サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年12月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
レスベラトロールによる非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)でのインスリン抵抗性改善作用 [2015年01月15日(木)]
アメリカで,はしかの発生がニュースになっていました。

カリフォルニアのテーマパークでの集団感染が疑われており,19名の患者が発生したということです。



公衆衛生学的な施策として,予防接種には臨床的意義があると思いますが,

一方で,稀に重篤な副作用が生じうるため,

日本でも米国でも,いろいろな議論があります。






さて,今日の私的なお勉強日記です。

消化器病学の専門ジャーナル(電子版)に,レスベラトロールによる非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)でのインスリン抵抗性改善および糖代謝改善作用を示した臨床研究が,中国のグループ(Third Military Medical University)から報告されていました。
(Dig Liver Dis. 2014 Dec 16.)





レスベラトロールは、ポリフェノールの1種で、赤ワインやブドウ、ピーナッツなどに見出される色素成分です。


近年、生活習慣の変化や肥満の増加とともに、

アルコールの摂取量が少ない人に見られる非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の病的意義が問題となっています。


非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は、
単純性脂肪肝と
非アルコール性脂肪性肝炎(NASH:Non-alcoholic steatohepatitis)に分けられ、
後者は肝硬変や肝がんへの進行リスクが問題となります。





今回の研究では、

レスベラトロールによる非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)での糖代謝および脂質代謝への影響が検証されました。



具体的には,

二重盲検ランダム化偽薬対照試験として,

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)患者60名を対象に,

1日あたり300mg(分2)のレスベラトロール投与群,

あるいは

偽薬投与群の2群について,

3か月間の投与が行われ,肝機能や糖代謝関連指標が測定されました。



解析の結果,


偽薬群に比べて,

レスベラトロール投与群では,

ASTの有意な低下(改善),
(-6.00 (-9.00, -3.00) IU/L,P≤0.001)

血糖値とLDLコレステロール値の有意な低下
[-0.64±0.31mmol/L, and -0.41±0.35mmol/L, P≤0.001]

ALTの有意な低下,
(-7.00 (-11.0, -2.50) IU/L, P=0.002)

総コレステロール値の有意な低下,
(-0.67±0.50mmol/L, P=0.002)

が認められました。



また,インスリン抵抗の指標(HOMA-IR)も有意な改善が認められています。
(-0.60±1.15, P=0.016)



その他,

レスベラトロール投与群では,

TNF-αやサイトカイン類など炎症惹起マーカーの有意な低下も見出されています。
(P<0.05)

アディポネクチン値は有意な増加を示しました。
[1.22 (-0.37, 1.60) ng/mL, P=0.025]



以上のデータから,

レスベラトロール投与による,
非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)患者での糖代謝および脂質代謝改善作用が示唆されます。



先行研究でも,同様の結果が示されています。

レスベラトロールによる非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)改善作用






レスベラトロールは、ポリフェノールの1種で、赤ワインやブドウ、ピーナッツなどに見出される色素成分です。

レスベラトロールは、長寿関連遺伝子の1つであるサーチュイン遺伝子の活性化を介して、アンチエイジング効果があるのでは、と期待されています。

長寿になるかどうかを確認するためのヒト臨床試験は容易ではありませんが、
最近の臨床研究では、内分泌代謝疾患や生活習慣病の改善効果が示唆されています。




現在、レスベラトロールは、抗酸化作用や抗炎症作用を有し、代謝に好影響を及ぼすことから、健康維持や生活習慣病予防からアンチエイジングの分野で注目されています。




例えば、基礎研究では、

レスベラトロールによるインスリン抵抗性改善作用


レスベラトロールによる糖尿病予防


レスベラトロールによる糖代謝改善作用


レスベラトロールの心不全リスク低減作用


レスベラトロールによる肥満予防のメカニズム



レスベラトロールによる抗がん作用


レスベラトロールによる大腸がん抑制作用


レスベラトロールの抗炎症作用


動脈硬化抑制作用


という報告があり、


ヒト臨床研究では、

レスベラトロールによる肥満者での代謝改善


レスベラトロールによる糖尿病改善作用



レスベラトロールによる脳循環改善


子宮内膜症関連痛に対するレスベラトロールの効果


レスベラトロールによる運動効果@2型糖尿病患者


という報告が知られています。






------------------------------------------------------------------

医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】


業界最大手の責任として――ここまでやるのが、DHC品質


【DHC健康食品相談室】


【DHCの研究開発】


【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------



posted at 23:52 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/3163
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る