サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年06月  >
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリアーカイブ
最新記事
地中海食/低炭水化物食は低脂肪食よりも脂肪肝の改善作用を示す [2019年05月22日(水)]
今月の肝臓病研究の専門ジャーナル(電子版)に、脂肪肝に対する地中海食/低炭水化物食、低脂肪食との比較を行った臨床研究が、イスラエルのグループ(Tel Aviv University)から報告されていました。
(J Hepatol. 2019 May 7.)


地中海食は、スペインやギリシャ、南フランスなど地中海地方の伝統食です。
野菜や果物、全粒の穀類、種実類、オリーブオイルの利用が多いという特徴があります。

地中海食は、健康増進や疾病予防に有用であることが知られており、多くの研究によってエビデンスが示されています。

肥満、特に内臓脂肪型肥満は、生活習慣病のリスクとなります。

肥満、内臓脂肪型肥満では、多くの場合、脂肪肝が認められます。

今回の研究では、

異なる食事療法を実施した際に、

内臓脂肪組織(VAT)の減少に加えて、肝臓内脂肪蓄積量(HFC hepatic fat content)の変化にどのような違いがあるか、検証されました。



具体的には、

18ヶ月間の減量試験として、

腹部脂肪/脂質異常症の患者278名を対象に、

・低脂肪食(LF)、
あるいは
・地中海食/低炭水化物食(MED/LC+28g/日のクルミ)
の食事での介入に、

中程度の身体活動を併用した群と、非併用群について、

MRIにより試験開始時、6ヶ月後(158名)、18ヶ月後の時点で、

肝臓内脂肪蓄積量が測定されました。



減量試験の結果、

278名のうち、86.3%が試験を完了しました。

なお、被験者は、
平均年齢48歳、男性88%、BMI 30.8、
肝臓内脂肪量HFC 10.2%,(range:0.01%-50.4%)
でした。

解析の結果、

%HFCは、

介入前に比べて、

6ヶ月後
[-6.6% absolute-units (-41% relatively)]

および
18ヶ月後の時点で、
[-4.0% absolute-units (-29% relatively);p<0.001

それぞれ有意に減少しました。

HFCの減少は、

体重の減少よりも
VATの減少と相関していました。


次に、
VATで補正後、

%HFCの減少は、

血中GGT(γ-glutamyl transferase)、ALT、chemerin、HbA1cの低下と有意な相関を示しました。
(p<0.05)


肝臓内脂肪量の減少は、身体活動実施群では同程度でしたが、

低脂肪食摂取群に比べて、

地中海食/低炭水化物食の摂取群では、

より顕著な%HFCの減少が見出されたということです。
(p=0.036)

また、このとき、

心血管代謝リスク指標の有意な改善も認められました。

その他、

中性脂肪値についても、

VATの変化での補正後、

低脂肪食に比べて、

地中海食/低炭水化物食にて、より顕著な改善が認められました。
(p<0.05)


以上のデータから、

肝臓内脂肪量の減少効果および内分泌代謝関連指標に対する改善効果は、

低脂肪食群よりも、

地中海食/低炭水化物食のほうが有用であると考えられます。



DHCでは、

肥満・糖尿病・アンチエイジング・ヘルシーエイジング(健康長寿)のための食事として、

「‘ゆるやか’糖質制限」(緩やかな糖質制限食・低炭水化物食)を推奨しています。



最新の科学的根拠を俯瞰すると、

「緩やかな糖質制限食・低炭水化物食」を基本とした食生活が、

「ヘルシーエイジング(健康長寿)」

「ダイエット(適正体重の維持)」

「アンチエイジング(抗加齢)」

に有用であると考えられます。



地中海食やオリーブオイルの効能については、多くのエビデンスが報告されています。


地中海食で死亡率が半減する



低炭水化物(糖質制限)食と地中海食は低脂肪食よりも有効



オリーブオイルの摂取10gで全死亡率が7%低下



地中海食がメタボを抑制



バージンオリーブオイルとナッツ類を含む地中海食の抗炎症作用



バージンオリーブオイルの心臓病予防作用



オリーブオイルによる皮膚の老化抑制作用



地中海食による認知症予防効果



地中海食+CoQ10サプリによる抗酸化作用



超低炭水化物・地中海食による減量効果




地中海食による高尿酸血症リスクの低下



オリーブオイルによる動脈硬化抑制作用



バージンオリーブオイルによる骨代謝改善作用




オリーブオイルとナッツによる心血管リスク低下作用



伝統的地中海食による脂質代謝改善作用



オリーブオイルによる膀胱がんリスク低下








------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



『天然葉酸』サプリメントは虚偽の表示



ビタミンMが認知症と脳卒中を防ぐ!―日本人が知らない健康長寿のための葉酸の効果

------------------------------------------------------------------

posted at 23:56 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/4791
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る