2017年11月  >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ブログのURL送信
http://www.dhcblog.com/kappako/index1_0.rdf

グラフ
ログイン
Mypagetopに戻る
生体認証 [2017年10月26日(木)]
いわゆるバイオメトリックスというものですが、この間読んだリーディングの教科書に載っていた。

E−パスポートというのがあれば、個人のデータと指紋や虹彩のデータが一致しさえすれば本人だと認められて入国管理官と話もせずにそのまま通り抜けられるというもの。

それは便利だけれど、ひとたび政府にとって不都合な人間だと特定されれば否応なくしょっ引かれる可能性もあるそうな。

***

自分が自分であることの証明を機械がすべてやってくれる世の中って、どうなんだろう。

例えば、今の記憶とか、感情をすべて失くしてしまった状態でも機械が
「お前はおまえ自身だ」と否応なく証明してくれる。

だけど、それって本当にその人自身だと言えるのかな・・・

その人を形成する内面がなくなっても、外側の肉体だけあれば、その人の証明ができるんだな…

自分が自分であることの証明って、どうすればできるのかな・・・

今まではそんなこと考える必要も証明する必要もないくらい当たり前に私は私自身だったけれど、最近ではちょっとわからなくなってきた。

過去に自分が言った言葉やその時に考えていたことが今の私には覚えが無かったり、全然違うことを考えていたり…(単に物忘れが激しくなっただけなのかもしれないけど、これって、自分のことを信用できなくなるには十分だったりする)

***



そういえば、以前私の職場には静脈認証の機械があって、それで資料やテストの成績などを教務課に送って保存してもらったりしたんだけど、冬場は私の手が冷たすぎるのか、静脈認証が反応しなくて、朝30分も早く行って、あったかいコーヒーを握りしめながら機械と格闘したけれど、結局できなくて。


で、何年かしてその機械自体が撤去されたから、もしかして、静脈が反応しなかったのは私だけじゃなかったのかも。


ちなみに、このパソコンは顔認証機能もついているんだけど、私の顔の代わりに次女の顔でもログインができるのって、なんで?
リハビリなう [2017年08月03日(木)]
ひたすらにのどかな田んぼ道。




川沿いの遊歩道にひまわり。



こうやって自転車で後何回走れるのかな。  あと何回無事に帰ってこれるかな。

・・・なんてことを考えた。

昨日と今日、いい感じに曇りだったので、久しぶりに自転車で出かけてみた。

まぁ、リハビリってことで。

それと、この前、自宅から10キロ地点でリアタイヤがパンクして 引いて帰れない距離じゃなかったからいいけれど、それ以上行くと何かあっては怖いので、あまり遠くには行かないようにしたっていうのもある。

***




先週の木曜日、追試が終わってみんながいなくなってから、教室で倒れた。

午前中から胃が痛くて保健室で薬をもらって飲んだけど、全然よくならなかったので、2時間後にまたもう一錠無理言ってもらって飲んだら、そこからしばらくして気分が悪くなってきて、どうも貧血を起こしたっぽい。

倒れた時頭打ってコブが出来た。 しばらく教室の床で寝ていたけど、これじゃヤバイから、何とか起き上がってとりあえず保健室で休ませてもらおうとしたら、救急車を呼ばれて、気が付いた時には病院にいた。 (ちゃんと受け答えして多っぽいけど、正直何を言ったかあまり覚えていない。とにかく休んでうちに帰りたかった)


結局次の日も授業と試験があるので、絶対に入院はしたくないとごねて 主人の病院にまた搬送されて、その日の夜にタクシーで内に帰り着いた。

やれやれ。

次の日は熱でフラフラになりながら何とか電車で職場に行って、置きっぱなしの車で帰ってきたけれど、やっぱり年のせいか、回復が遅くて、4日ほど寝たり起きたりの生活で。

昨日あたりからやっと復活した。


検査の結果は特に異状なし。

こんなに突然具合が悪くなるってこと、あまりないんだけど、大げさになっちゃった。



過労っていうほど働いてないし、ストレスも特にないし。
なんだったんだろう。




とりあえず、前期は無事に終了。




| 次へ