サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年12月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
エクストラバージンオリーブオイルによるアロマターゼ阻害活性・乳がん抑制作用 [2013年10月31日(木)]
今月の食物化学の専門ジャーナル(電子版)に、エクストラバージンオリーブオイルによるアロマターゼ阻害作用を介した乳がん細胞増殖抑制効果を示した基礎研究が報告されていました。
(Food Chem Toxicol. 2013 Oct 23.)




乳がんは、女性ホルモンのエストロゲンに依存して増殖するホルモン依存性の悪性腫瘍です。


閉経前は、卵巣からのエストロゲン分泌が影響します。


閉経後は、卵巣由来のエストロゲンがなくなる代わりに、副腎由来のアンドロゲンがアロマターゼという酵素によってエストロゲンに転換されます。


そこで、閉経後の乳がん治療では、アロマターゼ阻害剤が用いられています。




さて、今回の研究では、

オリーブオイルによる乳がん細胞への作用が検証されました。




具体的には、

乳がん細胞系(エストロエゲン陽性MCF-7細胞)を用いて、

エクストラバージンオリーブオイルによるアロマターゼ阻害剤(医薬品のレトロゾールとアナストロゾール)への働きが調べられています。




解析の結果、

エクストラバージンオリーブオイルとアロマターゼ阻害剤との併用によって、

細胞増殖の抑制とアポトーシスの誘導が認められました。


また、細胞内GSH値の減少、細胞質シトクロムc値の増加も見出されています。




さらに、

レトロゾールとアナストロゾールによるエストロゲン抑制効果/アロマターゼ阻害効果は、

エクストラバージンオリーブオイルの併用によって亢進しています。





以上のデータから、

エストロゲン受容体陽性乳がん細胞に対して、

エクストラバージンオリーブは、アロマターゼ阻害剤との併用時に、

シトクロムcの動員によるアポトーシスの誘導などによって乳がん細胞増殖抑制作用を亢進すると考えられます。




今後、臨床的意義の検証が期待される分野です。





オリーブオイルは、単価不飽和脂肪酸というだけではなく、最近の研究では、エクストラヴァージン(バージン)オリーブオイルに含まれるファイトケミカル・ポリフェノールによる抗酸化作用の有効性も示されています。


オリーブオイルの摂取10gで全死亡率が7%低下







乳がんに対する機能性食品素材の効果について、次のような研究が報告されています。


大豆イソフラボンによる乳がんリスク低減作用@日本人



マルチビタミンミネラル利用者では浸潤性乳がんの死亡率が低い



乳がんサバイバーと大豆食品の摂取



オメガ3系必須脂肪酸(EPA/DHA)による乳がん予防効果



緑茶カテキンの乳がんに対する抗がん作用・抗炎症作用



大豆食品による乳がんサバイバーの予後改善






------------------------------------------------------------------
医療機関専用サプリメント【DHC FOR MEDIC】(DHCフォーメディック)

医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】

【健康食品FAQ】

【DHCの研究開発】
------------------------------------------------------------------

posted at 23:53 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/2721
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る