サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2020年03月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
ピクノジェノールは下肢静脈潰瘍の治癒を促進する [2016年08月22日(月)]
DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


さて、本日の私的なお勉強日記です。

今月の血管外科の専門ジャーナル(電子版)に、ピクノジェノールによる下肢静脈潰瘍に対する有用性を示した臨床研究が、ブラジルのグループ(UNIVÁS)から報告されていました。
(Ann Vasc Surg. 2016 Aug 10)


慢性静脈不全症・下肢静脈瘤は、身体的精神的な負担を患者に生じます。

血管強化薬(ジオスミン / ヘスペリジン)が、毛細血管や静脈の強化の目的で投与されることがあります。


今回の研究では、

静脈潰瘍の治癒に対して、

ピクノジェノールと、血管強化薬(ジオスミン/ヘスペリジン)の作用が比較検証されました。


具体的には、

前向きランダム化比較研究として、

大学病院の血管外科外来クリニックから

下肢静脈潰瘍の患者30名を対象に、

・一日あたり150mg(分3)のピクノジェノール投与(n=15)

・ジオスミン/ヘスペリジン投与群(1日あたり900mg/100mg、分2)(n=15)

の2群について、

90日間の介入が行われ、15日間ごとに、潰瘍面積や罹患下肢の周囲径などの評価が行われています。


解析の結果、

ピクノジェノール投与群も、血管強化薬(ジオスミン/ヘスペリジン)の投与群も、

静脈潰瘍の治癒作用は同程度であり、

両群とも、罹患下肢の周囲径の有意な減少が認められたということです。
(P<0.0001).


以上のデータから、

下肢静脈潰瘍に対して、ピクノジェノール投与は、血管強化薬(ジオスミン/ヘスペリジン)と同等の有効性が期待できると考えられます。




DHCでは、安全性・有効性・経済性(費用対効果)に優れた
ピクノジェノール
を製品化しています。


DHCでは、医療用の弾性ストッキングも取り扱っています。
DHCオリジナル着圧レッグウェア





------------------------------------------------------------------
「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


DHCが日本のサプリを健康にします。


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】



【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------

posted at 23:51 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/3750
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る