サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年10月  >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
ローヤルゼリーによるドライアイへの働き [2017年01月12日(木)]
今月の科学誌に、ドライアイに対するローヤルゼリーの働きを調べた臨床研究が、慶応大学のグループから報告されていました。
(PLoS One. 2017 Jan 6;12(1):e0169069.)


先行研究では、EPAやDHAといったオメガ3系必須脂肪酸サプリメント投与によるドライアイの改善作用が報告されています。



オメガ3系脂肪酸によるドライアイ改善作用



涙腺の機能は、加齢に伴って低下し、ドライアイのリスクを高めます。

先行研究では、
ドライアイモデルラットにおいて、ローヤルゼリーの経口摂取により、涙液分泌が改善するとされています。


そこで、今回の研究では、
ローヤルゼリーによるドライアイへの作用が検証されました。


具体的には、

ランダム化二重盲検偽薬対照試験として、

日本人のドライアイ患者43名を対象に、

・ローヤルゼリー投与群(1200mg/錠、6錠/日)

・偽薬投与群

の2群について、

8週間の投与が行われ、介入の前後でドライアイ関連指標が調べられています。



解析の結果、

ローヤルゼリー投与群では、

涙液量の有意な増加が認められました。
(p = 0.0009)

また、
シルマーテストでの有意な改善
(vs.介入前, p = 0.0005、vs.偽薬群p = 0.0051)

も見出されています。

有害事象は認められませんでした。

また、
ドライアイモデルマウスを用いて、

ローヤルゼリー(300 mg/kg per day)を経口投与した研究では、
涙腺機能の直接の活性化を介して、涙液分泌が維持されたということです。


以上のデータから、

ドライアイに対するローヤルゼリーの有用性が示唆されます。




DHCでは、


ローヤルゼリー


飲むローヤルゼリー



を製品化しています。





先行研究では、次の報告があります。



オメガ3系脂肪酸によるドライアイ改善作用




魚油サプリメントによるドライアイ改善作用



オメガ3系脂肪酸+抗酸化サプリメントによるドライアイ症状改善作用


オメガ3系必須脂肪酸によるドライアイ改善メカニズム


オメガ3系必須脂肪酸によるマイボーム腺機能不全改善効果





------------------------------------------------------------------
DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。

地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



DHCが日本のサプリを健康にします。


「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】



【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------



posted at 23:55 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/3894
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る