サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2020年03月  >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
新型コロナウイルスのリスク低減に有用なサプリメント [2020年02月02日(日)]
新型コロナウイルスは、新興感染症であり、ヒトが免疫を持っていないために、集団感染が課題となっています。

今後のシナリオとしては、かなりの数の人が罹患し、ほとんどが治り、
その過程で、集団として免疫が獲得されます。

(なお、症状には大きな差があります。普通の風邪程度で済む人もいれば、基礎疾患がある高齢者では重症化します。これは、風邪や季節性インフルエンザも同じです。)

今後、冬期を中心に、散見される呼吸器感染症として定着するとも考えられます。

したがって、過剰に反応する必要はありません。

現時点では、迅速な検査方法もなければ、(インフルエンザウイルスに対する抗インフルエンザ薬のような)治療薬もありません。

しかし、対症療法で、治すことができます。

エボラ出血熱のような重症感染症であれば、十分な対策が必要ですが、エボラ出血熱のように、致死率が50%にもなるウイルス感染症の場合、宿主である人が死んでしまうので、逆に大流行にはなりません。

今後、新型コロナウイルスによる呼吸器感染症が、流行するとすれば、それは、単に、季節性インフルエンザと同様であること、つまり、多くの人は対症療法で自然軽快する疾患ということです。


さて、
新型コロナウイルスの対策は、風邪やインフルエンザと同様です。

まず、手洗い、うがいは常識です。

マスクは、完全ではありませんが、無意味でもありません。

また、機能性食品成分により、免疫力を維持することも重要です。

私は、ビタミンD、エキナセア、ビタミンC、亜鉛をリスク低減目的で摂取しています。


サプリのミカタ〜エキナセア〜





機能性食品成分では、次の研究が知られています。


風邪・インフルエンザ対策にはエキナセア 



風邪予防にエキナセアが有用:レビュー



1日薬価4,789円のゾフルーザ錠 vs. エキナセア(30日760円)


------------------------------------------------------------------
日光浴でビタミンD不足が改善できると思いますか?



グルコサミンの風評被害by整形外科医



DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


ビタミンMが認知症と脳卒中を防ぐ!―日本人が知らない健康長寿のための葉酸の効果


------------------------------------------------------------------
posted at 23:52 | この記事のURL
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/5050
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る