サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年11月  >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
風邪予防にエキナセアが有用:レビュー [2016年11月10日(木)]
寒くなってきたので、風邪予防の定番サプリメントであるエキナセアに関するレビューを読んでみました。


私は、風邪・インフルエンザ対策にはエキナセアを推奨しますし、実際に利用しています。


予防的な投与では、冬季の3−4ヶ月間の継続摂取です。

治療目的では、感染初期の短期に、高用量で摂取するのがポイントです。

例えば、風邪を引いたかなというときの第1〜2日目は2時間毎に摂取、

第3日目以降は漸減し、1週間で終了。

この摂取方法で、罹病期間の短縮と症状の軽減効果が期待できます。


もちろん、基礎疾患の有無や既往歴などによっては,ワクチンや抗インフルエンザ薬という選択になる場合も考えられます。



「ホリスティック・ナース・プラクティショナー」誌に、風邪予防に対するエキナセアの安全性と有効性に関するレビューが、米国のグループ(Drexel University)から報告されていました。
(Holist Nurs Pract. 2016 Jan-Feb;30(1):54-7.)



エキナセア(エキナシア,和名ムラサキバレンギク)は、北米原産のハーブです。

風邪(普通感冒、上気道炎)やインフルエンザの感染初期に、治療目的で投与され、症状の軽減と罹病期間の短縮効果が認められます。

また、風邪の予防目的にも利用され、罹患リスクの減少効果が知られています。

エキナセアは、欧米では、小児や妊婦でも用いられており、安全性の高いハーブです。




今回の研究では、

風邪の予防を目的としたエキナセア(Echinacea purpurea)の投与に関して、
安全性と有効性を示した大規模臨床試験を対象に、長期投与におけるリスクベネフィットの評価などのレビューが行われました。


レビューの結果、

・風邪予防のための臨床適応では、エキナセア(Echinacea purpurea)標準品を4ヶ月間投与、

・エキナセアの長期投与により、
 
 風邪罹患回数の有意な減少、
 
 風邪罹患日数の有意な減少、

 風邪に対する医薬品の有意な減少

が認められました。


また、

エキナセア抽出物投与により、ウイルス学的に確定診断がされた風邪の抑制、再発感染に対する抑制といった予防効果も見出されています。


本レビューの要約として、

風邪の予防のためのエキナセア(Echinacea purpurea)摂取推奨、
リスクベネフィット比の点から有用性である、

と述べられています。

最近の研究では、下記の報告があります。

インフルエンザに対してエキナセアはタミフルと同等の効果を示す




エキナセア(エキナシア,和名ムラサキバレンギク)は、北米原産のハーブです。

風邪(普通感冒、上気道炎)やインフルエンザの感染初期に、治療目的で投与され、症状の軽減と罹病期間の短縮効果が認められます。

また、風邪の予防目的にも利用され、罹患リスクの減少効果が知られています。



一般に、風邪予防・インフルエンザ予防には、
エキナセアビタミンD3の摂取が有効です。

また、罹患したときの対処(症状の軽減と罹病期間の短縮)としては、
エキナセア、亜鉛ビタミンCプロポリス
が有用です。

DHCでは複合サプリメント製品も扱っています。


(なお、症状を観察しつつ必要に応じて医療機関の受診も必要です。)




ハーブとしてのエキナセア(Echinacea species)は、E. angustifolia、E. pallida、E. Purpureaの3種が代表的です。

伝統的な投与方法では、主にE. Purpureaの全草(地上部や根、根茎,葉を含む全草)がチンキ剤として用いられます。

(乾燥末を用いたサプリメントでは、主要成分であるアルキルアミド類alkamidesの含有量で標準化されています。)




タミフル耐性ウイルスに対する対策は




エキナセアの安全性と有効性@RCT 




------------------------------------------------------------------
「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


DHCが日本のサプリを健康にします。


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】



【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------

posted at 23:54 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/3830
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る