サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2019年07月  >
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
神経膠腫(グリオーマ)リスクとお茶・コーヒーの摂取 [2019年07月16日(火)]
今月のがん研究の専門ジャーナル(電子版)に、お茶およびコーヒーの摂取と、神経膠腫(グリオーマ)リスクとの関連を検証した疫学研究が、米国のグループ(Brigham and Women's Hospital and Harvard Medical School)から報告されていました。
(Int J Cancer. 2019 Jul 15.)


これまでの疫学研究によって、コーヒーの摂取による生活習慣病リスクの低下が知られています。


例えば、コーヒーの摂取による2型糖尿病リスク低下、脳卒中リスク低下、うつ病リスク低下、肝がんリスク低下、認知機能の低下抑制などがあります。

コーヒーに含まれるポリフェノールの1種、クロロゲン酸の抗酸化作用などの作用を介した効果と考えられています。


緑茶には、カテキンと、テアニンが含まれています。

カテキンは、ポリフェノールの一種で、タンニンと呼ばれてきた緑茶の渋みの主成分です。

カテキンは、一番茶では約12〜14%、二番茶では約14〜15%と増加します。

玉露のように光が当たらないよう被覆栽培されるものは、カテキンの生成が抑えられ、煎茶よりも少なくなります(その代わり、玉露にはテアニンが多く含まれます)。

緑茶カテキンの抗がん作用も知られています。

これまでの観察研究では、

緑茶やコーヒーの摂取によるがんリスク低減作用が示されています。

ただし、神経膠腫(グリオーマ)への作用は明確ではありません。
(神経膠腫(しんけいこうしゅ)は、悪性の脳腫瘍の1つです。グリオーマとも呼びます。
神経膠腫は、神経膠細胞から発生します。)

そこで、今回の研究では、

お茶、コーヒー、カフェインの摂取と、

神経膠腫(グリオーマ)リスクとの関連が検証されました。


具体的には、
ナースヘルス研究(Nurses' Health Study (NHS))の女性、
ナースヘルス研究U(Nurses' Health Study II (NHSII))の女性、
および、Health Professionals Follow-up Study (HPFS)の男性を対象に、

質問票による食事調査及び、診療記録からのグリオーマの診断が調べられました。


554例のグリオーマが見出されました。
(256例 in NHS, 87例 in NHSII, 211例 in HPFS)


解析の結果、

茶飲料の摂取について、

1週間あたり1杯未満の摂取群に比べて、

茶飲料の高摂取群は、

グリオーマリスク低減傾向が見出されました。

1日2杯以上では27%のリスク低減傾向
(HR = 0.73, 95%CI: 0.49-1.10 for >2 cups/day, p-trend = 0.05),

次に、
性別の解析では、有意差は見出されませんでした。
(女性;HR = 0.74, 95% CI 0.47-1.18 for >2 cups/day, p-trend = 0.11)
(男性;HR = 0.70, 95%CI 0.30-1.60 for >2 cups/day, p-trend = 0.30)


なお、

コーヒーの摂取と、グリオーマリスクとの間には有意な相関は見出されませんでした。


以上、3つの大規模な前向きコホート研究の結果から、

緑茶の摂取によるグリオーマリスク低減作用が示唆されます。




緑茶に関する最近の研究では、次の報告があります。


緑茶による高血圧・脂質代謝改善@メタ解析


緑茶による高血圧改善作用:メタ解析 


コーヒーと茶飲料によるメタボリック症候群リスク低下


緑茶による酸化ストレス軽減作用@高齢者


緑茶による高齢者での認知機能改善効果


緑茶カテキンによる運動時の抗酸化能亢進作用


緑茶による報酬学習の改善と抗うつ作用


緑茶による脳内炎症抑制と脳神経保護作用


緑茶エキスにより大腸腺腫リスクが58%低下する


DHCでは、緑茶の機能性食品成分を含むサプリメントを製品化しています。


緑茶カテキン
お茶のパワーでトラブルに負けない身体に



ポリフェノール
4種類のポリフェノールを手軽に補給




------------------------------------------------------------------

DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。



ビタミンMが認知症と脳卒中を防ぐ!―日本人が知らない健康長寿のための葉酸の効果

------------------------------------------------------------------
posted at 23:56 | この記事のURL
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る