サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年11月  >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
セントジョーンズワートは、うつ病に対して医薬品と同等の効果を示す:メタ解析 [2017年01月22日(日)]
今月の精神医学の専門ジャーナルに、軽症から中等度のうつ病に対して、セントジョーンズワートが医薬品のSSRIと同等の効果を示す、というメタ解析が、英国とシンガポールのグループから報告されていました。
(J Affect Disord. 2017 Jan 3;210:211-221)



セントジョーンズワートは、

多くのヨーロッパ諸国において、うつ病に対して用いられるハーブであり、

中国伝統医療でも利用されてきました。

論文著者らによると、うつ病に対するセントジョーンズワートの作用について、前回の大規模なメタ解析は2008年であることから、今回、アップデートを行った、ということです。


具体的には、

主要医学データベースを用いてキーワード検索が行われ
(PubMed, Ovid, Clinical Trials Register of the Cochrane Collaboration Depression, Anxiety and Neurosis Group, Cochrane Field for Complementary Medicine, China National Knowledge Infrastructure and WanFang database)

1960年1月1日から、2016年5月1日までに収載された論文5428報が抽出されました。



臨床研究27報、3808名分のデータが解析され、

セントジョーンズワート(SJW)とSSRIとの比較が行われています。




解析の結果、

うつ病患者での治療反応性に関して、セントジョーンズワートは、SSRIと同等でした。
(pooled RR 0.983, 95% CI 0.924-1.042, p<0.001)

また、
寛解率も、SJWは、SSRIと同等でした。
(pooled RR 1.013, 95% CI 0.892-1.134, p<0.001)


一方、

SSRIと比べて、

SJWは、

服用の中止や脱落率が、有意に低いことが見出されました。
(pooled OR 0.587, 95% CI 0.478-0.697, p<0.001)

また、

うつ病の指標であるHAM-Dスコアは、セントジョーンズワート(SJW)投与により、有意な低下を示しており、
(pooled SMD -0.068, 95% CI -0.127 to 0.021, p<0.001)


SJW投与は、臨床的に有意なうつ病改善効果を有すると考えられます。



なお、このメタ解析の限界として、

SJWの長期投与に関する安全性と有効性のデータが限られていること、

多くのデータは、4週間から12週間の投与であること、

また、重症うつ病に対する有用性も明確ではない、と考察されています。



以上のデータから、

論文著者らは、

軽症から中等度のうつ病患者に対して、

セントジョーンズワートは、

医薬品の抗うつ薬(SSRI)と同等の効果と安全性がある、と考察しています。




軽症から中等度のうつ病に対しては、
セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ、学名Hypericum perforatum)の有効性と安全性が確立しています。

セントジョーンズワートは、SSRIやSNRIといった抗うつ薬と同等の効果があり、
かつ、副作用が少ないことが示されています。

そのため、
欧米では、セントジョーンズワートがうつ状態に対して広く利用されています。




DHCでは、うつ病対策に関連したサプリメントを製品化しています。


セントジョーンズワート 30日分
ほがらかな心で毎日をはつらつと
通常価格
\850(税込\918)




------------------------------------------------------------------
DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。

地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



DHCが日本のサプリを健康にします。


「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】



【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------


posted at 23:52 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/3904
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る