サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年10月  >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
緑内障に対するコエンザイムQ10の働き [2014年08月04日(月)]
今月の緑内障研究の専門ジャーナルに、開放隅角緑内障に対するコエンザイムQ10とビタミンEの作用を示した臨床研究が、イタリアのグループから報告されていました。
(J Glaucoma. 2014 Aug;23(6):391-404)




今回の研究では、コエンザイムQ10とビタミンE含有点眼液投与による
開放隅角緑内障患者(OAG)への働きが検証されました。




具体的には、

OAG患者43名(平均年齢52.5歳、眼圧18mmHg未満で、βブロッカー単独投与)を対象に、

2群に分けて、

コエンザイムQ10とビタミンD含有点眼液(Coqun、2滴/日)+βブロッカー併用群(22名)

あるいは、

βブロッカー単独投与群(21名)

について、

パターン網膜電図(*PERG*)及び視覚誘発電位(VEP)を指標として、12ヶ月間の介入が行われています。



投与開始時には、

いずれの指標でも各群に差はありません。



12ヶ月間の介入後、

βブロッカー単独投与群では、PERGやVEPにおいて投与前と変化は認められませんでした。



一方、

コエンザイム10+ビタミンE併用投与群では、

投与前に比べて、

ERG P50 およびVEP P100時間の減少、

PERG P50-N95 およびVEP N75-P100の振幅の有意な増加が見出されました。




投与前に比べて、12ヶ月後の時点での

VEP時間の改善は、PERG P50-N95の振幅の変化と有意な正相関が認められました。




以上のデータから、

コエンザイムQ10とビタミンEによるPERG改善(inner retinal functionの改善)およびVEPの改善(visual cortical responseの改善)が示唆されます。






コエンザイムQ10には、酸化型(=ユビキノン,ubiquinone)と還元型(=ユビキノール,ubiquinol)があります。



還元型CoQ10のほうが、酸化型CoQ10よりも体内で利用されやすいと考えられます。
(酸化型CoQ10は、体内に吸収された後、いったん還元されてから、利用されます。)


コエンザイムQ10に関するこれまでの研究の多くは、酸化型(=ユビキノン,ubiquinone)を用いています。


したがって、一般的には、生活習慣病の予防やアンチエイジング目的に関して、酸化型CoQ10のユビキノンの摂取で十分な効果が期待できます。


一方、特定の疾患に対して用いる場合、あるいは、体内の生理機能が低下している高齢者の場合には、還元型CoQ10の利用が推奨されます。






------------------------------------------------------------------

医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】


業界最大手の責任として――ここまでやるのが、DHC品質


【DHC健康食品相談室】


【DHCの研究開発】


【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------

posted at 23:54 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/2998
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る