることです。

品川駅近くの八ツ山橋を過ぎると周りの景色は下町色が強くなってきました。

私の生まれ故郷の大田区にさしかかるとさらに中小の工場が目立つようになります。

多摩川にかかる六郷橋を渡り終えると現在の私の故郷の川崎です。


本来の1区はそのまま国道1号を南下し、鶴見の中継点まで行くのですが、川崎駅前から鶴見中継点までは最初の2区ランの時に走りましたので、今回は川崎の銭湯をゴールにしました。

実際に走ってみて、日本を代表するオフィス街とその日本経済の繁栄を支えてきた京浜工業地帯を連続して眺めることができるコースだと思いました。

今回のコース
箱根駅伝往路1区をたどるイベントラン 20km 2時間24分4秒






途中で撮影した画像はその2の記事に載せます。
Posted at 13:43 | ランニング | この記事のURL | コメント(0)
湘南マラソン1週間前の31km走 [2017年11月26日(日)]
天気晴れ 風が強かった。

今年最後のメインレース湘南マラソンまであと1週間となりました。

暑さや悪天候で出遅れた今年のロングラン練習ですが、何とか10月の終わりの週から毎週末走り込んでくることができました。

マラソンに向けての練習のセオリーでは30kmを超えるロング走は遅くても3週間前に終え、その後は疲労抜きの調整をすることになっているようです。

ただ私の場合は練習も本番のレースもジョギングに毛が生えたような鈍亀ペースですし、前記事にも書きましたが、来年2月には青梅マラソン30kmと東京マラソンを2週連続で走るつもりです。

そこであえて1週間前の今日も30kmを走っておこうと思いました。

当初は一人練習のつもりでしたが、一緒に湘南を走るラン仲間が同行してくれることになりました。
非常に心強かったです。

今日の練習内容
多摩川水道橋と多摩川大橋を廻る多摩川河川敷31km走




折り返しの多摩川大橋までは強い向かい風でした。
苦しかったですが、折り返してからは追い風になることだけを信じて頑張りました。
ところがなぜか折り返したら強い横風になり、余計に走りにくかったです。
風を味方につけるのはなかなか難しいですね。



一人で走ると後半はどうしてもラップがまとまらなくなります。
今日は同行した仲間の背中を追い続けることで最後まで目標の6分台を維持できました。
仲間は私よりも全然走力があるので途中で何回か待ってもらいました。
ありがたかったです。





さすがに明日からは疲労抜きを第一に考えます。
ストレッチとマッサージをメインとしますが、筋肉の状態を見ながら平日に筋トレとエアロビを入れるかどうかもう少し考えます。
Posted at 21:55 | ランニング | この記事のURL | コメント(2)
フル3週間前の41km走 [2017年11月12日(日)]
天気晴れ 風が冷たかった。

先週に続いて晴天の日曜日になりました。

各地で多くのランニングの大会が開催されました。

ラン仲間の一人は久しぶりのフルマラソンに参加し、無事完走したとご本人のブログで報告がありました。おめでとうございます。

多摩川でも対岸の世田谷側ではハーフマラソン大会が開催されました。
そこで今日の練習は、大会に参加しているランナーの邪魔にならないように、いつもの上流と下流の橋を廻るコースではなく、川崎側と大田区側を走る往復コースにしました。

自宅から多摩川の一番下流の大師橋との往復で41kmとなります。

2週続けて30km走はしましたが、マラソンの勝負はそこからです。

来月3日の湘南マラソンの前に一度は35km以上のランをしておこうと思いました。

幸い、天気は快晴で、朝のうち比較的強く吹いていた風も昼過ぎには弱まりました。

ロングランには絶好のコンディションになりました。

今日の練習
自宅から多摩川の大師橋までの往復走 41km








最後まで6分台のラップを刻めたことは嬉しかったです。

先週のラン仲間との31km走のおかげだと思います。

また、週に1回の筋トレの効果が少しずつ出てきていることを感じました。

今後は、来週の銚子ハーフマラソン参加、その次の週のロング走でフルマラソン本番に備えたいと思います。
Posted at 19:10 | ランニング | この記事のURL | コメント(2)
フル1か月前の31km走 [2017年11月07日(火)]
天気晴れ 立冬というのに暖かい。

先週まで2週連続の台風の日曜日となりましたが、ようやく今週は気持ち良い青空となりました。

今シーズンのメインレースの1つである湘南マラソンまで残り1ヶ月となりました。

9月以降、箱根駅伝各区イベントランやハーフマラソン大会の参加により20km位までの距離は走ってきましたが、フルマラソンを完走するために必要不可欠な30km以上の練習が圧倒的に不足していました。

先月末の土曜日にようやく付け刃的な31km走ができましたが、ラストの5kmは大幅にペースダウンしてしまい、持久力不足を痛感しました。

そこで今週も多摩川の河川敷を走ることにしました。

最初はまた一人練習のつもりでしたが、一緒に湘南フルマラソンを走るラン仲間から誘われたこともあり、結局いつものラン仲間6人でイベントランとして走ることになりました。

イベントランとなれば、ランの後はお風呂と打ち上げがお約束です。
駅からできるだけ近くて午後の早い時間から営業している市内の銭湯を検索してみると、南武線宿河原駅前にあることが分かりました。

そこで今回は一つ隣の登戸駅に集合し、荷物をコインロッカーに預けてから、近くの多摩川水道橋付近の川崎市サイクリングロードをスタートしました。


コースはまず川崎側をサイクリングロード終点の多摩川大橋まで走ります。

多摩川大橋を渡り、対岸の大田区サイクリングロードを丸子橋まで戻ります。

そこからは未舗装の河川敷を避けて丸子川という小川に沿って二子玉川駅付近まで走ります。

二子橋からはまた河川敷のサイクリングロードに戻り、世田谷側を多摩川水道橋まで走ります。

コースはほぼ平坦で、心配していた強い風もなく、絶好のコンディションでした。

今回の練習内容
多摩川水道橋と多摩川大橋を廻る31km走






今回はラン仲間が最後まで一緒に走ってくれたので、前回の鬼門だったラスト5kmも6分台後半の良いペースで走り切ることができました。
仲間にあらためて感謝です。
Posted at 22:42 | ランニング | この記事のURL | コメント(2)
大雨の前に多摩川31km走 [2017年10月29日(日)]
天気 大雨 気温も低い。

2週連続の台風接近です。

仲間が走る予定だった横浜マラソンも中止になりました。

先週、私が参加した鳴沢ハーフ位の規模の大会であれば、何とか開催もできるのでしょうが、2万人以上の参加者を集める大規模大会であればまずは安全優先になるのはやむを得ません。

ただそうはいっても、3倍近い抽選を無事に通過し、戻ってこない参加費15000円を支払った仲間の落胆ぶりが目に浮かびます。

さらに35000円のチャリティ代を支払ったチャリティ枠の参加者やわざわざこの大会を目指して海外から来た外国人枠の参加者は泣きたいくらいでしょう。

例年10月後半になれば、雨天はあっても台風接近による大雨はまずないというのがこれまでの常識でした。
最近の異常気象はその常識も覆すようになってきたのだなとあらためて思いました。


ということで、昨日の午前中がこの週末で何とか走ることができるワンチャンスだと思いましたので、エアロビをお休みして多摩川にロングラン練習に出ました。

本当ならば、12月の湘南マラソンに向けてもう少し早い時期から30km以上のランを踏んでおかなければいけなかったのですが、何しろ今年は天気に恵まれず、箱根ランや大会参加で20kmそこそこを走ることが精一杯でした。

今回は何としても30km以上は走りたいと思いました。

多摩川の河川敷のランニングコースは先週の台風による大雨で増水した痕跡が至る所に残っていました。
土のランニングコースは濁流によって削られた箇所があちこちにあり、応急処置で入れられた砂が深くてまるで砂浜を走るように走りにくい所もありました。

川のすぐ側を走る区間では頭上の柵の所まで流されてきた草や枝が大量に引っかかっていて、こんな高さまで水面が上昇したのかと思うと怖くなりました。

本来、多摩川の練習で30km以上の距離を稼ぐためには、ガス橋かもう一つ下流の多摩川大橋と上流の多摩川水道橋を廻ってくる必要があります。

今回はいつ雨が降り出してもおかしくない空模様だったので、ガス橋の上流の丸子橋と水道橋を廻ってまず自宅前まで戻ってきました。

その時点で走行距離は26km前後になりましたので、後は自宅近くの平瀬川沿いを廻る3kmの周回コースを2周して帳尻を合わせました。

すでにかなり走ってきているので、早くシャワーを浴びてのんびりしたい気持ちを抑えて自宅の前を2度通り過ぎるのは辛かったですが、良いメンタルトレーニングになりました。

今回の練習内容
多摩川の丸子橋と水道橋を廻る31km走








やはりラストの5kmはラップが7分台になってしまいました。

ただ、これまで30km以上の練習をした時は自宅に着くと脚の疲労感が半端ではなかったのですが、今回はあまり感じませんでした。

翌日になっても筋肉痛や関節の痛みもほとんどありません。

毎週木曜日に取り組むことにした筋トレの効果が少しずつ現れてきているようです。

タイムアップにはすぐにつながらなくてもフルマラソンを確実に走り切るためには筋トレは有効なようなので、これからも続けていきます。
Posted at 16:18 | ランニング | この記事のURL | コメント(2)
| 次へ
プロフィール


リンク集

http://www.dhcblog.com/hashirunodaisuki/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る