サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2018年11月  >
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
1日3個までの卵は脂質代謝に好影響を与える [2017年02月11日(土)]
卵黄にはコレステロールが含まれるため、脂質異常症/高脂血症患者では、卵(卵黄)の摂取を避けるように、言われることがあります。

白人男性での心血管リスクが問題になる米国では、朝食メニューで、卵白だけのオムレツを見ることがあります。

ただし、近年では、(基礎疾患がある患者を除いて)、健康増進や疾病予防の点からの卵の摂取制限(例えば、1日1個まで)といったことは言われなくなっています。


さて、本日の私的なお勉強日記です。

栄養学の専門ジャーナル(電子版)に、若年健常者において、卵の摂取と、脂質代謝との関連を調べた臨床研究が、米国のグループ(University of Connecticut)から報告されていました。
(J Nutr. 2017 Jan 11. pii: jn241877.)


心血管リスクという点に関して、

善玉コレステロールであるHDLコレステロールは、

その濃度(HDL値)よりも、HDLの機能のほうが重要です。


また、HDLは、

カロテノイド類や抗酸化酵素のキャリアとしても働き、

酸化ストレスからHDLやLDL粒子を防御しています。


さて、今回の研究では、

若年健常者において、

1日あたり0個〜3個の卵の摂取による、

LDL粒子、HDL粒子サイズ、HDL機能、血中抗酸化能への作用が検証されました。


具体的には、

18歳から30歳の健康な男女38名(BMI;18.5-29.9)を対象に、

14週間のクロスオーバー試験として、

2週間のwashout期間:1日あたりゼロ個の卵、

続いて、4週間ごとに、
1個、2個、3個の卵を摂取し、

各期間後に、

リポプロテイン分画、アポリポタンパク質、ルテイン、ゼアキサンチンなどの指標が測定されています。



解析の結果、

卵の非摂取(0個/日)期間に比べて、

1日あたり1個〜3個の卵の摂取は、

大型LDL粒子の増加
(21-37%)

大型HDL粒子の増加
(6-13%)

血中apoAI値の増加
(9-15%)

LCAT活性の亢進
(5-15%)

が認められました。
(P < 0.05 for all biomarkers)


また、

1日あたり2個あるいは3個の卵摂取は、

apoAIIを11%上昇させ、
(P < 0.05)


血中ルテインとゼアキサンチンを20-31%増加させました。
(P < 0.05)


一方、

1日3個の卵の摂取は、

1個あるいは2個の摂取に比べて、

血中paraoxonase-1活性を9-16%上昇させました。
(P < 0.05)

なお、
卵の摂取は、LCAT活性には影響を与えませんでした。


以上のデータから、


1日あたり1個の卵摂取は、

HDL機能の亢進、大型LDL粒子の増加に十分であること、


1日あたり2個から3個の摂取は、

HDL機能のさらなる改善と血中カロテノイド値の増加を示すと考えられます。


全般的に、

健康な若年者において、

1日あたり3個までの卵の摂取は、

LDLコレステロールの粒子サイズに関して、動脈硬化に抑制的に作用し、

HDL機能を改善し、

血中抗酸化成分を増加することが示唆されます。

(悪玉コレステロールであるLDLでは、小型LDL粒子が超悪玉であるため、LDL粒子の大型化は、動脈硬化に抑制的、と考えられます。)









------------------------------------------------------------------
DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。

地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



DHCが日本のサプリを健康にします。


「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】



【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------


posted at 23:53 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/3924
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る