サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年10月  >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
オメガ3系必須脂肪酸によるマイボーム腺機能不全改善効果 [2015年04月28日(火)]
今月の眼科研究の専門ジャーナル(電子版)に、オメガ3系必須脂肪酸(EPA/DHA)サプリメントの経口投与によるマイボーム腺機能不全への効果を示した臨床研究が、インドのグループ(Post Graduate Institute of Medical Education and Research)から報告されていました。
(Cornea. 2015 Apr 23.)




今回の研究では、

マイボーム腺機能不全におけるコントラスト感度に対して、

オメガ3系必須脂肪酸サプリメントの経口投与による作用が検証されました。




具体的には、

前向き研究として、

中等度のマイボーム腺機能不全(MGD)患者60名を対象に、


オメガ3系必須脂肪酸サプリメント投与群、
(1日あたり1.2gの投与)

対照群の2群に分けて


12週間の介入試験が行われています。



両群とも、眼温湿布(温罨法, Warm Compress)やマッサージ、人工涙投与などの対症療法が行われています。



評価指標として、

投与前と12週間後の時点で、

自覚症状スコア
(Ocular Surface Disease Index score)

コントラスト感度テスト、

シルマーテスト、

涙液層破壊時間などが調べられています。





解析の結果、

オメガ3系必須脂肪酸投与群では、

12週間後の時点において、


コントラスト感度の有意な改善が認められました。
(8試験のうち7試験の評価で改善。)
(偽薬群では、8試験のうち3試験での改善。)




自覚症状スコア(Ocular Surface Disease Index)、涙腺機能などは、両群で改善が認められましたが、


オメガ3系必須脂肪酸投与群において、改善がより顕著でした。



なお、シルマーテストでは、両群とも有意な変化は認められませんでした。




以上のデータから、

十分な量のオメガ3系必須脂肪酸の摂取が、涙腺やマイボーム腺の機能維持や涙量の維持に重要であることが示唆されます。





先行研究では、



オメガ3系脂肪酸によるドライアイ改善作用




魚油サプリメントによるドライアイ改善作用



オメガ3系脂肪酸+抗酸化サプリメントによるドライアイ症状改善作用



オメガ3系必須脂肪酸によるドライアイ改善メカニズム




という報告があります。



EPADHAなどのオメガ3系必須脂肪酸は、抗炎症作用・動脈硬化予防作用、認知機能改善作用、抗うつ作用など多彩な働きが示されています。





------------------------------------------------------------------

医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】


業界最大手の責任として――ここまでやるのが、DHC品質


【DHC健康食品相談室】


【DHCの研究開発】


【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------



posted at 23:54 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/3266
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る