サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2017年12月  >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリアーカイブ
最新記事
前立腺切除術前のノコギリヤシ投与の効果 [2010年07月25日(日)]
今月の泌尿器科学の専門ジャーナル(電子版)に,前立腺切除術時におけるノコギリヤシの効果を調べた臨床研究が,イタリアのグループから報告されていました。
(Minerva Urol Nefrol. 2010 Jul 16.)



前立腺肥大症(BPH)は,加齢とともに生じる疾患です。


前立腺がんとは異なり,良性ですが,排尿障害などQOLに影響します。


前立腺肥大症(BPH)に対しては,医薬品の他,ハーブサプリメントではノコギリヤシSerenoa repens)が利用されます。



今回の研究では,前立腺肥大症(BPH)に対する外科的処置の前に,ノコギリヤシを投与することで,手術に伴う出血などの副作用に影響があるかどうか,検討されています。


具体的には,経尿道的前立腺切除術(TURP)あるいは開腹前立腺切除術(OP)を前提にしたBPHの患者144名を対象に,

(1)手術の前2ヶ月間にわたり,320mg/日の用量でノコギリヤシを投与した群

(2)ノコギリヤシ非投与群

の2群に無作為に分けて比較されました。


144名中24名(ノコギリヤシ投与群10名,非投与群14名)が試験を脱落しています。


解析の結果,

まず,非投与群に比べて,ノコギリヤシ投与群では,
手術時間が有意に短くなっていました(投与群59.8分 vs. 非投与群77.6 分, P<0.001)。



また,ノコギリヤシ投与群では,手術中の合併症は見出されていません(投与群0% vs. 非投与群15%; P=0.001)。


さらに,輸血の必要性も顕著に少なくなっています。(投与群0% vs. 非投与群38.33%; P<0.001)


その他,術後経過も,非投与群に比べて,ノコギリヤシ投与群のほうが好ましい結果でした。


入院日数も,有意に短くなっています。(投与群5.92 日 vs. 非投与群7.92日; P<0.001)




以上のデータから,前立腺切除術施行前のノコギリヤシ投与は,術中術後の経過を良好にする働きがあることが示唆されます。



------------------------------------------------------------------
医療機関専用サプリメント【DHC FOR MEDIC】(DHCフォーメディック)

医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】
------------------------------------------------------------------

posted at 23:54 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/1524
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る