サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年10月  >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
蜂の子による耳鳴り改善効果 [2015年06月17日(水)]
耳鼻科学の専門ジャーナルに、蜂の子による耳鳴りの改善効果を示した臨床研究が、岐阜大学のグループから報告されていました。
(Ear Hear. 2012 May-Jun;33(3):430-6.)



蜂の子(はちのこ)は、蜂の幼虫やサナギのことです。

日本も含めて世界各国で、蜂の幼虫が食用にもされてきました。
(日本で食用にされてきたのは、クロスズメバチの幼虫です。)

最近では、耳鳴り改善作用を有する機能性食品・サプリメントとして注目されています。



さて、今回の研究では、
蜂の子による耳鳴り症状への作用が検証されました。


具体的には、
ランダム化二重盲検偽薬対照試験として、

耳鳴りを有する被験者60名を対象に、

酵素分解蜂の子(enzymolyzed honeybee larvae)投与群
あるいは
偽薬群の2群について、

12週間の介入が行われています。



耳鳴り症状の評価として、
Tinnitus Handicap InventoryおよびVASが用いられ、
HPA軸に関連したホルモン濃度が早朝に測定されています。




解析の結果、

蜂の子投与群では、
耳鳴りに伴ううつ症状などいくつかの指標で有意な改善が見出されたということです。


また、
蜂の子投与群では、

聴覚検査において、
2 kHzおよび4 kHzの周波数における聴力レベルの有意な改善が認められました。


さらに、
蜂の子投与群では、
血中コルチゾール値の低下、
血中プロラクチン値の低下、
コルチゾール/デヒドロエピアンドロステロン比が低下していました。


なお、
THI総スコアやVASでは両群間に有意差は認められませんでした。



以上のデータから、

蜂の子による耳鳴り関連症状の改善作用が示唆されます。



DHCでは、
蜂の子含有サプリメントを製品化しています。


蜂の子ロイヤル
女王蜂候補の蜂の子使用!鳴り止まないわずらわしさに



先行研究でも、

例えば、
蜂の子粉末の摂取により、被験者の7割が耳鳴りの改善を実感したなど、
類似した効果が報告されています。

耳鳴症状に対する蜂蛹の治療効果
(日本東方医学会抄録集2008年J-GLOBAL ID:200902206408897270)



------------------------------------------------------------------

医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】


業界最大手の責任として――ここまでやるのが、DHC品質


【DHC健康食品相談室】


【DHCの研究開発】


【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------


posted at 23:56 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/3317
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る