サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2020年03月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
血中ルテイン・ビタミンC値と長寿の関係 [2014年01月22日(水)]
今月の老年医学の専門ジャーナル(電子版)に、血中ルテイン値やビタミンC値が高いと、テロメア長が長い、という相関を示した臨床研究が、オーストリアのグループ(Medical University of Graz)から報告されていました。
(J Am Geriatr Soc. 2014 Jan 15)



テロメア長の短縮は、加齢に伴う疾患や生活習慣病、生存期間の短縮などとの相関が考えられています。



テロメア長は、テロメラーゼ(telomerase)という酵素によって延長することが知られています。


また、炎症惹起サイトカイン類や酸化ストレスとも関連します。






さて、今回の研究では、

高齢者における抗酸化成分の血中濃度と、白血球中のテロメア長との関連が調べられました。




具体的には、

高齢者786名(平均年齢66 ± 7歳、58%が女性)を対象に、

血中ビタミンC、ルテイン、ゼアキサンチン、ベータクリプトキサンチン、カンタキサンチン、リコピン、αトコフェロール、γトコフェロール、αカロテン、βカロテン、レチノールの値、

および白血球中のテロメア長が測定されています。


(オーストリア脳卒中予防研究Austrian Stroke Prevention Studyの被験者です。)




多変量解析の結果、

ルテイン、ゼアキサンチン、ビタミンCの血中濃度が高いと、

テロメア長が長い、という相関が認められました。




この相関は、

BMIや最大酸素摂取量、心血管疾患リスクとは独立していました。




今回のデータは、

高齢者において、

血中ルテイン、ゼアキサンチン、ビタミンCの高値と、

テロメア長との正相関を示した最初の研究です。




テロメア短縮には酸化ストレスが関与しますので、

抗酸化作用を有する機能性食品成分による健康長寿効果の検証が期待される分野です。




テロメアに対する延長効果は、魚油でも報告されています。


魚油によるアンチエイジング効果


オメガ3系脂肪酸(EPA/DHA)の長寿効果




------------------------------------------------------------------
医療機関専用サプリメント【DHC FOR MEDIC】(DHCフォーメディック)

医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】

【健康食品FAQ】

【DHCの研究開発】
------------------------------------------------------------------

posted at 23:54 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/2804
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る