サプリ研究の第一人者、蒲原先生の公式ブログです。

2020年02月  >
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
亜鉛サプリメントによる高血圧改善作用:系統的レビュー/メタ解析 [2020年02月29日(土)]
新型コロナウイルスによる呼吸器感染症対策として、また、冬期の風邪/インフルエンザリスク低減のために、私は、ビタミンD、エキナセア、ビタミンC、亜鉛を摂っています。

(手洗い、うがい、マスクは、当然です。)



新型コロナウイルスのリスク低減に有用なサプリメント



なお、今後のシナリオとしては、

新規感染症のため交代を持っている人がいないため、一定程度、流行し、

その後、集団免疫が獲得され、終息に向かいます。


今後、冬期に、ごく一般的な風邪やインフルエンザような呼吸器感染症の一つとして認識されていくと思われます。

さて、今日の私的なお勉強日記です。今月の栄養学の専門ジャーナル(電子版)に、亜鉛サプリメントによる高血圧改善作用を示した系統的レビュー/メタ解析が報告されていました。
(Eur J Nutr. 2020 Feb 24.)


日本では、4000万人以上が高血圧とされています。

日本人の高血圧の主な原因は、食塩の過剰摂取と、肥満に伴う高血圧です。

心血管の健康維持に必要な食品成分として、オメガ3系必須脂肪酸(EPAやDHA)、マグネシウムが知られています。

日本人の平均的な食生活では、

食塩の過剰摂取、

カルシウム、マグネシウム、亜鉛の摂取不足

が課題として示されています。



先行研究では、

亜鉛サプリメントによる血圧への作用が示唆されてきました。


そこで、

今回の系統的レビュー/メタ解析では、

成人において、

亜鉛サプリメント投与による血圧への作用を検証したランダム化比較試験のメタ解析が行われました。


具体的には、


主要医学データベースを用いて、
(PubMed/Medline, Scopus, ISI Web of Science, and Google Scholar)

2019年9月までに収載された論文から、

成人を対象に、

ランダム化比較試験として、亜鉛サプリメントの経口投与による血圧への作用を検証した研究が検索されました。


9報が系統的レビュー/メタ解析の対象になりました。


解析の結果、

亜鉛サプリメント投与により、

対照群と比べて、


収縮期血圧の有意な低下が見出されました。
(WMD - 1.49 mmHg; 95% CI - 2.85 to - 0.13; P = 0.03)


一方、

拡張期血圧では、有意な変化は検出されませんでした。
(WMD - 0.88 mmHg; 95% CI - 2.04 to 0.29; P = 0.14)


また、

収縮期血圧及び拡張期血圧のいずれに対しても、

用量や投与期間に関して、線形の相関は認められませんでした。


以上、
今回の系統的レビュー/メタ解析から、

成人において、亜鉛サプリメント投与による高血圧への好影響が示唆されます。




必須ミネラルの亜鉛は、普段の食生活では不足しがちです。

亜鉛は、生体の機能維持に必須なミネラルであり、不足すると、味覚障害などの症状が生じます。


学会のガイドラインでは、亜鉛は、褥瘡患者の栄養補給に推奨されています。
(2015年には、医療関係の学会のガイドラインにより、コラーゲン加水分解物が、褥瘡患者への栄養補給に推奨されました。)

また、セックスミネラルとしても知られています。


以前から、糖尿病の発症や進行に、亜鉛代謝異常が関与することが報告されています。

亜鉛は、タンパク質の構成因子や機能調節因子として重要な役割を果たしています。

糖代謝への作用としては、これまでに次のようなことがわかっています。

まず、糖尿病患者での血清亜鉛濃度の低下は、比較的軽微なことが多く、
亜鉛欠乏が糖尿病と直結することを示す報告は少ないといえます。

一方、米国での前向きコホート試験では、
82,000名の対象者で、栄養摂取状況が調査され、亜鉛摂取に応じて対象者を5群に分けて解析した結果、
亜鉛摂取が最も低い群では、最も多い群と比較して、約17%糖尿病の発症リスクが高いことが見出されました。

さらに、
肥満のブラジル人を対象とした介入研究では、

1日あたり30mgの亜鉛サプリメント摂取によってインスリン抵抗性の改善が示されています。

その他、
横断研究では、
亜鉛摂取が糖尿病やメタボリックシンドロームを減少させることも報告されています。


亜鉛は、ベーシックサプリメントとして摂取が必要です。


亜鉛 30日分

【栄養機能食品(亜鉛)】

必須ミネラルで、バイタリティあふれるカラダに


マルチミネラル、
(マルチミネラル 徳用90日分【栄養機能食品(鉄・亜鉛・マグネシウム)】\1,239(税込\1,338))  ⇒1ヵ月分は約450円。





------------------------------------------------------------------
日光浴でビタミンD不足が改善できると思いますか?



グルコサミンの風評被害by整形外科医



DHCは、トータルヘルスケア企業として地方自治体と連携し、健康づくり事業に取り組んでいます。ふるさと納税にも協力し、地方創生を支援しています。
地域での健康長寿社会の実現に、DHCとして貢献できるように努めています。


ビタミンMが認知症と脳卒中を防ぐ!―日本人が知らない健康長寿のための葉酸の効果


------------------------------------------------------------------
posted at 23:54 | この記事のURL
プロフィール


医学博士 蒲原聖可
自己紹介
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/kamohara/index1_0.rdf
ログイン
Mypagetopに戻る