サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年12月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
ベルガモット精油アロマセラピーによるストレス軽減効果 [2015年04月08日(水)]
補完代替医療の専門ジャーナルに、アロマセラピーのベルガモット精油によるストレス軽減作用・抗不安作用を示した臨床研究が、京都府立医大のグループから報告されていました。
(Forsch Komplementmed. 2015;22(1):43-9.)



ベルガモット[Bergamot (Citrus bergamia (Risso) Wright & Arn.)]は、南イタリアやギリシャなど地中海の柑橘類です。

果皮から、アロマセラピー用の精油が作られます。


ベルガモット精油には、モノテルペンアルコール類のリナロールやエステル類の酢酸リナリルが含まれており、
鎮静作用や抗不安効果が知られています。




さて、今回の研究では、

ベルガモット精油による精神心理および身体への影響が検証されました。



具体的には、

ランダム化クロスオーバー法にて、

健常な女性41名を対象に、

・安静群、

・安静+蒸留水(精油ナシ水蒸気)対照群、

・安静+蒸留水(水蒸気)+ベルガモット精油暴露群、

の3群について、

それぞれ15分間の介入が行われています。



評価指標として、

唾液中のコルチゾール値、

各種心理検査
(Profile of Mood States, State-Trait Anxiety Inventory, Fatigue Self-Check List)

副交感神経系の活性
(High-frequency (HF) heart rate)

が用いられています。



解析の結果、

コルチゾール値は3群とも異なっていました。
(p = 0.003)

介入前の安静群と比べて、

安静+蒸留水(水蒸気)+ベルガモット精油暴露群ではコルチゾール値が有意に低値でした。


また、
副交感神経の活動指標、ネガティブな感情や疲労関連指標において、

安静+蒸留水(水蒸気)+ベルガモット精油暴露群での有意な改善作用も見出されたということです。




以上のデータから、

比較的短時間のベルガモット精油含有水蒸気暴露(アロマセラピー)によるストレスや疲労軽減効果が示唆されます。






最近の研究では、


アロマセラピー+マッサージによる乳がん患者のQOL改善作用




アロマセラピーによる認知症改善作用




月経困難症に対するアロマセラピーの効果




アロマセラピーによるストレス軽減効果:メタ解析



アロマセラピーによる術後の鎮痛効果



アロマセラピーによるストレス軽減効果@看護師



アロマセラピーによる掻痒改善効果@慢性維持透析患者


も示されています。



なお、
日本では、アロマセラピーの精油(エッセンシャルオイル)は雑貨扱いになっており、
品質が玉石混淆です。


したがって、一定以上の品質を有する、質の高いアロマセラピー製品を選ぶ必要があります。


DHCでは、アロマセラピーの関連製品を扱っています。






------------------------------------------------------------------

医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】


業界最大手の責任として――ここまでやるのが、DHC品質


【DHC健康食品相談室】


【DHCの研究開発】


【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------

posted at 23:55 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/3246
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る