グラフ
ブログパーツ
ログイン
Mypagetopに戻る
告白 [2010年08月03日(火)]
いつぞやの本屋さんが薦める
本屋大賞(だっけ?)に輝いた作品で
そのショッキングな内容から
ずっと気になっていたのですが、
なかなか読む機会がなかったので
今回映画化されたので
観ることにしました。

ふだん、邦画は観ないのですが
今いろいろあって本を読む気力が
沸いてこないので手っ取り早く
観ることにしたのであります。
松さんの演技がすごかったですね。

もう涙が出ないほど泣いて泣いて
その先に出来上がった一人の女性を
完璧に演じていました。

泣いているシーンも何種類かあって
悲しくて泣いているのかそうでないのかが
ちゃんと分かるように演じ分けていたのが
さすが!!と思いました。

複雑な人間模様。
それぞれの大切なもの。
それをいかに壊すか。

ひみつをちょっとずつ見せられるような
ストーリー展開にどきどきしました。

最近の映画に多い
ラストで一気にいろいろ出てくるみたいな
そんなところはありません。

最後までいろんなことが
少しずつ少しずつ出てくるんです。

さすが、本屋大賞と思わせるお話でした。

本を読んだ人でも映画をみても
楽しめるお話ではないでしょうか?

で再放送していたら
絶対観ると思います。
記事の感想をクリック タメになる
おもしろい
ほしい!
おうえん!
最近の評価状況

この記事のURL
http://www.dhcblog.com/juscocco/archive/805
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
※画像に表示されている文字を入力してください(半角・大文字/小文字の区別なし)。
文字が読みづらい場合はこちらをクリックしてください。
captcha
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク
コメント