DHC健康食品相談室の担当医が、健康についてご紹介します。
みなさまからのご質問も受付中。テーマ募集より投稿してください。

暖冬ですが [2020年01月31日(金)]
こんにちは。内科医のA.I.です。

今年の冬は例年より暖かく感じます。

県内や近隣では、スキー場の半分以上がオープンできていない、もしくは十分な雪がないと聞いています。
先日、我が家も家族でスキーに行ったのですが、スキー場に着くまで、道路には一切積雪がありませんでした。スキー場はさすがに降雪機を夜通し使っていたのか、滑走は全コース可能でした。それでも昼過ぎになると気温が上がり、あちこちで地肌が見えていました。

我が家の蜂さんたちも、なんと正月から元気に飛び回っており、盛んに蜜集めをしていました。

庭の菜園でもマリーゴールドや枇杷の花が咲いているのですが、もっと遠くから集めてくるようです。さすがに寒すぎて途中で凍えてしまい帰ってこられなくなる蜂もいると聞いていましたが、そんなことは全く感じさせないくらい、元気です。



冬でも世話が必要で、時々巣箱の床の板を外して、たまったごみを捨てます。

いつも黄色い粉がわずかに積もっており、ずっと巣から落ちた花粉だと思っていたのですが・・・



最近それが増えてきて・・・よく見たら、どうも花粉ではなく、巣の細かいカケラのようです。

これは!あの恐れていたスムシ

ハチノスツヅリガという蛾の幼虫で、いつの間にか住み着いて、巣をかじって食べてしまうのです。幼虫が増えたり大きく成長して被害がひどくなると、ついには蜂たちも耐えかねて一家で夜逃げしてしまうのです・・・

せっかくここまで無事にきたのに、ダメになってしまうのか・・・

養蜂の先輩に相談したところ、それは蜂たち自身がかじった巣や巣箱のカケラなんだと・・・!
スムシだったら小さい黒いフンが混ざっているよ、と。

よかった!大丈夫そうです。

持つべきものは頼りになる先輩

順調にいけば、あと数ヶ月でいよいよハチミツが収穫できそうです。


本格的な春にはまだ時間があるようで、私たちも健康管理に気が抜けません。
外来にも、風邪を引いた患者さんがたくさんいらっしゃいます。
インフルエンザもまだ猛威を振るっています。

そういった方たちからの感染防止も、医療のプロとしての責務。

手洗い、うがいは基本ですが、それ以外にも私は、ビタミンCビタミンD亜鉛をしっかりとって無事に乗り切っています。

プロポリスエキナセアも人気です。

皆様も定番の健康法があると思いますが、是非お試しください。



posted at 10:22 | 健康 | この記事のURL |
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/iyaku/archive/924
2020年01月  >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール


健康食品相談室 担当医
自己紹介
私の履歴
ブログ
リンク集
DHCオンラインショップ

http://www.dhcblog.com/iyaku/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る