サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年12月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
マルチビタミンの摂取推奨 [2011年11月15日(火)]
週末の学会の際にお会いした先生から、一般誌(週刊誌)に、マルチビタミン摂取に関するネガティブデータが記事として掲載されており、誤解を生じているのでは、という話がありました。


その論文データは知っていましたが、一般誌がネガティブキャンペーンの記事を出していることは把握していませんでした。


元の論文は、マルチビタミンを摂った群で死亡率が高くなった、という解析データです。


ただし、これは統計上のトリックで、「因果の逆転」があります。


つまり、マルチビタミンを摂ったから死亡率が高くなったのではなく、すでに病気を持っている群が(病気の緩和目的などで)マルチビタミンを摂取したというバイアスがあります。


見出しだけでは誤解する記事であり論文ですが、これまでのデータを俯瞰的にみるとき、病気の一次予防や二次予防において、マルチビタミンやマルチミネラルは、基本のサプリメントとして推奨できます。




医療専門誌によるマルチビタミン摂取の推奨論文としては、次の2つがよく知られています。

(1)NEJM誌(1998)の論説

「Eat Right and Take a Multivitamin」

『適切な食事を摂り、マルチビタミンも利用しましょう』

(神経管欠損症予防、動脈硬化性疾患予防の意義)

(Oakely GP. NEJM. 1998 Editorial )



(2)JAMA誌(2002)の総説

「Vitamins for chronic disease prevention in adults」

『成人は、毎日、マルチビタミンサプリメントを摂取するべき』

(先進国では欠乏症は稀であるが、至適濃度を下回ることのリスクがある。)

(Fletcher.et al. JAMA. 2002 )





DHCでは、適正な価格・適正な品質のマルチビタミンマルチミネラルを提供しています。




------------------------------------------------------------------
医療機関専用サプリメント【DHC FOR MEDIC】(DHCフォーメディック)

医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】

【健康食品FAQ】

【DHCの研究開発】
------------------------------------------------------------------
posted at 23:54 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/2004
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る