サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2018年02月  >
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリアーカイブ
最新記事
アスタキサンチンが糖尿病患者の内臓脂肪を減少させる、 [2018年02月02日(金)]
今月の臨床栄養学の専門ジャーナルに、2型糖尿病患者において、アスタキサンチンによる内臓脂肪の減少効果を示した臨床研究が、イランのグループ(Ahvaz Jundishapur University of Medical Sciences)から報告されていました。
(Asia Pac J Clin Nutr. 2018;27(2):341-346)



アスタキサンチンは、藻類によって産生されるカロテノイド系ファイトケミカルの1種で、抗酸化作用を介した生活習慣病のリスク低減作用などが示唆されています。


今回の研究では、

2型糖尿病患者において、

アスタキサンチンによる脂質代謝・糖代謝および体組成への作用が検証されました。


具体的には、
ランダム化偽薬対照試験として、

2型糖尿病患者44名を対象に、

・アスタキサンチン(8mg/日)投与群、

・偽薬投与群

の2群について、

8週間の介入試験が行われています。


解析の結果、

8週間のアスタキサンチン投与によって、

介入前と比べて、

血中アディポネクチン値の有意な増加、

内臓脂肪量の有意な減少、
(p<0.01),

血中トリグリセリド(中性脂肪値)およびVLDLコレステロール値、収縮期血圧の有意な減少
(p<0.05)
が見出されました。


また、

アスタキサンチン投与群では、

血糖値の指標であるフルクトサミン値の有意な低下が認められ、
(p<0.05)

血糖値の低下傾向が示唆されました。
(p=0.057)


以上のデータから、


2型糖尿病でのアスタキサンチンによる内分泌代謝関連指標の改善作用が示唆されます。


今後、補完療法としての臨床的意義の検証が期待されます。

アスタキサンチン 30日分
若返りビタミンの1,000倍パワーで、若々しさ、美しさをサビから守る!
通常価格
\1,440(税込\1,555)




DHCでは、

肥満・糖尿病・アンチエイジング・ヘルシーエイジング(健康長寿)のための食事として、

「‘ゆるやか’糖質制限」(緩やかな糖質制限食・低炭水化物食)を推奨しています。



最新の科学的根拠を俯瞰すると、

「緩やかな糖質制限食・低炭水化物食」を基本とした食生活が、

「ヘルシーエイジング(健康長寿)」

「ダイエット(適正体重の維持)」

「アンチエイジング(抗加齢)」

に有用であると考えられます。







------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------


posted at 23:56 | この記事のURL
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る