サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2020年03月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
ラベンダーアロマセラピーがメラトニンを増加する [2019年12月12日(木)]
今月の補完療法の専門ジャーナルに、ラベンダー精油を用いたアロマセラピーによる血中メラトニンを上昇させるという臨床研究が、メキシコのグループから報告されていました。
(Complement Ther Med. 2019 Dec;47:102208)



加齢により、血中メラトニン値が減少し、

高齢者では、不眠症/睡眠障害が認められるようになります。



今回の研究では、

施設に入居していない高齢者において、

ラベンダー精油を用いたアロマセラピーによる血中メラトニン値への作用が検証されました。


具体的には、

高齢男女67名を対象に、

ラベンダー精油のアロマセラピーの8セッション、4週間の介入の前後にて、

血中メラトニン値が測定されています。


解析の結果、

アロマセラピー介入後において、

血中メラトニン値の有意な増加が見出されました。
(102.3±±33.4 VS 132.5±±42.3、pg / ml, p = 0.000004)


また、

男女別の層別解析でも、

男女それぞれにおいて、

介入前に比べて、

介入後に、メラトニン値の有意な増加が見出されました。
(それぞれp = 0.00005, p = 0.026)


なお、介入の前、および介入後で、
男女の間での差は認められませんでした。

ただし、介入の前(p = 0.64)または後(p = 0.31)に2つの性別で測定値を比較した場合、これらの違いは観察されませんでした。


以上のデータから、

高齢男女において、

ラベンダー精油を用いたアロマセラピーによる血中メラトニン値の上昇作用が示唆されます。


ラベンダー精油は、不眠症/睡眠障害に対するアロマセラピーにおいて広く利用されています。


最近の研究では、


アロマセラピー+マッサージによる乳がん患者のQOL改善作用




アロマセラピーによる認知症改善作用




月経困難症に対するアロマセラピーの効果




アロマセラピーによるストレス軽減効果:メタ解析



アロマセラピーによる術後の鎮痛効果



アロマセラピーによるストレス軽減効果@看護師



アロマセラピーによる掻痒改善効果@慢性維持透析患者


も示されています。



なお、
日本では、アロマセラピーの精油(エッセンシャルオイル)は雑貨扱いになっており、
品質が玉石混淆です。


したがって、一定以上の品質を有する、質の高いアロマセラピー製品を選ぶ必要があります。


DHCでは、アロマセラピーの関連製品を扱っています。








------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



ビタミンMが認知症と脳卒中を防ぐ!―日本人が知らない健康長寿のための葉酸の効果

------------------------------------------------------------------

posted at 23:56 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/4998
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る