サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年04月  >
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
紅麹が統合失調症患者の認知機能障害を改善する [2019年04月02日(火)]
臨床精神薬理学の専門ジャーナル(電子版)に、統合失調症患者での認知機能障害(Cognitive deficits)に対する紅麹の作用を検証した予備的な臨床研究が、米国のグループ(Seton Hall University)から報告されていました。
(J Clin Psychopharmacol. 2019 Mar 27.)


統合失調症患者における認知機能障害(Cognitive deficits)は、疾病転帰に影響し、リアルワールドでの生活に障害をきたします。

病態にはさまざまな背景が考えられますが、
レドックスのインバランスも想定されます。

紅麹は、高コレステロール血症、LDLコレステロール対策の定番のサプリメントですが、抗酸化作用や抗炎症作用を有することから、

今回の研究では、

統合失調症患者での認知機能障害に対する働きが検証されました。


具体的には、、

安定した向精神薬治療を受けている、
18歳から60歳の統合失調症患者35名を対象に、

1日あたり200mgの紅麹(モナコリンKを11.88 mg含有)サプリメントを12週間投与し、

神経精神学的所見が検証されました。

(ウィスコンシンカード分類課題;Wisconsin Card Sorting Test [WCST], Verbal Fluency, and Stroop task,Brief Psychiatric Rating Scale)



解析の結果、

紅麹投与により、

ウィスコンシンカード分類課題(WCST)の複数の指標での有意な改善が認められました。
( "perseverative errors" (P = 0.015), "total errors" (P = 0.017, P = 0.001), phonemic fluency test (P = 0.008))

また、
WCSTでの指標の改善傾向も認められました。
("nonperseverative errors," "perseverative responses," "categories")

なお、効果のサイズは、いずれも小さいとされました。

その他の臨床指標での有意な変化はなく、

有害事象も認められませんでした。


今回の研究は、オープンラベル試験での前後比較であり、対照群がなく、予備的な試験ですが、

統合失調症の認知機能障害に対する紅麹の一定の有用性が示唆されます。


今後、補完療法としての検証が期待される分野です。


統合失調症や精神疾患では、

まず、ビタミンB群、オメガ3系脂肪酸の投与は必須です。


また、抗炎症作用のあるビタミンD3も必要でしょう。

その他の機能性食品成分として、今回の紅麹の意義などの検証が期待されます。



統合失調症の発症前にはビタミンD不足と葉酸不足が先行:メタ解析





DHCでは、安全性、有効性、経済性(費用対効果)に優れたサプリメントを製品化しています。



ビタミンD3
(ビタミンD3 30日分 \286(税込\308))   ⇒1ヵ月分は約300円。





脂質異常症・高脂血症対策のサプリメントの定番は、紅麹です。


DHC濃縮紅麹では、4週間の投与で、総コレステロール値の低下、LDLコレステロール値の低下といった作用が見出されています。

(DHC紅麹濃縮エキス末180mgには、モナコリンKが2.7mg含まれています。)



紅麹の安全性と有効性は、メタ解析でも確認されています。

紅麹による脂質代謝改善作用@メタ解析



------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


ビタミンMが認知症と脳卒中を防ぐ!―日本人が知らない健康長寿のための葉酸の効果

------------------------------------------------------------------
posted at 23:56 | この記事のURL
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る