サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年10月  >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
ビタミンB12欠乏と心血管疾患 [2009年08月15日(土)]
ビタミンB12欠乏と心血管疾患リスクとが相関するという観察研究が,インドのグループから報告されていました。
(Clin Chem Lab Med. 2009;47(3):334-8.)



動脈硬化を原因とする心血管疾患(心筋梗塞などの冠状動脈疾患)は,米国では死因の1位,日本では死因の2位をしめています。


虚血性心疾患に対しては,植物性食品を中心としたベジタリアン食の有用性が示されており,米国心臓病協会AHAのクッキングブックにもベジタリアンミールが紹介されています。


さて,今回の研究では,インドではベジタリアンが多いにもかかわらず,人口あたりの心血管疾患の割合が多いというパラドックスに注目した調査が行われています。



具体的には,心血管疾患患者368名,対照者448名の合計816名を調べた結果,心血管疾患患者では,血中ビタミンB12が対照群に比べて有意に低い(p<0.0001)というデータが得られています。


さらに,ベジタリアンの間でも,血中ビタミンB12値の低値と心血管疾患リスクとの間に相関が認められたということです。


このとき,ホモシステイン値の上昇と心血管疾患リスクとの間に相関は示されていません。

(一般には,両者の間には相関が認められます。)



以上のデータから,栄養学的に適切ではないベジタリアン食では,ビタミンB12不足による疾患リスクの上昇が示唆されます。




なお,ビタミンB12は,動物性食品に含まれるビタミンであり,欠乏が問題になるのはヴィーガンです。


牛乳・乳製品,卵などを摂取するラクトオボヴェジタリアンではビタミンB12が不足することはありません。

(魚を摂るペスコベジタリアンも問題ありません。)




------------------------------------------------------------------
医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】
------------------------------------------------------------------
posted at 23:51 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/1177
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る