サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年03月  >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリアーカイブ
最新記事
えごまや亜麻仁油ではなく魚油が脂質代謝を改善し炎症を抑制する [2019年03月26日(火)]
今月の分子栄養学の専門ジャーナル(電子版)に、高コレステロール血症患者において、EPA+DHAと、α-リノレン酸の投与による脂質代謝および炎症マーカーへの作用を比較検証した臨床研究が、中国のグループ(Guangzhou Medical University)から報告されていました。
(Mol Nutr Food Res. 2019 Mar 22:e1801157.)


オメガ3系必須脂肪酸には、

えごま油や亜麻仁油に含まれる植物性の脂質であるα-リノレン酸、

魚油に含まれるEPAやDHAがあります。


α-リノレン酸は、体内でEPA、DHAに変換されますが、その効率は非常に低く、臨床的には、オメガ3系脂肪酸として魚油であるEPAやDHAを摂るほうが有用性が高いと考えられます。


今回の研究では、

高コレステロール血症患者における脂質代謝および炎症マーカーへの作用について、

EPA+DHAと、α-リノレン酸(ALA)の働きが比較されました。



具体的には、

ランダム化二重盲検試験として、

高コレステロール血症患者123名(平均年齢53.3 ± 5.2歳)を対象に、

@対照群、

A低用量のALA, 4.2 g/d

B高用量のALA, 7.2 g/d

C低用量のDHA+EPA, 1.8 g/d

D高用量のEPA+DHA, 3.6 g/d

の5群について、12週間の投与試験が行われ、

脂質代謝および炎症マーカー、

末梢血単核球での脂肪酸組成、単核球由来のin vitro系でのIL-6、TNF-αが測定されました。


解析の結果、

12週間の介入後の時点で、

EPA+DHAの魚油投与群では、

中性脂肪値が、

低用量の魚油では11.99%、

高用量の魚油では15.78%

それぞれ有意に低下しました。


また、この変化は、

対照群に比べて、有意な低下でした。
(P < 0.05)

末梢血単核球を用いたin vitro系での測定では、

IL-6の産生は、EPA+DHAの高用量投与群において、

他の介入群に比べて、

有意な減少が見出されました。
(P = 0.046)


以上のデータから、

中高年の中国人の高コレステロール血症患者において、

EPA+DHAのサプリメント投与による中性脂肪値の改善作用、抗炎症作用が示されました。

一方、α-リノレン酸(ALA)では、これらの作用は検出されませんでした。



最近、日本でも、えごま油が、植物性オメガ3系脂肪酸を含む食用油として販売されています。

しかし、無駄に高価であり、かつ、エビデンスレベルは、抗炎症作用や抗アレルギー作用が予備的な研究で示されている程度です。

EPAやDHAについては、はるかに多くのエビデンスが構築されており、青魚の摂取やサプリメントの利用によって摂ることができます。

また、調理オイルとしては、
えごま油や亜麻仁油よりも、
エクストラバージンオリーブオイルの有用性が確立しています。

今回の研究でも、改めて、生活習慣病のリスク低減に対して、α-リノレン酸(ALA)よりも、EPA+DHAのほうが有用であることが示されました。



EPAやDHAといったオメガ3系必須脂肪酸は、抗炎症作用を有しており、

心筋梗塞など心疾患の予防、動脈硬化性疾患のリスク低減、うつ病や認知症リスク低減など多彩な作用が知られています。



DHCでは、オメガ3系必須脂肪酸サプリメントを製品化しています。



EPA、
(EPA 30日分 \950(税込\1,026))




DHA、
(DHA 30日分 \1,191(税込\1,286))






------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


ビタミンMが認知症と脳卒中を防ぐ!―日本人が知らない健康長寿のための葉酸の効果

------------------------------------------------------------------

posted at 23:54 | この記事のURL
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る