サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年10月  >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
ビタミンD低値は末梢動脈疾患@2型糖尿病患者 [2019年06月21日(金)]
今月の心血管疾患研究の専門ジャーナルに、2型糖尿病患者において、ビタミンDが低値であると、末梢動脈疾患(PAD)リスクが高いという相関を示した研究が、中国のグループ(Capital Medical University)から報告されていました。
(BMC Cardiovasc Disord. 2019 Jun 17;19(1):145.)



末梢動脈疾患(PAD, Peripheral Arterial Disease)の多くは下肢で発症します。

発症リスクは、心筋梗塞や脳梗塞と同様です。

PADの罹患率は、日本人では65歳以上の3.4%とされます。

糖尿病は、PADの主なリスク因子であり、
2型糖尿病の患者では、PADを発症するリスクが3〜4倍上昇し、
65歳以上の日本人糖尿病患者の12.7%で発症というデータもあります。

ビタミンDは、抗炎症作用を有しており、

ビタミンDが低値であると、生活習慣病のリスクが高くなることが知られています。


そこで、
今回の研究では、

2型糖尿病患者において、

血中ビタミンD値と、PADリスクとの関連が検証されました。


具体的には、

横断研究として、

2型糖尿病患者1,018名を対象に、


血中ビタミンD値と、

PAD罹患率(ABIで測定)との関連が検証されました。

なお、
PADは、
ABI(足関節上腕血圧比)が0.9未満で診断されています。



2型糖尿病患者の平均年齢は、
58.59 ± 11.34歳でした。

ビタミンD値が20nm/mL以上であったのは、わずかに、20.1%であり、それ以外は欠乏でした。

PADを有していな被験者に比べて、

PADと診断された患者群では、

血中ビタミンD(25(OH)D)が有意に低値でした。
(14.81&#8201;±&#8201;8.43 vs. 11.55&#8201;±&#8201;5.65&#8201;ng/mL, P&#8201;<&#8201;0.001)



PADの罹患率は、
7.7%
でした。

ビタミンD値が欠乏はしていない群(&#8805; 20&#8201;ng/mL)から、

欠乏している群(<&#8201;10&#8201;ng/mL)にかけて、

PADの罹患率は、

それぞれ、
2.8%, 7.5%, 10.7%

でした。


年齢、性別、BMI、喫煙、季節などの交絡因子で補正後、

PAD罹患率は、

血中ビタミンD値が20&#8201;ng/mL以上の患者に比べて、

10-20ng/mLの群では、3.587倍、
(95% CI: 1.314-9.790)

10&#8201;ng/mL 未満群では、5.540倍
(95% CI: 2.004-15.320),

にも達していました。
(なお、20ng/mL未満は、ビタミンD欠乏症です。
20-30ng/mL未満は、ビタミンD不足です。)


さらに、

冠動脈疾患、高血圧、脳梗塞の影響を考慮すると、

それぞれ、
3.824(95% CI: 1.378-10.615)
5.729(95% CI: 2.028-16.187)
でした。


その他、糖尿病の罹病期間、
HbA1c地、
腎機能で補正すると、
それぞれ、
3.489(95% CI: 1.100-11.062)
3.872(95% CI: 1.168-12.841)
でした。


以上のデータから、

2型糖尿病患者において、

ビタミンD欠乏では、末梢動脈疾患(PAD)リスクが高くなることが示唆されます。




先行研究では、

血中ビタミンDが低いと2型糖尿病リスクが高くなるといった研究が知られています。


ビタミンDによるインスリン抵抗性改善作用@2型糖尿病


ビタミンDが2型糖尿病での糖代謝を改善する:メタ解析


ビタミンDが糖尿病発症リスクを12%抑制傾向@NJEM



DHCでは、ビタミンD3サプリメントを製品化しています。


ビタミンDサプリメントに対する効果には個人差がありますが、

臨床的には、ビタミンDサプリメントを1,000 IU/日の用量で投与すると、血中25ヒドロキシビタミンD値が10ng/mL増加する、

という報告もあります。

マルチビタミンのビタミンDはRDAのための設定ですので、別途、ビタミンDサプリメントの利用となります。



------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



ビタミンMが認知症と脳卒中を防ぐ!―日本人が知らない健康長寿のための葉酸の効果

------------------------------------------------------------------

posted at 23:53 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/4821
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る