サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年06月  >
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリアーカイブ
最新記事
胃薬(制酸剤、胃酸分泌抑制薬)の長期服用がビタミンB12欠乏を生じる [2019年01月16日(水)]
昨日のブログ(生活習慣病の治療薬を服用中に必要なサプリメント)に関連して、医薬品による栄養素の欠乏の論文を読んでみました。




2013年にJAMA誌に、米国のカイザーパーマネンテのグルコサミンから発表された研究によると、
胃薬(制酸剤、胃酸分泌抑制薬)のプロトンポンプ阻害薬(PPI)やヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2RA)の長期服用が、ビタミンB12欠乏症の発症リスクを、1.25〜1.65倍に増大することが示されています。
(JAMA. 2013 Dec 11;310(22):2435-42)


胃酸分泌抑制剤として、
プロトンポンプ阻害薬(PPI)やヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2RA、H2ブロッカー)が広く利用されています。

PPIは、日本では処方薬です。

H2ブロッカーは、処方薬でもありますが、一般用医薬品としても入手できます。(「ガスター10」などが認知度が高いと思います。)


これらは、消化性潰瘍治療薬として優れた働きを有しています。

一方で、
先行研究では、
PPIやH2ブロッカーの長期服用と、
ビタミンB12欠乏との関連がい示唆されてきました。


そこで、
今回の研究では、

症例対照研究として、

北カリフォルニアのカイザーパーマネンテでの地域医療機関において、

ビタミンB12欠乏と、先行する制酸剤服用との関連が検証されました。


具体的には、

1997年1月から2011年6月までの間に、

ビタミンB12欠乏と診断された25,956名の患者と、

B12欠乏ではない184,199名とが比較されています。


解析の結果、


まず、
ビタミンB12欠乏患者のうち、

3120名 (12.0%)が、2年間以上のPPIsを処方されており、

1087名 (4.2%)が、2年間以上のH2ブロッカー(PPIsはなし)を処方されていました。

21,749名 (83.8%) は、PPIもH2ブロッカーもいずれも処方されていませんでした。


次に、
ビタミンB12欠乏ではない患者では、

13,210名 (7.2%)が、2年間以上のPPIsを処方されており、

5897名 (3.2%)が、2年間以上のH2ブロッカー(PPIsはなし)を処方されていました。

165,092名 (89.6%)は、PPIもH2ブロッカーもいずれも処方されていませんでした。



PPIsの2年間以上の服用は、ビタミンB12欠乏のリスクを65%増加、
(OR, 1.65 [95% CI, 1.58-1.73])

H2ブロッカーの2年間以上の服用は、ビタミンB12欠乏リスクを25%上昇する、
(OR, 1.25 [95% CI, 1.17-1.34])
という相関が見出されました。

また、PPIsについては、用量依存的に、ビタミンB12欠乏リスク上昇も見出されたということです。

具体的には、
1.5錠以上のPPI/日は、ビタミンB12欠乏リスクが95%上昇、
(OR, 1.95 [95% CI, 1.77-2.15])
0.75錠未満のPPI/日では、63%リスク上昇
(OR, 1.63 [95% CI, 1.48-1.78]; P = .007 for interaction).
でした。


以上のデータから、

胃酸分泌抑制薬の長期(年単位の)服用は、

ビタミンB12欠乏のリスクを高めることが示唆されます。

論文著者らは、

胃酸分泌抑制薬の処方についてリスクとベネフィットのバランスを考慮すべきである、

と考察しています。


サプリメントと医薬品の組み合わせについてのテーマでは、サプリメント・健康食品が医薬品の効果を減弱させる、というネガティブな話題がよく取り上げられます。

しかし、実際には、このようなケースは非常にまれです。

むしろ、日常臨床の現場では、生活習慣病の医薬品を服用中の患者では、医薬品の作用により、さまざまなビタミンやミネラルが減少しています。

そして、これらの必須微量栄養素が潜在的に不足している結果、いろいろな不定愁訴や病態が生じているのです。

これまでに、多くの研究によって、医薬品服用によるビタミンやミネラル、コエンザイムQ10の喪失や減少が報告されてきました。

そこで、現在では、
生活習慣病の医薬品を服用中の場合、栄養素の喪失や不足に対する保険的な意味合いで、栄養素の充足を担保するために、次のサプリメントの併用が必要です。


@マルチビタミン

Aマルチミネラル


BコエンザイムQ10
(LDLコレステロール降下薬のスタチン剤の服用中には必須です。)



Cオメガ3系必須脂肪酸(EPA、DHA)
EPA
DHA

DビタミンD3サプリメント

Eプロバイオティクス
乳酸菌EC-12 30日分 5,000億個以上の乳酸菌で好調環境キープと元気な毎日を!

ビフィズス菌+オリゴ糖

なお、これらは、健康増進や疾病予防のために、年齢や性別に関わりなく推奨できるベーシックサプリメントでもあります。





------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


グルコサミンの風評被害by整形外科医 


サプリメントがファーストラインとなる病態:レビュー 


研究と利害の衝突@抗インフルエンザウイルス剤


研究と利害の衝突についてのルール作成


コクランの妥当性



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------

posted at 23:54 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/4665
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る