サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年09月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
透析患者の疲労に対するアロマセラピーの働き [2019年08月20日(火)]
今月の補完療法の専門ジャーナルに、透析患者の疲労感に対するアロマセラピーの作用を検証した臨床研究が、イランのグループから報告されていました。
(Complement Ther Clin Pract. 2019 Aug;36:64-68.)

慢性維持透析患者では、さまざまな不定愁訴がみられます。

それらの症状に対して、補完代替医療の有用性が示唆されています。


今回の研究では、

透析患者にみられる疲労に対して、

ラベンダー精油とオレンジ精油を用いたアロマセラピーの有用性が検証されました。


具体的には、

維持透析患者90名を対象に、

・ラベンダー精油アロマテラピー実施群、
(5滴の吸収群)

・オレンジ精油アロマテラピー実施群、
(5滴の吸収群)

・対照群

の3群について、

疲労スケールが調べられました。


解析の結果、

ラベンダー精油あるいはオレンジ精油の吸収群では、

介入の前後の比較で、疲労スケールの有意な減少が認められました。

これに対して、

対照群では、有意な変化は認められませんでした。

また、

アロマテラピーの2群については、
介入後の疲労スコアでの有意差は認められませんでした。

以上のデータから、

慢性維持透析患者に認められる疲労に対して、

ラベンダー精油あるいはオレンジ精油の吸入による芳香療法としてのアロマテラピーの有用性が示唆されます。




アロマテラピーは、安全性が高く、補完療法として様々な分野に用いられています。



最近の研究では、

アロマセラピーによる認知症改善作用



アロマセラピーによる術後の鎮痛効果



アロマセラピーによるストレス軽減効果@看護師



アロマセラピーによる掻痒改善効果@慢性維持透析患者


も示されています。



なお、

日本では、アロマセラピーの精油(エッセンシャルオイル)は雑貨扱いになっており、
品質が玉石混淆です。


したがって、一定以上の品質を有する、質の高いアロマセラピー製品を選ぶ必要があります。


DHCでは、アロマセラピーの関連製品を扱っています。






------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



ビタミンMが認知症と脳卒中を防ぐ!―日本人が知らない健康長寿のための葉酸の効果

------------------------------------------------------------------
posted at 23:55 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/4881
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る