サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年05月  >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
ゴマによる高血圧改善作用:メタ解析 [2019年05月12日(日)]
食物科学の専門ジャーナルに、ゴマの摂取による降圧作用を示した系統的レビュー/メタ解析がオーストラリアのグループ(Griffith University)から報告されていました。
(J Sci Food Agric. 2017 Aug;97(10):3087-3094.)


高血圧は、

心筋梗塞や脳卒中、腎臓病などのリスクになります。

日本では、高血圧の患者は約4300万人と推計されています。

このうち、降圧目標に到達しているのは2016年時点で1200万人しかいません。

「高血圧治療ガイドライン2019(JSH2019)」(日本高血圧学会)では、
高血圧の基準値は、

診察室血圧が140/90mmHg、

家庭血圧が135/85mmHgです。

(収縮期血圧あるいは拡張期血圧のいずれか一方を満たせば、高血圧です。)

最近の研究では、血圧は低いほど、脳梗塞や心筋梗塞などの合併症のリスクが減ることが示されています。

さて、

ゴマには、
不飽和脂肪酸、食物繊維、植物ステロール、リグナン類が含まれており、

血圧への好影響が示唆されます。


そこで、
今回の系統的レビュー/メタ解析では、

ゴマの摂取による血圧への作用が検証されました。


具体的には、

主要医学データベースを用いて

(PubMed (MEDLINE), Cumulative Index to Nursing and Allied Health Literature (CINAHL) and Cochrane Library (Central) databases)

2016年8月までに収載された論文が検索され、

ランダム化比較試験RCTの8報、

843名のデータがメタ解析の対象となりました。


メタ解析の結果、

ゴマの摂取により、

収縮期血圧の低下、
(-7.83 mmHg, 95% CI: -14.12, -1.54; P < 0.05, I2 &#8201;=&#8201;99%)

拡張期血圧の低下、
(-5.83&#8201;mmHg, 95% CI: -9.58, -2.08; P < 0.01, I2 &#8201;=&#8201;98%)

が示唆されました。

次に、
層別解析として、

異質性を低下させた、質の高い4報でのメタ解析では、

収縮期血圧の有意な減少
(-3.23&#8201;mmHg, 95% CI: -5.67, -0.79; I2 &#8201;=&#8201;33%)

拡張期血圧の低下傾向
(-2.08&#8201;mmHg, 95% CI: -4.85, 0.69; I2 &#8201;=&#8201;62%)

が見出されました。


以上のデータから、

ゴマの摂取による高血圧改善作用が示唆されます。




ゴマのたんぱく質に由来するゴマペプチドがACE阻害作用を有しており、高血圧を改善することが知られています。

そこで、日本では、ゴマペプチドを含むトクホや健康食品が販売されています。

DHCは、高血圧対策のサプリメントとして、ゴマペプチドを製品化しています。

ゴマペプチド 30日分

小さなゴマに秘められた大きなパワーを手軽に




高血圧に対しては、コエンザイムQ10もお勧めです。

直接的な降圧作用を期待するというよりは、

未病改善のためのベーシックサプリメントです。



最新の高血圧の診断基準(JSH2019)


高血圧での生活習慣の修正項目



高血圧対策の機能性食品として、次の報告があります。



レスベラトロールが高血圧を改善する:系統的レビュー


L-シトルリンによる高血圧改善作用:メタ解析


ピクノジェノールによる高血圧改善作用:メタ解析


紅麹+コエンザイムQ10サプリメントによる高血圧と脂質異常症改善効果



食物繊維の摂取による高血圧リスク低減効果



拡張期血圧に対するビタミンDの降圧作用:メタ解析


ナットウキナーゼによる高血圧改善作用</リンク


緑茶による高血圧・脂質代謝改善@メタ解析


緑茶による高血圧改善作用:メタ解析 


ココア/カカオポリフェノールの高血圧改善効果:コクランレビュー





------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



『天然葉酸』サプリメントは虚偽の表示



ビタミンMが認知症と脳卒中を防ぐ!―日本人が知らない健康長寿のための葉酸の効果

------------------------------------------------------------------
posted at 23:56 | この記事のURL
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る