サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年10月  >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
血液がん患者でのラベンダー精油による不安軽減効果 [2019年10月10日(木)]
今月の臨床腫瘍看護学の専門ジャーナルに、血液がん患者に対するラベンダー精油パッチの働きを調べた臨床研究が、米国のグループ(Christiana Care Health System )から報告されていました。
(Clin J Oncol Nurs. 2019 Oct 1;23(5):502-508.)


ラベンダー精油を用いたアロマテラピー・トリートメントは、

入院患者でのリラクゼーション目的でも行われています。


今回の研究では、

血液がん病棟の患者での有用性が検証されました。


具体的には、

患者志向型ナース介入として、

血液がんユニットの入院患者40名を対象に、

一晩のウェアラブルタイプのラベンダー精油スキンパッチを用いて、

満足度や不安指標が測定されました。

(Lavender Satisfaction Assessment およびthe Generalized Anxiety Disorder-7 (GAD-7) スケールが用いられています。)

2ヵ月の間、介入データおよび自由回答の反応が集められました。


解析の結果、

一晩のアロマテラピーパッチの利用後に、

約半数の患者が、不安がないこと、あるいは測定可能な不安がないことを報告しました。

また、
参加者は、睡眠の質及び睡眠時間での改善も認めました。


以上のデータから、

血液がん病棟での入院患者において、

ウェアラブルタイプのラベンダー精油パッチによる抗不安作用や睡眠改善作用が示唆されます。






アロマテラピーは、安全性が高く、補完療法として様々な分野に用いられています。



最近の研究では、

アロマセラピーによる認知症改善作用



アロマセラピーによる術後の鎮痛効果



アロマセラピーによるストレス軽減効果@看護師



アロマセラピーによる掻痒改善効果@慢性維持透析患者


も示されています。



なお、

日本では、アロマセラピーの精油(エッセンシャルオイル)は雑貨扱いになっており、
品質が玉石混淆です。


したがって、一定以上の品質を有する、質の高いアロマセラピー製品を選ぶ必要があります。


DHCでは、アロマセラピーの関連製品を扱っています。







------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



ビタミンMが認知症と脳卒中を防ぐ!―日本人が知らない健康長寿のための葉酸の効果

------------------------------------------------------------------
posted at 23:56 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/4932
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る