サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2020年03月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
サルコペニア予防に対するミネラルの有用性:レビュー [2017年07月17日(月)]
今月の医学専門誌に、サルコペニア予防に対するミネラルの有用性を調べたレビューが、オランダのグループから報告されていました。
(J Am Med Dir Assoc. 2017 Jul 12.)



サルコペニアは、加齢や疾患により筋肉量が減少することであり、
全身の筋力低下および身体機能の低下が生じます。

サルコペニアsarcopeniaは、ギリシャ語で筋肉を意味するsarco(サルコ)と、欠乏/不足をさすpenia(ぺニア)を合わせた言葉です。


今回の研究では、

主要医学データベースを用いて、

健康な高齢者あるいはフレイル高齢者(65歳以上)を対象に、

ミネラルの摂取あるいは血中濃度と、

筋肉量、筋力、身体能力、サルコペニアといった指標が調べられています。



3346報の論文が抽出され、

10報が解析の対象となりました。


解析の結果、

観察研究では、

血中セレン(1報)、カルシウム摂取(1報)と、

筋肉量との有意な相関が認められました。

また、

マグネシウム(1報)、セレン(1報)、鉄(1報)、亜鉛(1報)の摂取と、

身体活動との有意な相関が見出されました。

さらに、

マグネシウム(2報)、セレン(2報)、カルシウム(2報)、リン(1報)の摂取と、

サルコペニア罹患率との相関が示されています。



その他、

ランダム化比較試験(1報)では、マグネシウムサプリメントによる身体活動の改善が示されました。


なお、
カリウムではこれらの指標との有意な関連は認められませんでした。



以上のデータから、

サルコペニアの予防や治療に対して、ミネラル、特に、カルシウム、マグネシウム、セレンの有用性が示唆されます。


今後、介入試験による検証が期待される分野です。

最近の研究では、下記の報告があります。


肥満女性のサルコペニアに対する低カロリーのタンパク食の有用性




健康な骨の維持には、

カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、ビタミンKといった栄養素が必須です。

カルシウムやマグネシウムは、平均的な日本人において摂取不足が示されています。

また、ビタミンDも不足傾向という研究があります。



DHCでは、適正な価格で高品質のマルチビタミンマルチミネラルカルシウム・マグネシウムを提供しています。




ビタミンD3
(ビタミンD3 30日分 \286(税込\308))   ⇒1ヵ月分は約300円。







------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報



医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】



【健康食品FAQ】


DHCが第1位@利用している(利用したい)メーカー(経産省の調査)

------------------------------------------------------------------


posted at 23:56 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/4104
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る