サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年09月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
前立腺がん患者での利用が増えたサプリメント@米国 [2019年05月31日(金)]
今月の泌尿器科学の専門ジャーナル(電子版)に、前立腺がん患者での補完代替医療の利用状況を調べた研究が、米国のグループ(University of California San Francisco)から報告されていました。
(J Urol. 2019 May 15)



補完代替医療(CAM)は、健康な人が健康増進や未病対策で利用するだけではなく、

慢性疾患を有する患者が、標準治療への補完療法として利用することもあります。


今回の研究では、

前立腺がん患者の間での補完代替医療の利用状況が調べられました。

(Cancer of the Prostate Strategic Urologic Research Endeavor, CaPSURETMという研究の一環です。)


具体的には、

1996年から2016年の間に

CaPSUREへの参加者7,989名を対象に、

70近い種類のCAMの利用について、質問票での調査が行われました。

また、

新規に診断された前立腺がん患者の間でのトレンドを評価するために、

診断後24ヶ月間以内のCAM利用を考慮し、

診断年によるグループでのCAM利用の割合が計算されました。
(n = 7,696).


解析の結果、

前立腺がん患者の56%が、

何らかのCAMを利用していました。

最も多かったのは、

マルチビタミンの40%、

オメガ3系必須脂肪酸の24%
です。


非利用者に比べて、

CAM利用者では、

教育水準が高く、

世帯年収が高く、

西部から中西部に居住している

という特徴がみられました。

診断時点でのPSAの中央値は、

利用者では、
5.8 (IQR 4.4-8.4)

非利用者では、
6.2 (IQR 4.7-10.1)
であり、

両群間に有意差が見出されました。
(p < 0.01)


また、

1996-2000年の間に診断された群と、

2011-2016年に診断された群を比較すると、

CAM利用者の割合は倍増以上でした。
(+128%の増加率。 割合は、24% から54%へ増加)

さらに、

2006-2010年の間に診断された群に比べて、

2011-2016年の間に診断された群では、

ビタミンDの利用者が倍増し、
(+108%)


ビタミンEの利用者が減少していました。
(-48%)


以上のデータから、

前立腺がん患者では、マルチビタミン、ビタミンD、オメガ3系必須脂肪酸サプリメントの利用が増えていることが示唆されます。


マルチビタミンやマルチミネラルサプリメントは、潜在的な微量必須栄養素の摂取不足を予防するために、ベーシックサプリメントとしての摂取が推奨されます。

マルチビタミンサプリメントの有用性に関して、次の研究が知られています。



マルチビタミン・ミネラルと死亡率の関係:メタ解析



マルチビタミン・ミネラルサプリメントで栄養素不足が解消



野菜不足の日本人はマルチビタミン摂取によって脳卒中での死亡率が20%低下




50歳以上の米国の男性医師14,641名を対象にした研究で、

マルチビタミンによるがんリスク低減効果


(平均的な日本人を集団で対象とする場合、現代の食生活では潜在的な栄養素の不足という問題は想定されますが、マルチビタミンの投与で死亡率低下というデータまでは検出できないと思います。)

(なお、マルチビタミン・ミネラルサプリメントによる抗がん作用や死亡率低下のメカニズムとしては、ビタミンCやビタミンE、セレンといった抗酸化作用を持つ成分が、酸化障害の抑制を介して、抗がん作用および生活習慣病予防効果を示す、となります。)







------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



『天然葉酸』サプリメントは虚偽の表示



ビタミンMが認知症と脳卒中を防ぐ!―日本人が知らない健康長寿のための葉酸の効果

------------------------------------------------------------------
posted at 23:51 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/4800
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る