サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2013年08月  >
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
乳酸菌・プロバイオティクスによる小児のアトピー性皮膚炎リスク低下効果 [2013年08月28日(水)]
今月の小児科学の専門ジャーナル(電子版)に、乳酸菌などのプロバイオティクスによる小児のアトピー性皮膚炎リスク低下作用を示したメタ解析が、米国のグループ(University of Miami)から報告されていました。
(Pediatrics. 2013 Aug 19)




先行研究では、

小児のアトピー性皮膚炎に対する機能性食品成分@メタ解析

などによって、


プロバイオティクス、プレバイオティクス、GLAといった機能性食品成分(サプリメント成分)は、

乳幼児のアトピー性皮膚炎の発症予防および重症度軽減に有効であると示唆されます。




さて、
今回の研究では、

プロバイオティクスによる小児でのアトピーや喘息リスクへの働きが検証されました。



具体的には、

小児におけるアトピー性疾患への感受性、喘息や喘鳴の予防作用について、

プロバイオティクスを用いたランダム化偽薬対照比較試験を対象に、メタ解析が行われています。




解析の結果、

プロバイオティクスによって、

IgE値の有意な低下が認められました。

(-7.59 U/mL [95%CI: -14.96 to -0.22]; P = .044)



IgE値の低下は、長期フォローアップにおいてより顕著でした。



出生以前でのプロバイオティクス(母体のプロバイオティクス)の摂取によって、アトピー感受性リスクの有意な減少が認められました。

(skin prick テスト陽性結果が12%減少)


また、出生後では、14%のリスク低下でした。



一方、

プロバイオティクスの投与は、喘息/喘鳴のリスクについての有意差は認められませんでした。

(RR;0.96 [95% CI: 0.85 to 1.07])





以上のデータから、

出生前後におけるプロバイオティクスの投与は、アトピー性疾患のリスク低下、IgE値の低下をもたらすと考えられます。









DHCでは、プロバイオティクスとして、


ビフィズス菌+オリゴ糖


生菌ケフィア


複合サプリメント(グッドスルー)


植物性乳酸菌飲料


などを製品化しています。



また、プレバイオティクスとしては、

食物繊維

があります。



------------------------------------------------------------------
医療機関専用サプリメント【DHC FOR MEDIC】(DHCフォーメディック)

医療関係者のための健康食品情報サイト【DHCサプリメント研究所】

【健康食品FAQ】

【DHCの研究開発】
------------------------------------------------------------------

posted at 23:55 | この記事のURL
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る