サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年02月  >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリアーカイブ
最新記事
自閉症スペクトラム障害に対する補完代替医療(CAM)の利用状況@ドイツ [2019年02月10日(日)]
今月の精神科研究の専門ジャーナルに、自閉症スペクトラム障害(ASD)に対する補完代替医療(CAM)の利用状況を調べた研究が、ドイツのグループ(Carl von Ossietzky University Oldenburg)から報告されていました。
(BMC Psychiatry. 2019 Feb 1;19(1):53.)


補完代替医療(CAM)は、健康な人が健康増進や未病対策で利用するだけではなく、

慢性疾患を有する患者が、標準治療への補完療法として利用することもあります。


今回の研究では、

ドイツにおいて、

自閉症スペクトラム障害(ASD)の成人患者におけるCAMの利用状況が調べられました。

(先行研究では、ASDの小児や青少年での調査はありますが、)


具体的には、

ドイツのASD外来4か所において、

2015年11月から2016年6月にかけて、

成人のASD患者を対象に質問票による調査が行われ、

192名のデータが解析の対象となりました。

(回答率26.8%、平均年齢31.5歳、 男性80%

診断の内訳は、
アスペルガー症候群; 58%

小児自閉症;27%

非定型自閉症;12%

でした。

回答者の45%が、これまでに何らかのCAMを利用したことがある、もしくは現在利用している、と回答しました。


生涯にわたるCAM利用については、

半数が、2種類以上のCAM療法を使っていました。

代替医療システム(ホメオパシーや鍼)が最もよく利用されており、

心身介入療法(ヨーガ、バイオフィードバック、動物介在療法)が続いていました。

また、20%の回答者が、
将来、何らかのCAM両方を利用しようと思うと答えました。


以上のデータから、

成人ASD患者では、

CAMが利用されていることから、適切な情報提供が必要であると考えられます。


機能食品成分も、精神神経科分野での有用性が報告されています。

マルチビタミンミネラルCoQ10オメガ3サプリメントによる自閉症への効果



葉酸+マルチビタミンサプリメントが自閉症リスクを半減



葉酸サプリメントの自閉症スペクトラムに対する有用性


妊娠中の葉酸サプリメント摂取が自閉症リスクを低減:系統的レビュー



ビタミンD3サプリメントによる自閉症スペクトラム障害改善


ビタミンDによる自閉症スペクトラム障害改善作用



双極性うつ病に対するコエンザイムQ10の補完療法としての有用性


コエンザイムQ10が自閉症ASDの小児において抗酸化作用を示す



------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


グルコサミンの風評被害by整形外科医 


サプリメントがファーストラインとなる病態:レビュー 


研究と利害の衝突@抗インフルエンザウイルス剤


研究と利害の衝突についてのルール作成


コクランの妥当性



はじめまして、DHC健康食品です



「DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット」で体質や疾患感受性を判定


サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック―機能性食品の適正使用情報


DHC医薬品通販

医師や薬剤師など専門スタッフがしっかりサポート、DHCの医薬品は、かぜ薬、消炎・鎮痛剤、外皮用薬など商品も充実。



------------------------------------------------------------------


posted at 23:51 | この記事のURL
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る