サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2017年04月  >
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリアーカイブ
最新記事
スイカ抽出物による高血圧改善効果 [2012年03月12日(月)]
今月の高血圧研究の専門ジャーナル(電子版)に、スイカ抽出物投与による高血圧の改善効果を示した臨床研究が、米国のグループ(Florida State University)から報告されていました。
(Am J Hypertens. 2012 Mar 8)



高血圧症や動脈狭窄の指標であるABI(足関節・上腕血圧指数)や足関節血圧は、頸動脈反射波の増加と関連しており、動脈硬化合併症のリスクを示唆します。



(ABI検査とは. 足首と上腕の血圧比を測定し、血管の狭窄を示します。)




アミノ酸の1種であるL-シトルリンは、循環改善作用が示唆されており、血管機能の改善、高血圧予防を目的としたサプリメント成分として利用されています。



シトルリンは、スイカ抽出物に豊富に含まれます。)




経口摂取されたL-シトルリンは、L-アルギニンに変換され、血管内皮型NO合成に関与することが知られています。

また、これまでの研究では、L-アルギニンサプリメント投与によって、上腕動脈の血圧を低下させるという報告があります。


さらに、生合成あるいはスイカ由来のL-シトルリンやL-アルギニンの経口投与によって、上腕動脈の血圧、大動脈圧、大動脈AIxの低下(改善)作用も知られています。





さて、今回の研究では、スイカ抽出物によるankle BPおよびcAIx(carotid AIx)への作用が調べられました。


具体的には、

高血圧前症あるいはステージ1高血圧症患者(153 ± 4 mm Hg)の14名(男性3名、女性11名、平均年齢58歳)を対象に、

・スイカ抽出物サプリメント投与群(L-citrulline/L-arginine, 6 g/日)、

あるいは

・偽薬投与群の

いずれかに分けて、

6週間の介入試験がクロスオーバー法(2週間のwash-out)にて行われ、

足関節と上腕動脈における収縮期、拡張期、平均血圧、cAIx、ABI、心拍数が、仰臥位にて測定されています。




解析の結果、

スイカ抽出物サプリメント投与群では、偽薬群に比べて、介入後に、

足関節と上腕動脈の

収縮期血圧:-11.5 ± 3.8 and -15.1 ± 2.8 mm Hg

拡張期血圧:-7.8 ± 2.3 and -7.6 ± 1.8 mm Hg

平均血圧:-9.8 ± 2.6 and -7.3 ± 1.8 mm Hg

はそれぞれ有意に低下し(P < 0.05)、

cAIx (-8.8 ± 2.6 %)も有意な低下(P < 0.05)を認めました。



なお、ABIや心拍数には有意な変化は示されませんでした(P > 0.05)。





以上のデータから、L-シトルリン含有スイカ抽出部投与による高血圧前症や軽症高血圧症の改善作用が示唆されます。





L-シトルリンは、循環改善を目的としたサプリメントとして製品化されている他、血行改善という視点から強壮系の機能性食品にも含まれています。


(数年前に、L-シトルリンがサプリメントの成分として認められたとき、「スイカ抽出物がEDに効果的」などといった見出しがありました。)








------------------------------------------------------------------
医療機関専用サプリメント【DHC FOR MEDIC】(DHCフォーメディック)

医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】

【健康食品FAQ】

【DHCの研究開発】
------------------------------------------------------------------

posted at 23:58 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/2122
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る