グラフ
ブログパーツ
ログイン
Mypagetopに戻る
じゃすこっこの鈴鹿。帰り道。 [2006年10月14日(土)]
レース終了をトイレの中で迎えた
なんとも間抜けなじゃすこっこ。

じゃすこっこがトイレから出てくると
K嬢が

終わったよ〜。
アロンソが優勝。
帰ろ〜。


と淡々と結果を教えてくれた。
大好きなシューさんのリタイアで
かなりショックかと思いきや
割と普通のK嬢。

私だったら、

アロンソはなんで
止まらへんの


ぐらいは言っていたと思う。

K嬢は人間ができてるなぁ。
じゃすこっこは特にお目当てが
いないけど、なんとなく
昨年のアロンソの発言が
許せなくてちょっと嫌いであった。

何て言ったかはっきりとは
覚えていないのだが、

シューマッハーの時代は終わった

みたいなことを言っていた。
なんかそれが、昔セナ様
なんだかんだとかみついた
シューマッハーに似ていて
無性に腹がたった。

しかし、じゃすこっことそう変わらない
脳の持ち主はちゃんといて
帰り道の後ろを歩く女性が
じゃすこっこと同じことを
言っていた。彼女はさらに

次のレースで
アロンソが止りますように。


などと軽く呪いをかけていた
まぁ、ファンはそんなものだろう。


そんなこんなで、ゲートを出て
岐路についた。
そして駅まで来てふと
今朝のことを思い出す。

あの男の子レース見られたかな?
よけいなお世話なのは
わかっているのだが、
なんとなく気になった。
レースまでにはおなかが
よくなっていたことを
願ってやまない…。

電車に揺られ、駅に着き
ホームを抜け改札を過ぎた
ところで、三日間よく頑張ったね。
などとK嬢と話していた。

二人とも改札を抜けるまで
本当に普通に歩いていたのに
改札を過ぎて、はじめの
5段ぐらいの階段で急に
筋肉痛を感じて苦労して
階段を下りた。その姿はまるで

ホンダの作った二足歩行ロボットの
アシモくんみたい!!

腰から上は伸びているのに
足だけついてこないへんなかんじ。

驚いたことに、症状こそ
多少違えど、改札を過ぎたら
ふたりとも急に疲れたのである。

きっと改札を抜けて
急に気が緩んだのであろう。

体力的に限界が来たところで
気になったのは万歩計の歩数。

初日は約23000歩。
二日目は約17000歩。
三日目も約17000歩。

合計なんと57173歩

自分で自分を褒めてあげたい
(どこかで聞いたせりふだなぁ)

お疲れ、自分。
そして、
ありがとう、鈴鹿。
記事の感想をクリック タメになる
おもしろい
ほしい!
おうえん!
最近の評価状況

この記事のURL
http://www.dhcblog.com/juscocco/archive/90
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
※画像に表示されている文字を入力してください(半角・大文字/小文字の区別なし)。
文字が読みづらい場合はこちらをクリックしてください。
captcha
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク
コメント