サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年10月  >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
葉酸サプリメントによる認知機能改善効果 [2015年10月30日(金)]
今月の老年医学の専門ジャーナル(電子版)に、葉酸サプリメントによる認知機能への作用を調べた臨床研究が、中国とスウェーデンのグループから報告されていました。
(J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2015 Oct 27.)



葉酸は、ビタミンB群の1種です。

葉酸サプリメントは妊娠初期に必須であるだけでなく、

中高年以降では、葉酸摂取による動脈硬化性疾患の予防や認知症の予防といった作用が示されています。


(ホモシステインからメチオニンへの転移に葉酸が必須であり、葉酸が不足すると、血中ホモシステインが高くなります。

ホモシステインは、血管内皮細胞や血液凝固因子に影響し、LDLの血管壁への沈着、動脈硬化の進展を生じます。)、


先行研究では、


ビタミンB群投与による脳萎縮(灰白質萎縮)抑制効果と認知機能低下抑制効果


脳萎縮進行抑制効果を示した臨床研究

といった報告があります。



さて、

今回の研究では、

軽度認知機能障害(MCI)を有する中国人の高齢者において、

葉酸サプリメント投与による認知機能への影響が検証されました。



具体的には、

ランダム化比較試験として、

MCIを有する65歳以上の180名を対象に、

・葉酸(400マイクログラム/日)

・偽薬

のいずれかが投与され、

投与開始時、3ヶ月、6ヶ月の時点で認知機能関連指標が調べられています。


159名(葉酸群80名、対照群79名)が6ヶ月間の介入試験を完了しました。

ITT解析の結果、


まず、

対照群に比べて、

葉酸サプリメント投与群では、

血中葉酸値の有意な増加、


ホモシステイン値の有意な減少(改善)、

が認められました。



次に、

認知機能関連指標に関して、

対照群に比べて、

葉酸サプリメント投与群では、

認知機能関連指標でも有意な改善が見出されました。



6ヶ月の時点で、対照群に比べて、

葉酸サプリメント投与群では下記の認知機能指標で有意な改善が認められました。

・Full Scale IQ (p = .031; effect size d = 0.168),

・Digit Span (p = .009; d = 0.176),

・Block Design (p = .036; effect size d = 0.146)

(そのほかの認知指標に有意な影響は見出されていません)



以上のデータから、

軽度認知機能障害を有する高齢者において、

葉酸サプリメントによる認知機能低下抑制作用が示唆されます。


DHCでは、
葉酸サプリメントを製品化しています。

葉酸 30日分
厚生労働省も推奨! 赤ちゃんを考えたら、毎日とりたい栄養素
通常価格
\239(税込\258)




機能性食品・サプリメントの中で、ヒト臨床研究によって、認知症改善作用が示されているのは、次の成分です。



イチョウ葉エキスによる認知症への効果:メタ解析


イチョウ葉エキス


イチョウ葉エキス製剤による認知症の症状改善作用


イチョウ葉エキスによる認知症改善効果@ドイツ


イチョウ葉エキスの有効性と安全性


イチョウ葉エキス20年間摂取による認知機能低下抑制作用


イチョウ葉エキスと認知症治療薬のシナジー


PS(ホスファチジルセリン)サプリメント


PS(ホスファチジルセリン)による認知機能改善作用


エクストラヴァージン(バージン)オリーブオイル


エクストラバージンオリーブオイルによる認知症予防効果


大豆イソフラボンによる認知機能改善効果@メタ解析



・ビタミンB群

ビタミンB群投与による脳萎縮(灰白質萎縮)抑制効果と認知機能低下抑制効果


脳萎縮進行抑制効果を示した臨床研究


オメガ3系必須脂肪酸とαリポ酸によるアルツハイマー病の進行抑制効果



一般に、認知機能への効果を期待する場合には、ビタミンB群、オメガ3系脂肪酸(EPADHA)、イチョウ葉エキスといったサプリメントを比較的長期間(数ヵ月以上)に利用することが必要と考えられます。

また、ウコン・クルクミンによる認知症改善作用も報告されています。

DHCでは、複合サプリメントも製品化しています。





------------------------------------------------------------------
サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】


業界最大手の責任として――ここまでやるのが、DHC品質


【DHC健康食品相談室】


【DHCの研究開発】


【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------
posted at 23:53 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/3452
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る