嵐とNEWS、ジャニーズの大ファン。彼らの素敵なところを絶賛応援していきたいと思い、ブログ名を「絶賛の嵐」にしました。このブログを音も画像もない不思議なラジオだと思って、楽しんでいただければうれしい限りです。話題も満載!ちょっとHなおハナシも!!時に楽しく時に厳しく世の中の出来事を斬る!そしてもしもこんなCM、妄想大奥物語、もしもこんな曲をジャニーズの皆さんがカバーしたら・・などのコーナーや人間観察なども登場します。
ジャニーズ事務所様!ここに登場するジャニーズのみなさまは広く愛されているからこそ登場します。是非、寛大なお心で見守っていただけると幸いでございます。
日々書きためている恋愛詩や人生の詩も、少しずつ発表したいです。さらりと受け流してお楽しみください。

2017年09月  >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
パープル・ブルー・クリスタル [2017年09月22日(金)]
    パープル・ブルー・クリスタル


シルバーメタリックのBMWに乗せられて
ライトに導かれるようにハイウェイを駆け抜ければ
そこはもう銀座

夜の銀座は美しく
まるでその光は
パープル・ブルー・クリスタル

洒落たレストランであなたと楽しむ
初めてのふたりきりのデート

外に出て手をつないで走ってみれば
そよ風に吹かれて わくわくする

かくれんぼのつもりで入った裏通りで
人目も気にせず いきなりのキス

このまま時が止まってしまえばいいのに

パープル・ブルー・クリスタルの光に包まれた夜は
ここから始まる










posted at 18:00 | 恋愛詩 | この記事のURL
日本相撲協会さま〜! [2017年09月22日(金)]
おはようございます。ちなみに大相撲、みなさまはご覧になっていますか?思うに、大相撲って、いつも、一場所終わると、また新しい場所が始まっちゃう。で、数えると年間6場所あるんですよね。1場所終わって1か月もすればまた次の場所が始まっちゃう。

わたくしお姉さま、思うんですよね・・・。
「これじゃあ、ケガしちゃったら次の場所までの回復って、厳しいよなあ・・・・」って。

マジメな力士さんはケガをおしてでも無理をして出場して、また悪化して、結果、休場が長引いちゃったり・・・。その間、地方巡業もあるし、治療、リハビリを満足にする時間も少なさそうに思っちゃう。

今場所は休場力士が多くて、ちょっとさみしいですねえ。高安も、今回肉離れをおこさなければ優勝の絶好のチャンスだったので、非常に残念!!まあ、こればっかりはしょうがないですからね・・・。


お姉さまの生まれる、はるか昔の昭和28年までは年間4場所だったんですよね。

それが昭和32年に、九州場所が加わり、昭和33年に名古屋場所も加わり、現在の6場所となっているわけでございます。

やっぱり4場所のほうが良かったんじゃないかな・・・?余計なお世話だとは思うけれど、力士のみなさまは実際、どう思っていらっしゃるんでしょうね。聞いてみたいなあ。

ちなみに、

1月   初場所
3月   春場所(大阪)
5月   夏場所
7月   名古屋場所
9月   秋場所
11月  九州場所

の年間6場所です。

7月の名古屋場所って・・・暑いよね・・・。心の中じゃ、「くっそー!暑いんだよ!!7月8月は休ませてくれ〜!!バカヤロー!」なんて思ってたりして・・・・!わたしなら素直に「バカヤロー!!」って言っちゃうけどね・・・・。


マジ、地方巡業もあるわけだから、忙しいと思うなあ。


相撲協会さ〜ん!もう少しマイぺースでもいいですよ!!

モチベーションを程よく保つためにも、マジでもうちょっとスローペースにしてもいいんじゃなかなあ・・・・・って思ったりしますが・・・・。

ちなみにわたしが大好きだったのは、大乃国(現・芝田山親方)なんですよね。理由は、お肌がキレイだから!! スイーツ大好きだし、今でもお茶目でイイよね!

あと、雅山も良かったなあ。理由は、お尻がキレイだったからよ!!





posted at 09:00 | バカヤロー!シリーズ | この記事のURL
秋風の愛撫 [2017年09月21日(木)]
     秋風の愛撫


幾つもの台風が過ぎ去り
気が付けば もう 秋の終わり

虫の音もさみしげに鳴いている

窓から入り込む秋風に
やさしく体を撫でられた

テーブルに飲みかけの缶ビールを置いて
気怠い体に風を感じながら

ふと 後ろから抱きしめられた
あなたに

温かい体温を感じながら
風と戯れる

幸せな夕涼み





posted at 19:05 | 恋愛詩 | この記事のURL
秋雨前線のいたずら [2017年09月20日(水)]
   秋雨前線のいたずら


ゆれる恋心

この先もあなたと一緒にいようかな
どうしようかな

心に長雨を降らせ 悪さをする

気怠さを呼ぶ 秋雨前線


ゆれる気持ちは
変わりやすい秋の空

さよならしたくなる時もあれば
やってくる冬にぬくもりを求めたくて
やっぱりあなたといたいと思ったり

まるで振子のように








posted at 18:00 | 恋愛詩 | この記事のURL
ジャニーズ・フェロモン [2017年09月20日(水)]
みなさーん、おはようございます!ちょっと涼しいですね。ということで、何の関係もありませんが、一昨日はテレ朝で「MステウルトラFES」を10時間生放送でやっておりましたね〜!録画したので早速昨日、いつもの早送りで「ジャニーズ」をさがしながら見ました。

で、わたくしお姉さまが興奮したのはジャニーズの「フェロモン対決」ですよ!!

Sexy Zone が 「Lady ダイヤモンド」
NEWSが わたくしの大好きな「チャンカパーナ」 

で、フェロモン対決で歌う企画ね

Sexy Zone も、3名が成人されたということで、マジでセークシ〜になってきましたわね!!今後もますます期待できるわ〜 5人のうち3人が3月生まれっていうのも面白いね。
    ↓
ちなみに、わたくしは「佐藤勝利クン」推しです!!なんか、ちょっと・・・好き いいわ・・・あの感じ・・・・。


NEWSの「チャンカパーナ」、マジでテレビで聴けて良かったな〜!!やっぱりNEWSは30代の色気がマジでムンムンしててサイコーだね!
    ↓
歌の中の4人それぞれのセリフ
「美しい恋にする 美しい恋にするよ
 美しい恋にするから 約束するよ、チャンカパーナ」
のところを、
今回テレビでは
「好きなんだよ、マジで 好きなんだよ、マジで
 好きなんだよ、マジで  約束するよ、Lady ダイヤモンド」
というふうにセリフを変えてるんですよ〜!!
きゃ〜 ス・テ・キ過ぎるじゃないのよ〜!!

小山くんの投げキッス・・・・良かったよ・・・・

あ〜手越クンが「好きなんだよ マジで」と、こっちを見てアップで言ってくれちゃってるし〜!!お姉さま、撃沈されましたわ!!もうダメ!サイコー!!

それでもって、手越クンの、歌の最後の締めの「チャンカパーナ〜〜〜〜〜〜!!」♪♪っていう、伸びのある歌声での締め!!サイコーだね!!


フェロモン対決はやっぱり年の功の大人のNEWSの勝ちよ


あ〜フェロモン・・・・嗅ぎたい・・・マジ・・・ちょーだい!!
カモ〜ン!!
   ↓
きっとフェロモンって、脳で感じるんだろうね・・・・


ジャニーズのフェロモンって、サイコーだよね


posted at 09:00 | ジャニーズ | この記事のURL
とてもHな銀行用語! [2017年09月19日(火)]
みなさまこんにちは〜!さて!本日は(いや、本日も・・かな)、ちょとHな話題でガンガンいきましょう!みなさまのお勤めの会社にも、その業種、ギョーカイの特殊用語や略語、隠語ってあると思うのですが、銀行にはけっこうHな略語、隠語があるんですよ おそらく何も知らない人が聞いたら、「え-----------!?マジ、ヤバくない!?」というHなコトバがあるんですよ!

「Hな銀行の略語」

1)「ダイテ」

代金取立手形のことを ”代手” (だいて)と略します。

3時に窓口が閉まったあとは、ひたすら計算を合わせたり、事務処理に追われます。その中で行われる会話は、以下の通りです:


女子行員:「課長〜!ダイテくださ〜い!」

課長:「ダイテだって?今ダメなんだ〜。もうちょっと待ってくれる!?今、忙しいんだ。今、タメテで手いっぱいだから!」

女子行員:「タメテより早くダイテください!」

課長:「あ〜・・・・もーちょっと待ってね〜!」

女子行員:「ちょっと、こっちは急いでるんですから!早くダイテください!」

課長:「大丈夫!あとでちゃんとダイテあげるから!」

女子行員:「待ってますからね〜!!」


きゃー!Hね!”抱いて” だなんて〜!!ダイレクトよね



2)「タメテ」

為替手形のことを ”為手”(ためて)と略します。

これも同じく3時に窓口が閉まったあとの会話になります:


女子行員:「課長!タメテくださーい!」

課長:「え?タメテ?まだだよ!」

女子行員:「課長〜!早くしてくださ〜い!タメテくださ〜い!」

課長:「だから、もうちょっと待って!!今日あまりタメテないからさ・・・・」

女子行員:「少ないとか、カンケーないですから!」



いや〜ん!これだけでけっこうHなコトが想像できますね!!いったいナニをタメてるんだ・・・・!?ばっかーん


3)「ヤクテ」

約束手形のことを ”約手” (ヤクテ)と略します。

残念ながらこのコトバは面白くありません。
しかし・・・わたくし、新人の頃・・・「ヤクテ」じゃなくて「ヤメテ」だと聞こえていたもんで、しばらくの間、「ダイテ」「タメテ」「ヤメテ」だと思ておりまして、
「あ〜、なんで銀行って、スケベで、はしたないコトバを使うんだろう」って、ずーっと思っていました。

-----------------------------
・・・なもので、新人の頃は、お姉さまもウブだったもので、「ダイテ」「タメテ」なんて、大声で言うのが恥ずかしくて仕方がありませんでした。懐かしいですね・・・。今じゃもっとカゲキなコトバを聞いてもへっちゃらなお姉さまでございます、ハイ・・・。




posted at 13:30 | 懐かしシリーズ | この記事のURL
エロティック ナイト [2017年09月18日(月)]
     エロティック ナイト


部屋の鍵を開けたら
すぐに始まる過激な愛撫

靴を脱ぐ時間でさえ 待ちきれなくて
乱れる呼吸 激しくなって
雑に服を脱がせ合うふたり

止められない このスピード
胸の高鳴り ハイスピード

噛みつくようなキスが 痛いほど感じるね

頭までシビれちゃう 電流走ってる身体中

ベッドにたどり着く頃には
我を忘れて むさぼり合ってる

官能の渦 どこまでも
心の中まで 糸を引くように
淫らに視線絡み合う

弾けた果実に突き刺さる
剥き出しのワガママな感情が
卑猥なコトバを口にさせる

最高の愛なんて ありはしない

あるのは最高の淫らな行為

いくつもの快感のトンネルをくぐり抜ければ
また求めたくなる 繰り返したくなる

もう終わらナイト イケないけど
もっと走らナイト もったいないから

ねえ イこう もう一回 イこう

もっと もっと エロティック ナイト



posted at 18:30 | 恋愛詩 | この記事のURL
妄想大奥!松本潤編3 [2017年09月17日(日)]
ちょっと早めのこんばんは!さーて!今宵の大奥第37話は超お久しぶりのご出演、松本潤さまの登場でございます!待ってたよ、MJ〜!今回は、MJ演じるおまつが精力のつく薬を手に入れ、それを飲んで夜伽に臨むのですが・・・・!!どうなる、MJ!?
---------------------------------
企画第37弾!
「上様との間に子が欲しい・・・!
  アノ薬を飲み過ぎて・・・・・!!」

出演
上様:全国の女性のみなさま、あなたですよ!
おまつ:松本 潤さま
大奥総取締役東山:東山紀之さま
櫻井翔之介:櫻井翔さま(セリフはないけれど)

以下、U=上様 M=おまつ H=東山
と省略させていただきます。

長い間上様との夜伽がなかったおまつ。しかし、落ち込むことなく、あることに夢中になっていたのだ。それは「精力のつく薬」であった。実はおまつは以前大奥を去ったさくら(櫻井翔之介)から、時折ちょっと変わったものを贈られていた。それが「精力のつく薬」であった。なかなか高価なものらしく、入手するのが難しい、江戸では人気の妙薬であった。時折、それを飲んでみては上様との夜伽を想像していた。そんな折、上様から夜伽へ呼ばれることになった。

おまつは、待ちに待った興奮を抑えきれず、日が沈む頃にその薬を一包飲み、そして風呂から出たあとにももう一包を飲んだ。しかし、翔之介には”一日一包以上飲まないように”と注意を受けていたのだった・・・!


そしておまつは部屋で上様を待った。

:[おまつ!元気であったか?会いたかったぞ!」

:「上様・・・もう季節は夏の終わりでございます。時の経つのは早いものでございます・・・。ずっと・・・わたくし、上様と、お会いしたかった・・・。もう、すっかりお元気なのですね」

:「おそらく・・・大丈夫であろう。人の命など、誰にも分からぬ・・」

:「どうせなら・・・今宵、命、燃やしてみませぬか?」(そう言うと、真っ赤な襦袢を上様に差し出した)

:「何じゃ、これは・・・。赤い襦袢ではないか!?」

:「はい。この赤い襦袢を着ていただきとうございます。赤は・・・燃える色でございます。きっと上様にお似合いかと存じます」(おまつは上様を立たせ、素早く白い衣を脱がせ、赤い襦袢を着せた)

:「おまつ・・・燃えるような赤じゃな・・・・」

:「上様・・・お似合いでございます

するとおまつは、しばらくその姿を見つめたあと、立ったまま裾をめくり、右手を入れて、いきなり上様の太ももから上を愛撫しはじめた。

:「あぁ・・・おまつ・・・そなた・・・いつもとは・・・違うな・・・あぁ

:「立ったままの上様を・・・ああ・・・興奮いたします!今宵はきっといつもとは違った夜となりますな・・・・!」

おまつは今度は上様の右肩だけをはだき、その胸を手でつかみ、もみしだき、その先端を唇で吸い込んだ。

:「やめよ・・・・!おま・・・・つ・・・・」(上様は瞳を閉じた)

:「上様・・・いつの間に、このような以前にも増した色気を・・・・誰が・・・・上様をこのように
さらに色気のある女にしたのですか・・・・・?」(そう言うとおまつはようやく口づけをはじめた。それはうっとりするような、吸いつくような、糸を引くような口づけであった。上様は時折、声を出しながらそのくちづけに酔っていった)

:「誰でも…よいではないか・・・」(上様は全身で感じていた)

立ったまま延々と、いつ終わるか知れぬくちづけを続けた。そして、突然、立ったままの上様の赤い襦袢を脱がせ抱きかかえ、その赤い襦袢の上に上様を寝かせた。

:「なんと・・・艶めかしいお姿・・・!お美しい!美し過ぎて・・・」(おまつも自ら裸になり、肌を合わせ、指を絡め、全身をくまなく愛撫していった。)

:「あ・・ん・・・おまつ・・・そなた、今宵は・・・やはり、何かいつもと違うぞ・・・・熱いぞ・・・・」

おまつは精力のつく薬を飲み過ぎたせいで、やたらと高ぶり、身体が熱くなっていた。

:「少しも・・・違いませぬ。いつものわたくしでございます。ただ・・・身体が狂おしいほどに熱うございます」(おまつは上様の右脚を高く持ち上げると、ひとつになり、まるで野獣のように激しくその身体を突き動かした)

:「・・・痛い・・・・痛いぞ・・・・!何なのじゃ、痛い・・・!やめよ!」

部屋の外に控えていた東山は、これ以上、上様が痛みを訴えれば止めに入るつもりだった。

:「大変失礼いたしました・・・!では・・・小さくいたしますゆえ・・・。これで、大丈夫でございますか?」(おまつはこの時、明らかに薬の飲み過ぎで大きくなりすぎていることに気付いた)

:「・・・それでよい・・・。これが・・ちょうどよい・・・」

:「では、もう一度・・・」(おまつは動かしはじめた)

:「あ・・・・  んっ・・・」

:「上様!愛しております!今までも、これからも、ずっと・・・ずっと・・・!あぁ!!」(おまつは激しく動かした後、上様と同時に、果てた)

:「そなた・・・今宵は、激し過ぎたぞ・・・。それに・・・つかぬことを聞くが・・・そなた・・・大きさを自由に変えられるのか?」

:「・・・はい・・・。その・・・いつもなら、もう少し難しいのですが、正直申せば・・・その・・・精力のつく薬を、一度でいいところを、二度も飲んでしまい、少し・・・と申しますか、かなり大きくなりすぎてしまったものですから・・・申し訳ありません」

:「そうであったか。じゃが、さすがにあの大きさでは、わたしには、無理じゃな」(上様は苦笑した)

:「そうでございますね・・・申し訳ございません・・・危うく、お怪我をさせてしまうところでございました・・・」

:「それにしても、おまつ・・・精力のつく薬とは・・・またどうしてそのようなものを?」

:「お子をもうけたいのです・・・上様との間に、是非お子を・・・!わたくしは、あきらめておりませぬから・・・!」

:「おまつ・・・」(上様はおまつを抱きしめた)

:「子が出来ぬのは、上様おひとりのせいではございませぬ。少なくとも、わたくしはそう思っております。ご自分を責めるのは、もう・・・やめてくださいませ・・・」(上様をやさしく抱き寄せた)

:「泣かせるでない・・・おまつ・・・」(上様もおまつをしっかりと抱きしめた)

:「次回は、もっと良い薬が手に入るかもしれませぬゆえ、その時が楽しみでございます」(全く懲りていないおまつであった)

ようやく薬が切れて、いつもの様子に戻ったおまつは、そのまますぐに眠りについてしまったのであった・・・。


翌朝、おまつが部屋から出ると、東山が待っていた。

:「おまつ。精力のつく薬を飲み過ぎたのか?もしも身体に何かあったらどうする気じゃ?何より、上様に苦痛を与えることは決してあってはならないことじゃ。飲むなら、せめて正しく飲みなさい。よいな?」

:「申し訳ありません・・・。」

:「しかしながら、上様との間にお子をもうけたいという心掛け、感心じゃ。励めよ」

東山はおまつの肩をポンとたたき、その場をあとにした・・・。

END
-----------------------------------
精力のつく薬を飲み過ぎちゃったらダメよね〜!もう、MJったら
何やら、大奥では側室たちはまだ子作りをあきらめていないようですね!素晴らしいね!

ハイ!ということで、今宵の1曲は、嵐で 「Zero-G」 です。どーぞー!

「Oh shake it, shake your body
Shake it, shake your body
knock it 軒並み knock you out
ほら もう止まらない      」♪♪

もう、ノックアウトしすぎはダメよ〜!

では、おやすみなさいませ。


posted at 18:00 | 妄想大奥物語 | この記事のURL
一線を越える瞬間 [2017年09月17日(日)]
    一線を越える瞬間


何気ない会話が
突然のキスで遮られる

「お願いだからこのままでいさせてくれ」

話の続きがしたいのに
コトバを 忘れた

黒いソファーの上
無言の会話
互いのカラダの摩擦音しか聞こえない

揉みしだかれる 露わになった
ほんのりピンク色に染まった 大輪の花

一線を 超えてしまった

超えてはならないと固く誓っていたのに
いとも簡単に その友情は崩れてしまった

きっと 心のどこかに「好き」があったから


一線を越える瞬間

それは ほんの少しの心の隙間に
絶妙なタイミングで入り込んでくる悪魔

それに支配されたら もう
後戻りはできない

所詮 男と女の間には
一線なんて 引くことは
できないのかもしれない

一線とは もろいものなのだ










posted at 10:30 | 恋愛詩 | この記事のURL
愛の砂漠 [2017年09月15日(金)]
     愛の砂漠


渇き切った心

枯れかけてる感情

壊れてゆく全てのバランス

愛が 失われてゆく

愛され方も忘れ
愛し方も忘れ
やがて何の感情もなくなる

砂のようにサラサラと
掌から こぼれてゆく思い出

全てがなくなって
やがて蜃気楼しか見えなくなって
全てが幻となる





posted at 18:56 | 恋愛詩 | この記事のURL
不倫で経済を回せ!! [2017年09月15日(金)]
おはようございます。何となく・・・ですが、世の中、不倫がブームでございますね!とまではいかないけれど、近頃よく話題になりますね。毎週毎週新たな不倫が出てきているような・・・。ただ、この「不倫」でございますが、視点を変えてみると、面白いんじゃないかと・・・!もしかしたら不倫は、やりようによっては経済を活性化するかもしれないんじゃないかな?という、どうでもいいかもしれないお話です。

そして、恋をする人、しない人の二極化が進んでいるようにも思えます。

1)恋をしたくてもチャンスに恵まれない人。

2)恋をしたくない人。

3)恋が面倒くさいと思う人
     ↓
もしも(1)だという方は、おそらく”恋活”を積極的にしていないのかもしれませんね。恋をしたいのなら、是非、積極的に”恋活”を!友達に頼んで誰かを紹介してもらったり、とにかく自分では限界があるので、他人を頼って!!
------------------------------

4)恋を求めていないのに、向こうから勝手に恋がやってくる人。
    ↓
きっと自分磨きを大事にしているから異性も近づいてくるのかも!

5)恋を求めて、ちゃんとそれをゲットできる人。
    ↓
アグレッシブでイイねえ!お姉さま、好きよ!!

------------------------------

話はそれましたが、みなさま、どうせ不倫するのなら経済を回す不倫をしてくださいませ!

まず、406兆円の日本企業の内部留保は、社長、役員、部長、課長、係長、主任のみなさまが会社のお金で美人なお姉さんのいるお店に行って、会社の接待費でお金をおとし、その活動に付随して発生する美人なお姉さんとの不倫(浮気)で、高級ブランド品や洋服を買ってあげて、いろんなレストランに連れて行ってあげて、映画を観て、ドライブして、旅行もして、バンバン会社のお金を使いながら自分のお金も使っちゃおう!!

そうすれば、少しづつ世の中にお金が回り始め、活気づいてきますよ!!

もはやそうなれば、不倫も大したもんですよ。
「不倫してナニが悪いんだ!オレたちが経済を回してるんだぞ!文句言うなよ!だいたい、不倫じゃないよ!チャンカパーナだから!!」
と、胸を張ればいいんですよ。

「不倫ではない!経済活性化だ!」な〜んてね!

ちなみに、やっぱりわたしは手越クンと付き合いたいな
手越クンと付き合ったら、もちろん、”不倫”とは言いません。「チャンカパーナ」ですから!不倫じゃなくなりますから!!

あ〜マジで会いたい・・・。どこかでバッタリ会わないかな〜!もしも会えたら「お姉さまと、チャンカパーナしない?」って言ってみたいな〜


ハイ!ということで、お金のあるみなさま、どうぞ、”チャンカパーナ”してくださいませね

ちなみに、統計的には、多少「チャンカパーナ」ができる人の方が出世するんですよ!これ、マジだからね!

不倫を推奨しているワケではございませんが、こういう見方もできるんじゃないかなあ・・・という提案でございます。

昔、新入社員のころ、上司が会社の男性陣だけでなく、女性社員まで連れて、バニーちゃんのいるお店に連れて行ってくれたんですが、いかんせん、女性陣はバニーちゃんなんかには
興味がなかったのですが、スタイルのいい綺麗なお姉さんたちを目の前にして、「すっごいなあ・・・」と感動しましたね。けっこう面白かったですよ!


不倫(浮気)は良くありませんが、くどいようですが、一夫一妻制にも無理があると思う。だから、せめて、お金のある男性は好みのお姉ちゃんにおカネ使って、奥さんにもちゃんといろいろ買ってあげて、お金のあるご婦人は好みのイケメンとおいしいお食事でもして、チューでもなんでもしてくださいな!!軽い浮気ならお互いいいんじゃないの!?なーんちゃって!
    ↓
朝から、ほぼ投げやり・・・・・!!

今朝はミサイル報道一色でしたけれど、
「恋のミサイル」はいずこへ・・・・・?

posted at 08:27 | 時事関係 | この記事のURL
電撃 LOVE [2017年09月14日(木)]
    電撃 LOVE


失恋バンザイ やっと解放だね
面倒なLINEも 真夜中のメールも
全部放り投げて 
タブレット 湯船に沈めて
これでサヨナラ完了!

あんなに苦しい恋
振り回された日々を手放して


新しい恋 見つけちゃったよ
キミに出会っちゃった 電撃 LOVE

くちびる合わせれば 分かっちゃう
全部の相性 一瞬でね

今夜カラダ重ねちゃったら
キミはきっとボクの虜になっちゃうよ

ハートマーク投げ合ったら
そろそろぶっつけ本番 イッてみる?

うまくカラダを 
フィッティングしあえばいいじゃない?

キミ仕様に ボクを調整するよ

「無理かも」なんて弱音吐かせないから
安心して 身を委ねてよ

電撃 LOVE LOVE
失恋の傷は さっさと忘れて
キミにもう夢中

軽いオトコだなんて 思わないでね
これでもけっこう マジなんだ

ほんの少しだけでいい
信じてくれれば それでいいから

始まっちゃった 電撃 LOVE
ちょっとくらい強引でも 許して




posted at 18:00 | 恋愛詩 | この記事のURL
一途な夜 [2017年09月13日(水)]
     一途な夜


一度でも唇を重ねたら
もっと その先に行きたくなる

抑え込もうとする感情が
もう 破裂しそうになる

手を触れたら もう
電流が走る

止まらない欲情に身を任せ
終わりのない愛撫に声を上げ
朝が来ないことを ただ願うだけ

それでも朝が来てしまう
切ない思いで手を握りしめる

ずっと こうなりたかった

あなたがとなりにいるのが夢のよう
思いを遂げた今
離れたくない 離したくない

愛してしまったから






posted at 18:06 | 恋愛詩 | この記事のURL
手越祐也は国宝だよ! [2017年09月13日(水)]
みなさま、おはようございます!早いものでもう9月中旬ですよ!!まあ、そんなことはどうでもいい!!ということで、本日は、やっぱり手越祐也さまは国宝だよ!というお話をしたいと思います。

先日、美容室に行ってきたんですが、今のわたしの担当の美容師さんは”関ジャニ”のファンで、基本的にジャニーズが大好きな方なんです。

で、毎回美容室に行くとジャニーズの話題を楽しく熱く語ります。何と、前任者の美容師さんがちゃんとわたしのカルテに「嵐、NEWSが好き」と記入してくれていたので引き継ぎもスムーズ!?に。

Aさん:「ちなみに、ジャニーズで一番好きな人は誰ですか?」

わたし:「手越クンだよ

Aさん:「手越クン、かわいいですよね

わたし:「やんちゃでセクシーだし、歌上手いし、サイコーだね!」

Aさん:「なんかもう、スキャンダルなんて、どうでもいいですよね!それも通り越して、いいキャラ出してますよね。”世界の果てまでイッてQ”でも、昔はちゃんとアイドル扱いされてましたけど、最近は体張って、3枚目だけど、カッコいい!!」

わたし:「そうだよ、3枚目をやってもカッコいいのよ!!」

Aさん:「手越クンって、金髪にしてから更にすっごくカッコよくなりましたよね〜!」

わたし:「マジね、あんなに金髪が似合う日本人、いないからね!!できれば金髪、やめてほしくないわ〜

Aさん:「じゃあ、結婚するなら誰がいいですか?わたしは25歳の時の岡田准一がいいんです

わたし:「え?25歳の時の岡田准一・・・・・?おもしろいねえ。ちなみに結婚するなら大野クンかなあ。でも、失敗してもイイから手越クンと一度は結婚してみたいなあ」

Aさん:「うーん、大野クンはあまりかまってくれなさそう。手越クンは、浮気・・というより、チャンカパーナしちゃって、あまり自宅に帰ってこなさそうですね」

わたし:「いいんじゃない?手越クンがチャンカパーナしなくなっちゃったら、逆につまんないもん。そのくらいは、許すよ。たまーに帰ってきてくれたらそれでいいや」

Aさん:「そうですね!」

で、帰り際、

Aさん:「そうそう!うちの美容室のフロント係で、手越クンの大ファンの子(Cさん)がいるんですよ!今日来てますから!!」


そう言われてお会計をしに受付に行くときに、紹介してもらったCさん、かわいいロングヘアの女の子!

Cさん:「あの・・・わたし、手越クンの大ファンなんです!!なかなか手越クンの大ファンだという方に直接会えなかったので、お会いできてうれしいです!!」

わたし:「もー!マジで〜!?うれしい!!手越クンってイイよね

Cさん:「いろいろあるけど、手越クン、国宝ですよね!もう、スキャンダルとか全然イイんです!それも含めて、通り越しちゃって、国宝ですよ!!最近、いろいろ叩かれちゃってたけど、やんちゃなカッコいいアイドルなんて、手越クンしかいないんですから!金髪も超似合ってるし!!」

わたし:「マジ、わたしもそう思ってたからうれしい!!手越クンは国宝だよ!!なんか、こうして仲間がいると思うとうれしいわ〜!」

Cさん:「わたしの家、手越クンの実家のそばなんですけど、先日、彼がお母さんに建ててあげた豪邸のそばにあるカフェに私の母が行ったら、なんと!!手越クンとお母様がおふたりでお茶してたんですって!!もう、マジでカッコよかったらしいですよ!!私も見たかった!!会いたかった〜!!」

わたし:「マジでー!?ちょっとー!!わたしも遭遇したかったわよ!!じゃあさ、今度、”手越クンを探せツアー”でもやってみる?」

Cさん:「イイですねえ!面白そう!!やーん、またお話しましょうね!!」


いや〜マジ、うれしかったね〜!!

ちなみに、その日シャンプーしてくれたのは、金髪じゃなくて、なんと、珍しい 銀髪 のヘアスタイルをした超イケメンくんでした。銀髪もなかなかイイねえ!

そうだよ!豪快にチャンカパーナしちゃってても、アイドル、やり続けてほしいなあ〜!! 今のところ、致命傷的なスキャンダルはないんだし。

週刊文春とFLASHで立て続けに写真が出ちゃった頃、ちょうどNEWSはライブツアー中だったようで、あの手越クンが途中で泣いてしまったんですからね・・・・。メンタル強い彼でも、前回の件はかなりこたえちゃったみたいですね・・・。

でも、今頃はもうジャンジャン復活してるんじゃないかな?逆に、そうじゃないと困る!!

で・・・NEWSの新曲って、まだかなあ・・・・・。まあ、もともとスローペースな活動のグループなのですが、そろそろ・・・・歌声、ききたーい!!

何はともあれ、セクシー光線、振りまいてちょーだーい!!

キミは間違いなく、国宝だよ!!頑張れ!!行け行け!どんどん行け!!



posted at 09:03 | 手越祐也 | この記事のURL
エゴイスティック ラブ [2017年09月12日(火)]
  エゴイスティック ラブ


ねえ どうしてだろう

くちびるを合わせるだけで
こんなに燃えちゃう

抑えきれない欲情が
キミを独り占めしたくなるよ

今日も 明日も 明後日も ずっと
こうしていたいよ

毎日 声が聞きたい
毎日 抱きしめ合いたい

なのに 時間が邪魔をする

ココロを掻きむしりたくなるほど
キミをもっと知りたい

キミのココロのページ めくるたび
もっとその先 知りたくなっちゃうから
ねえ もっと抱きしめてよ 強く

堕天使になってもかまわないから
本気でキミを奪うよ

ボクをどう思ってるかなんて
考えるヒマなんてないくらい
恋してしまったから

エゴイストだと思われてもいいよ
だって 恋はワガママなものだから

めぐり会えた奇跡に 運命を感じて
今を生きたいから

まるで エゴイスティック ラブだね



posted at 18:00 | 恋愛詩 | この記事のURL
レッツゴーヤング!! [2017年09月12日(火)]
みなさまこんにちは!本日は非常に懐かしい、あのNHKの音楽番組「レッツゴーヤング」を思い出してちょこっとばかりお話をしようかと思います!

「レッツゴーヤング」
  ↓
1974年4月〜1986年4月まで、NHKで毎週日曜日 夕方6:00〜6:40に放送されていましたね。あ〜超懐かしいじゃありませんか!!

わたしが「ジャニーズ」というコトバを知ったのは「マッチ」(近藤真彦さま)がきっかけなんです。もう、当時はマッチとトシちゃんの人気がスゴイ時で、わたしはひたすらマッチ一筋だったワケです。

実はわたしは小学生の頃までテレビはNHKしか見せてもらえないという厳しい生活を送っておりましたもちろん、フジテレビの「笑っていいとも」なんて見ることができなかったので当然ながら学校の友達の話の輪にも入れなくて、あまり友達のいないさみしい思いをしておりました。

しかーし!「レッツゴーヤング」はNHKということで、何となく見ることができたのです!それまで「アイドル」なんていうコトバも知らなかったので、「レッツゴーヤング」を初めて見たとき、衝撃でした!!

「アイドルって、こういう人たちのことなのね!!」と、胸はドキドキときめきが止まりませんでしたね。

「レッツゴーヤング」の面白かったトコロは、やっぱり生放送だったということもあり、時々ヒヤヒヤする場面があったということです。

例えば・・・・

1)女性アイドルが歌い始めから、なぜか泣いている。裏でいじめられちゃったの?って、マジで心配だった。

2)マイクの故障、トラブルで歌がほとんど聴こえないこともたまにあった。首をかしげながら必死で歌うアイドル!

3)人気女性アイドルと男性アイドルがデュエットすることもあった(見つめ合って)!今じゃ絶対考えられないことだし、きっとNGだよね!!
    ↓
これね、マジでヤキモキしちゃった
「おねがーい!デュエットなんかしないで〜!!」って思っちゃいました!

4)1番と2番の歌詞を間違えても堂々と歌いこなすアイドルの姿!

5)司会の太川陽介さんと石川ひとみさんも時々歌っていたこと!

6)アイドルが映画ソングを日本語カバーで歌ったり、男女で映画音楽をデュエットしたりしていた!!


マジで懐かしいなあ!!ハラハラ、ドキドキする歌番組って、視聴者もなぜか食い入るように見てしまうんですよね。あの新鮮な、ちょっとデンジャラスな生放送って、今じゃそうそう見られないですから!!




posted at 10:00 | 懐かしシリーズ | この記事のURL
・・・眠れぬ夜・・・ [2017年09月11日(月)]
     眠れぬ夜


午前4時
暗闇の中にほんの少し朝の気配を感じる

朝になったらまるで何もなかったように
この部屋を出てゆくだろうキミが
狂おしいほどに 愛おしい


現実に引き戻される前に
もう一度だけ 愛を確かめ合いたい

お願いだから あともう少しだけ


時の流れは 全て 宝物だから


これが最後の夜だと 
会うたびに覚悟しているけれど

それでもやっぱり また会いたいから


お願い 眠らないで 







posted at 18:00 | 恋愛詩 | この記事のURL
妄想大奥!東山の真実 [2017年09月10日(日)]
みんなさま、ちょっと早めのこんばんは。大奥物語も第36話でございます。近藤真彦さま演じる老中近藤は、31話、32話の一件以来、上様との間にしこりが・・・。どうする、近藤!?そして大奥総取締役である東山の新たな真実も・・・!!
-------------------------
企画第36話
「老中近藤、隠居を決意!
   しかしそれを許さぬ上様 
 そして東山の真実が・・・・!! 」

出演
上様:全国の女性のみなさま、あなたですよ!
老中近藤:近藤真彦さま
大奥総取締役東山:東山紀之さま

以下、U=上様 K=近藤 H=東山 と
省略させていただきます

上様と長瀬の一件のあと、近藤は上様と直接話をすることはなかった。それどころか、上様に会わせる顔もなく、病気を理由にし、政の場に姿を現すことも少なくなっていた。近藤は、”隠居”することを考えていたのであった。

長瀬の一件からしばらく経ったある日、近藤は意を決して上様に直接話をすることにした。

:「上様・・・折り入ってお話がございます・・・」

:「・・・何じゃ・・・?今さら話をすることもなかろう・・・」(上様は冷たく言い放った)

:「最後の・・・お願いでございます」

:「最後の?」

:「老中の職を退き、隠居をいたしとうございます・・・」

:「隠居・・・とな?近藤・・・わたしを甘く見るでない!長瀬の一件ごときで罪の意識に苛まれたのか?隠居は許さぬ!罪の意識を感じるのであれば、これまで以上に身を粉にして働き、わたしに仕えよ!”隠居”などという安易な余生をそなたには与えぬ!よいな?」

:「・・・上様・・・!お願いでございます。隠居の件、お許しくださいませ・・・!」

U:「ならぬ!良民のために頭と体を使って今まで以上に励め。これがわたしから、そなたへの罰である・・・」(上様は涙を浮かべた)

:「・・・承知・・・・いたしました・・・・」(近藤は涙を流した)

:「近藤・・・そなたは・・・わたしの初恋の男であった。しかし、もう・・・愛してはおらぬ。分かっておろう?わたしとそなたの関係は、将軍と老中であるということだけじゃ・・・。そなたには、まだまだやってもらわねばならぬことが沢山ある。幕府の為にその身を捧げよ。よいな?」

:「・・・上様の・・・仰せの通りに・・・いたします」

こうして近藤は、老中として、何事もなかったようにふるまい、仕事へと戻って行った。


数日後、近藤は東山と会った。

:「東山・・・。上様にはかなわぬ・・・」

:「何かございましたか?」

:「実は・・・隠居を申し出たのであるが、お許しが出なかったのじゃ。隠居をさせないことがわたしへの罰だと・・・・・・」

:「何とも、上様らしいですな」

:「まことに・・・。上様は強くなられた・・・。大奥には愛する側室もおられる。もう、上様を”女”として見ることは、やめじゃ・・・。東山・・・そなたはどうなのじゃ?上様を・・・」

:「わたくしは・・・この先もずっと上様を”女”として見続けることでしょう。なぜなら、大奥の中にいるからでございます。”女”としての上様をお守りする立場でございますから・・・。それに・・・”女”として見なければ、上様のお気持ちの変化に気づくことはできませぬ。悲しい性でございます・・・。もはや、上様とは一心同体でございますな・・・」

東山は宙を見て悲しそうに微笑んだ。

:「東山・・・そなた・・・もしや、上様にもしものことがあった時には・・・その命を散らせる覚悟か・・・?」

:「覚悟・・・ではなく・・・愛しているからでございます・・・。簡単に触れることのできない美しい花に、わたくしは全てを捧げたいのです・・・。もちろん・・・この命も・・・」

:「そなたという男は・・・。東山・・・そなたでなければ、務まらぬな」

近藤もまた悲しげに微笑んだ。

:「東山・・・つまらぬことを聞くが・・・そなたは、もう、女を抱かぬのか?それでよいのか?」

:「女・・・・で、ございますか・・・。この大奥総取締役のお役目をいただくまでの間に・・・それなりに・・・いえ、飽きるほど、とは言いませぬが、女は抱きましたゆえ・・・もう・・・」

東山は、遠くを見つめながらそう言った。

:「女のことは、知り尽くしている・・・というわけか?ここからは、冗談であるが、まさか・・・四十八手の技の全てを会得しているのではあるまいか・・・?」

:「四十八手でございますか・・・。恐れながら・・・全て、熟知、会得しております。しかしながら、なかなか体力の必要な技も多く、中には一歩間違えれば危険な技もございます・・・。奥が深いのです・・・・。それゆえ、上様の夜伽をそばで聞いておれば、夜伽の場で何が行われているのか、全て分かってしまうのです・・・」

:「なんと・・・!」(近藤は言葉を失った)

:「・・・近藤様・・・念のために申し上げておきますが・・・、くれぐれも、”かも越えの逆落とし” ”抱き上げ” ”撞木(しゅもく)どり” ”つり橋” ”押し車” の5つの技だけにはご注意を・・・。男女ともよほどの体力、筋力の持ち主でなければ怪我をいたしますゆえ・・・・。側室たちにも、この5つの技だけは禁止しております」

:「・・・安心せよ。そのような技は、わたしには出来ぬ。ただ・・・心の中にはとどめておこう・・・」

:「もう、この話はここでやめておきましょう。そろそろ戻りませぬと・・・」(東山は涼しい顔で言った)

:「東山・・・そなたには・・・かなわぬ。何も言うことはないな・・・」(近藤はため息交じりに言った)

東山は深く一礼をし、近藤の部屋を出ていった・・・・。

END
--------------------------------
上様に隠居を却下された近藤と、上様を愛する東山・・・。
それにしても、東山、夜の奥義、四十八手をマスターしていたとは、驚き桃の木だね〜!!
びっくりしちゃったわ さすが東山、いろんな意味でカッコいいねえ!!
実は大奥で一番のテクニシャンなのかも!!

では、おやすみなさいませ。




posted at 18:00 | 妄想大奥物語 | この記事のURL
それはないよ Baby [2017年09月10日(日)]
    それはないよ Baby


「ヒミツの恋 しちゃってるね・・・」と
マジメに悩むボクの目を見て

「ただ あなたのことが気になってるだけよ」と
いたずらに微笑むキミは まるで悪女だね

それはないよ Baby
思わせぶりな態度 マジで罪だね

ハンパなちょっかい 出さないでくれよ
ヒミツに溺れる覚悟してるボクに

ああ なんて悪いオンナ
もてあそばれた 純な恋心

それはないよ Baby
あの激しいキス まぼろしだったの?

清純そうに見えたキミの姿に
騙され続けて
恋心 丸ごと奪われてたんだね

「付き合ってたわけじゃないよ」なんて
平気な顔で言うんだね

それはないよ Baby
完全に やられちゃったよ




posted at 11:11 | 恋愛詩 | この記事のURL
・・・月と秋風・・・ [2017年09月09日(土)]
    月と秋風


秋の夜長

月の光に照らされる街

涼やかな風

何も語らなくていいから
ただ そばにいて

ふたりでこうして月を眺めていたい

会いたくても会いたくても
なかなか会えないから


少しずつ月の位置が変わると同時に
ふたりの影も まるで影絵のように
ゆっくりと ゆっくりと傾きながら
愛のダンスをはじめる

窓から入ってくる冷たい風が
火照ったふたりの身体を冷ますように
やさしく通り過ぎてゆく

月の光がふたりをやさしく照らし
包み込んでゆく





posted at 18:00 | 恋愛詩 | この記事のURL
週刊文春VS週刊新潮2 [2017年09月09日(土)]
みなさまこんにちは。さーて!少し前のお話になりますが、週刊文春側が週刊新潮の中吊り広告を盗み見していたとされる問題について、新聞に「文春が新潮に謝罪した」という内容の記事が出ていましたね。天下の文春が、盗み見しちゃったのは、まずかったですね。まあ、ちゃんと謝罪したのですから、今後は正々堂々とスクープ探しに邁進していただきたい!これからも待ってるよ!文春砲!!

ということで、今週はは文春と新潮、珍しく2冊購入して、比較してみました!すると新しい発見も!!


・・・・・・・今週の文春の見どころ・・・・・・

1)山尾志桜里(43) イケメン弁護士(9歳下)と
  「お泊まり禁断愛」
     ↓
  今回はマジで「文春砲!!」だったね!
  W不倫だもんね!

まずはお姉さま、ちょっとびっくりしちゃったのがね、山尾さんが43歳だってことよ!巷ではキレイ”とか”ジジ殺し”なんてほめられていますけれど、正直、もっと年上かと思ったなあ!!50歳くらいに見えたのはわたくしだけ!?

対してイケメン弁護士の男性は34歳!マジでイケメンだよね!倉持麟太郎さ〜ん!名前がイイねえ

山尾さんとは、お互い「リンくん」 「シオちゃん」と呼び合ってたらしいケド、わたくしお姉さまの方がシオちゃんよりイケてると思うけどな〜・・・。「リンくん」なーんて呼んでみたいな〜!!でも・・・きっと「リンくん」も家庭は今頃修羅場と化しているんじゃないのかな・・・・!

シオちゃん、若い肉体に溺れちゃったんだね・・・。そりゃ、しょうがないよ。あんだけカッコいいんだもん・・・。まあ、わたしはやっぱり手越クンに溺れてみたいけどね

でもさ、リンくん、ちょっと、女の趣味、悪くない?年上でも、もっとマジでキレイなお姉さま、いっぱいいるよ〜!

わたくしお姉さま、山尾さんには当初、少し期待をしていたんですが、残念だなあ。本当の関係は当人同士しか知り得ないことですが、「一線を越えてしまっているのか」どうかは、この目で確認していないからどうにも言えないけれど、まあ、普通よりは親密な関係だとは思う。

そうそう、昨日、美容院の帰りにレストランで一人で食事をしていたら、となりの女性3人組がその話題で盛り上がっていたので黙って聞いていたら、

A:「山尾さん、この報道が出ちゃってかわいそうね!」

B:「そうだよ!もうちょっとほかにうまいやりかた、できなかったのかねえ・・・」

C:「おカネがあるんだっだら、狭くていいから自分専用のマンションでも買っておけばよかったのにね!もうちょっと頭使ってほしかったわ〜!」

なんていう会話をしておりました・・・・。まあ・・・確かにそうね・・・・。


2)眞子さまご婚約 
小室 圭さん 年収250万円の生活設計

小室さんは現在、パラリーガル(法律事務職員)として働く傍ら、大学院に通っているが、ご本人は弁護士になる気はない。っていうと、年収は250万くらい。

この「年収」については週刊新潮さんでは「500万」と記事には書いてありましたが、おそらく文春さんの「250万」が正しいと思われます。なぜなら、その昔、お姉さまがチャンカパーナ真っ盛りの頃、パラリーガルのお仕事をしていた彼氏がいたんですが、年収は少なかったですよ!だから、ダブルワークでちゃんと他の仕事もしていました。

大学院にまで通っているのなら、弁護士、目指してほしいけどね・・・。まあ、これは余計なお世話かもしれないですが。



・・・・・・今週の新潮の見どころ・・・・・・

1)祝 「眞子さま」ご婚約でも不安な新郎の
 「レット・イット・ビー」

レット・イット・ビー=なすがままに

件の小室圭さん、
アナウンス学校→銀行員→大学院に通いながら法律事務所で弁護士見習い
「年収500万」
    ↓
正直、このお仕事で500万はもらえないと思うけどなあ・・・・。ぜったい、もらえるハズないよ。これに関しては文春さんの「年収250万円」のほうが正しいと思いますよ。

それにしても、まだ25歳なのに、アナウンス学校に行ったり銀行員もやってたんだね。正直、ちょっと移り気タイプ?やっぱり「レット・イット・ビー=なすがままに」の言葉通り、「なすがまま」なんだろうけれど・・・。で、今はパラリーガルっていうことですが、このお仕事は長く続けるのかな?今ならまだ公務員の試験受ければ、受かると思うんだよね。公務員になれば安定するし、立場上、出世も順当にできるだろうにね。


2)「ツムラ」が国民を欺いた!
  「漢方」の大嘘

うーん、わたくしお姉さまも「ツムラの漢方」、実は1種類、飲んでいるんですよね・・・。それも、ちゃんと婦人科で出してもらってるけど・・・。

実際、ちゃんと漢方の事を分かっているお医者様って、どのくらいいらっしゃるんでしょうね。そんなに多くないと思うな〜。

たまたまわたしの飲んでいる漢方は身体に合っているので、いろいろ改善されてはいますが、記事を読むと「副作用」で死者まで出ちゃってるものもあるし、ガンができちゃったっていうコトまで書いてある・・・・マジかい!?

確かに保険が適用されるようになってから、多くの病院で「ツムラの漢方」を出すところが増えましたよね。それは実感しています。

まあ、記事を全部鵜呑みにするのもどうかとは思いますが、要するに、漢方を良く勉強されている先生に処方してもらって、患者の方も、ちょっと異変があったらすぐ相談したほうがいいですよね。漢方は身体に合う、合わないがありますからね。

-------------------------------

で、週刊文春と週刊新潮の読み比べでございますが、やっぱり連載の読み物は断然、週刊文春さんのほうが面白く、これ1冊あればかなりの時間をつぶせます!ひとつひとつの連載が充実していますねえ!!

しかーし!意外なことに、記事の読みやすさについては新潮さんのほうが「目にやさしい」んです!なぜなら、同じ縦書き文字数でも、縦の行間が文春さんよりもやや広くなっており、若干、文字が読みやすく印刷されております。すごい小さなコトですが、よくよく今回比べたら、大きな発見でした!!


とにもかくにも、切磋琢磨して、週刊誌業界を盛り上げていってくださいませね〜!



posted at 11:00 | 週刊文春 | この記事のURL
秋 星空の下で [2017年09月08日(金)]
    秋 星空の下で


秋の入口 星空の下

代々木公園の芝の上
仰向けになったふたり

恋のスキンシップのやり方さえ
よく知らなかったふたり

「どうしよう」
焦る気持ちのワタシ

「どうすればいい?」
悩むカレ

星空しか見ることのできなかったワタシの視界は
突然 遮られる

やわらかい唇が 重なった

秋のはじまりの 涼やかな風が
胸元に入り込んだ

「・・・どう?どんな感じ?
 ね・・・これで、いいのかな・・・」
照れながらワタシを見つめるカレ

「・・・やわらかかったよ・・・」
あまりにうれしくて やっとの思いで返事をしたワタシ

初めてのキス

そっと重なる唇

やわらかくて やさしかった






posted at 19:15 | 恋愛詩 | この記事のURL
FAKE LOVE・MAKE LOVE [2017年09月07日(木)]
FAKE LOVE ・ MAKE LOVE


「アイツのこと 好きなんだろ?」
意地悪に言った ボクの手を握り
首を振って うつむいたキミ

言葉少なに 瞳を閉じて
「いいよ」と 小さくうなずいた

切ない思い 抱きながら
くちびる合わせた けだるい夜

やめればいいのに
止められない 夜の魔法


FAKE LOVE 分かっているのに
MAKE LOVE 激しく 狂おしく

ココロまで奪うことなんて
できやしないのに

まるで酔ってる 偽りの夜に

「どうにかしてるね ボクたち」

「あなたって ワルい人ね」


FAKE LOVE ・ MAKE LOVE
このままずっと




posted at 18:00 | 恋愛詩 | この記事のURL
イケメン銀行ローン支店 [2017年09月07日(木)]
おはようございます!先日、ちょっとしたニュースになっておりましたが、なんと!日本企業の内部留保の総額が406兆円にも上る実態が明らかに!そして銀行はマイナス金利のせいで、ローンを売ることがメインとなってしまった現実・・・。これを、ジャニーズ軍団でまたまた仮想の支店を作って、久しぶりに「もしもこんな銀行あったらな」をお届けします!
------------------------------
「イケメン銀行ローン支店」
  ↓
ほぼ、ローンのみを扱う業務に特化した支店
っていうか、鬼のようにローンを半ば強制的に
契約させることに特化した支店です

支店長:ドSの櫻井 翔さま
副支店長:城島 茂さま
ローン課長:松本 潤さま
窓口担当:藤ヶ谷太輔さま
支店のモテ男のトップ:手越祐也さま(ローン課主任)
隣の支店のローン課主任:山下智久さま

ある日、ひとりの女性のお客様がまとまったお金を引き出しに窓口を訪れました。

:「いらっしゃいませ。本日は秋晴れの中、ご来店ありがとうございます」

:「あの・・・300万円をまとめて引き出しをしたいのですが」

:「え!?300万も!?そんな大金、今すぐ必要なのでしょうか?」

:「実は、ちょっとイイクルマを買うので・・・。わたし、キャッシュで買いたいんで・・・」

:「イマドキ、キャッシュで!?キャッシュで払ってしまいますと、お手元の現金が減ってしまいますから、ここは是非、マイカーローンがオススメでございます!」

:「だって、高い金利が付いちゃうから、もったいないじゃない?利息分まで返済するの、イヤですもん」

:「いや、ここはやっぱりマイカーローンですよ!金利、少しお安くしてもいいですよ

:「わたしは、ローンなんて、やりたくないんです」

:「では、マイカーローンをご契約くださいましたらカードローンの金利も特別にお下げして、さらに!!借りる目的が何でもイイ 「どんだけローン」 というものもございまして、こちらを、お客様のお勤めの会社様にオススメしてくださり、ご契約くださったら、審査をゆる〜くしてさしあげますが・・・!」

:「えー!?ちょっと、どんだけ銀行さんはローンを売ろうとしてるワケなの〜!?もういいですよ、帰りますから。ほかの銀行に行きますからいいですよ」

:「おそらく、他行さんへ行っても同じことになると思いますが・・・。それでもいいのでしたらお好きにどうぞ。そのかわり、もっとしつこく勧誘されますよ、きっと。あと、スペシャルな特典はうちの銀行だけなので・・・・。残念ですね・・・ものすごい特典をご用意しているんですが・・・」

:「・・・そうなの?」

:「今の時代は何でもローンでございます!たとえ現金で買えるものでもローンで買う時代ですよ!当行のローンは、ポイントがたまるんですよ!!使えば使うほどポイントがたまって、さらに毎月抽選で5,000円のQUOカードが当たるチャンスもあるんですよ!!」

:「ポイントねえ・・・・」

:「100ポイントで当店自慢の新人イケメン銀行員と30分間恋人つなぎをして隣の喫茶店でデートができます。 500ポイントで、ローンのお利息が30%カットされ、ついでに当店自慢のローン課長の松本潤が壁ドン!してほっぺたにチューをいたします!そして、なんと!!1,000ポイントを達成すると、あらゆるローンのお利息が50%オフになり、当店のモテ男のトップ・やんちゃなローン課主任の手越祐也とGINZA SIX の有名レストランで120分、一緒にディナーを二人きりで楽しむことができます!もちろん、腕組みOK,恋人つなぎOK,ハグOK,あなた次第ではキスもOKでございます!!」

:「え-----------!?ナニそれ!ナニそれ マジですか!?ここ、銀行なのにそんなコトまでしてくれるんですか!?」」

:「銀行員、ウソはつきません。ただ、ローンを売りたいだけなんです。ローンは今や銀行の命綱、メイン商品なのです。わたくしたちも大変だんですから!特典くらいたくさんお付けしますよ!!だから、300万円引き出すくらいなら、300万をローンで借りてください!」

:「・・・・・じゃあ、とりあえず、マイカーローンだけ・・・・」

:「マイカーローンだけではポイントも少なくなりますからカードローンも是非!使わなくても結構ですからとりあえずご契約だけでも是非」(ここで藤ヶ谷クンがウィンク

:「どうしよう・・・・・・」

:「あ・・・ボク、山下です。オ・ネ・ガ・イ 契約して!」(さりげなく隣の支店から用事があってたまたま居合わせた山下智久さまが顔を近づけてきてウィンク

:「もしも本日この場でマイカーローンとカードローンをご契約いただきましたら、わたくし藤ヶ谷が窓口営業が終了し、勘定が合い次第、”ショパンの夕べ” のクラシックコンサートにお連れします。もちろん、ふたりきりでございます。いかがでしょうか?」

:「ショパン・・・・いいですね じゃ・・マイカーローンもカードローンも契約しますね

:「はい!ご契約〜!!城島副支店長〜!!お客様ご契約で〜す!!」

:「あら〜!もう〜、ホントにうちの藤ヶ谷が強引でごめんなさいね〜!でも、その分、”気分的” な損はさせないわよ あと、ローン、一応、使いすぎには注意してね!利息も返せなくなっちゃったら・・・・タ・イ・ヘ・ン よ・・・・・

かくしてお客様はこのあと、藤ヶ谷クンと ”ショパンの夕べ” のコンサートにちゃんと出かけました。コンサートを聴いている間中、手を握りっぱなし・・・ サイコーな夜だね!!
-------------------------------

でもマジ、ローンにはくれぐれも注意してね!!アブないからね!!


posted at 09:00 | もしもシリーズ | この記事のURL
・・・情熱の嵐・・・・ [2017年09月05日(火)]
     情熱の嵐


その柔肌に 肌を重ねて
キミの中に沈み込んでゆく

キケンなエリアと分かっているのに
そしらぬふりで飛び込んでゆく

スローモーションなのに
激しく愛を確かめてるふたり

まだ深い夜は来ないのに
先走る情熱 止められない

夜のモンスターと 愛のモンスターが
交差しながら その先へ進んでいく

もっと先が知りたい
もっと快感さぐってゆきたい

何度も何度も転がって重なって
汗も愛の証も混ざり合って
めちゃめちゃになりながら感じる
指の先まで・・・

永遠じゃなくてもいいから
もう 壊れてもいいから・・・

止まらない 情熱の嵐



posted at 18:30 | 恋愛詩 | この記事のURL
恥ずかしい言葉の勘違い [2017年09月05日(火)]
おはようございます!今日はわたしが長い間間違って覚えていたり、勘違いしていたコトバを特集!きっとみなさんにも、「あるある!」って思っていただけるかも?しれません。今更ながらに恥ずかしい思い違い・・・・。マジで爆笑ですよ・・・・。

1)寄席(よせ)
   
”よせ”と読むのにマジでずーっと”きせき”だと、けっこう長い間、そう思っていた。少なくとも、学生の頃はそう思っていました。


2)排他的経済水域(はいたてきけいざいすいいき)
   ↓
これを、「歯痛的経済水域」だと、ずーっと思っていました!これ、社会人になって20代前半までこの漢字だと思っていたわたくし・・・。

あるお見合いパーティーで知り合った東大卒の人と2、3回お食事する機会があって、そのときに難しい経済のお話になっちゃって、

:「で、排他的経済水域がいま脅かされてるけど・・・・・」

わたし:「知ってます!他の国の船が入ってくると、歯が痛くなるほどイヤな水域のことですよね?」

:「あのさ・・・まさかとは思うけど、漢字・・・キミ・・・歯痛経済水域”だと思ってるの!?」

わたし:「はい。だってそうですよね?」(当然だと言わんばかりのわたくし)

:「キミの言ってるニュアンスは、決して間違ってないよ。むしろ正しい!だけど・・・漢字・・・違うよ・・・悪くはないと思うよ、そのセンス。でも・・・漢字、惜しいなあ〜!」

と、彼は笑いをこらえながら教えてくれました。教えてくれてよかったです!恥はかいたけど、長年の間違いを正すことができましたからね・・・!!


3)小豆島(しょうどしま)
   ↓
実は、結婚するまでずーっと「こまめじま」だと思っておりました・・・。

わたし:「ねえねえ!こまめじまっていう、かわいい島があるんだよ!」(自慢げに夫に言うわたし)

:「お前!!かっわいいな〜」(そう言ってなぜか爆笑していた)

わたし:「え!?」

:「あのね・・・”こまめじま”ではなくて”しょうどしま” って読むんだよ」

わたし:「マジで!?結婚するまで・・・間違ってた・・・・・!ちょっと〜!早く言ってよ〜!何でも知ってるんだね!」

:「別に・・・フツーだけど・・・」

ってな感じでこれまた恥をかくわたくし。


4)笑点
   ↓
学生の頃までずっと「昇天」だと思っていました。そもそも落語の番組をあまり見たことがなかったもので・・・。ほんと、バカだった。子供の頃から脳ミソが「昇天」しちゃってたのかもしれませんね。ある意味おめでたいよね。


5)シンクタンク=「さまざまな領域の専門家を集めて政策や企業戦略の策定、提言などを行う調査研究組織。頭脳集団」→広辞苑より引用(think tank)
   ↓
これ、マジで「シンクとタンクを製造したり、洗ったりする会社」のことだと社会人になりたてのころまでずーっとそう思っていました。

これも、若い頃、お見合いパーティーで出会った相手が東大卒で、職業欄のところに「シンクタンク」と書いてあって、わたくし、
「ふーん・・・シンクとタンク作って洗ってんのか・・・。東大卒じゃないと入社できないくらい難しい会社なんだね・・・」と思い、帰宅して早々に親にそのことを話したら、マジで爆笑された。親は、「まあ・・・確かにそう思っちゃうよな・・・・!でもね、シンクタンクに入れる人ってスゴイ人なんだからね!」って、一緒に笑ってくれたけど、いや〜、相手の前で言わなくて良かった〜!!ハズカシイねえ!!知らないって、本当に恥ずかしい!!


という感じで、ホント、お恥ずかしい限りでございました・・・。マジ、おバカでしたね〜!今もけっこうおバカでHなお姉さまでございます。



posted at 08:20 | その他 | この記事のURL
・・・・激・愛・・・・ [2017年09月04日(月)]
      激・愛


愛してるとか 恋してるとか
そんなことは もう通り越した

ただ キミが好き
それだけじゃダメなの?

このままふたりで隠れていたい
誰にも分からない この場所で
夢中になって キスして 抱き合って

ドアを閉めたら ふたりの世界

恥じらいなんか捨てて
心許して 身体許して
そのままのキミを見たい

ゆれる思い 確かめるよ
信じてるから キミを

始まったばかりの 愛の劇場
それはまるで 愛の激情

不確実な夜の向こうへ
進み始めた 攻める指先

目の前の美しい花を抱けば
花びら ひらり 舞い落ちる

感じる声 攻める声 
入り乱れて エロティックなBGM

そこはOK
そこはNGと叫んでも
激しく貪るように 何かを探すように
濡れるキミの瞳のまぶしさを忘れるほどに
今夜は 燃える








posted at 18:00 | 恋愛詩 | この記事のURL
妄想大奥!大野智編3 [2017年09月03日(日)]
みなさま、ちょっと早めのこんばんは。少し涼しくなりましたね。ということで、今宵は大野智さま久々のご出演でございます!早いものでもう35話。今宵は、アダルトな大野智さまの新たな優しさが全開いたします!!「おーっと!こう来るか〜!」という、しっとりとした静かな大人の夜をどうぞご堪能くださいませ・・・。あまりの優しさに、あなたもイ・チ・コ・ロ
-----------------------------
企画第35弾!
「初秋の夜に咲く新しい愛のカタチ!
  その優しさに 身も心も委ねて・・・ 」

出演
上様:全国の女性のみなさま、あなたですよ!
おさと:大野 智さま
大奥総取締役東山:東山紀之さま

以下、U=上様  O=おさと  H=東山 と
省略させていただきます。

おゆうとの狂おしい夜伽のあとに近藤の屋敷で長瀬に抱かれ、それからずっと、「愛とはいったい何なのか、いったい自分は何なのか・・・・」と自分を責め続けていた上様。身も心も疲れ果てた上様は、ふと、おさとに会いたくなったのであった・・・。


九月のある日、上様は東山を呼んだ。

:「わたしはいったい・・・・。おゆうを愛しているのに、他の男達と夜伽をする・・・。自分が・・・分からなくなってきた・・・・」

:「・・・上様・・・・・。それだけ側室たちのことを大切になされているということでございます・・・」

:「東山・・・・。今宵、おさとを呼んでくれるか?おさとの顔が・・・見たい・・・」

:「おさとでございますね。かしこまりました。わたくしも、その方がよいのではないかと考えておりました」(東山は上様の心中を察していた。上様にとって、おさとが精神的な支えであることを分かっていた)


その夜、久しぶりにおさとが部屋で待っていた。

:「おさと・・・・」(上様は涙を見せた)

:「いかがなされましたか・・・・?」(おさとは正面から上様を優しく抱きしめた)

:「愛とは・・・愛とは、いったい何なんじゃ?何なのじゃ・・・分からぬ・・・。夜伽とは・・・何じゃ・・・?」(上様は声を震わせた)

:「上様・・・・」(おさとはさらに強く上様を抱きしめた)

:「わたしは・・・そなたに許嫁がいたにもかかわらず、大奥に入れた。そして側室にした。それなのに・・・わたしはいったい・・・何をしておるのか・・・わたしは・・・悪い女じゃ・・・」

:「この大奥は、上様のものでございます。上様がお好きなようになさればよいのです。上様が誰を愛そうと、それも自由でございます。それでもここにいる者たちは上様に恋をしております。そして愛しておりますから・・・。こうして上様がお呼び下さることで、皆、幸せなのですから・・・」

:「おさと・・・それでよいのか・・・?」(上様はおさとの胸に甘えた)

:「もちろんでございます。その覚悟がなかったら大奥には上がりません。上様に見初められ、初めて上様を目にしたとき、わたくしは”これで良かったのだ”と・・・。わたくしは、上様を愛しております・・・。そしてこの大奥は、愛にあふれているのです」

:「愛に・・・あふれている・・・?」

:「そうでございます・・・」(そう言うとおさとは上様の美しい髪をほどき、ゆっくりと撫で、唇を近づけ、時間をかけ、甘い甘い、とろけるような口づけをしていった)

:「おさと・・・そなたは、変わらぬな・・・いつもやさしい・・・」

:「今宵は・・・上様の全てを・・・ゆっくりと・・・見たいのです・・・」(おさとは上様の帯紐をゆっくりとほどき、露わになったその美しい身体をゆっくりと見つめ、やさしく触れた)

:「おさと・・・そなたも・・・身体を見せよ・・・」

:「もちろんでございます」(おさとはゆっくりと裸になり、上様を倒し、全身で抱きしめた)

:「そなたの手は・・・まことに美しい・・・」(上様はおさとの手を握った)

:「上様のお手も・・・ずっと変わらず白くてお美しい・・・」(おさとはその手に口づけをした)

:「おさとの首元は、いつも・・・よい匂いがする・・・」(上様はおさとの首元に顔を寄せた)

:「それは・・・まことにうれしゅうございます」(おさとはその美しい指で上様の身体をゆっくりなぞっていった)

:「あっ・・・おさと・・・・・」(上様は感じていた)

:「上様・・・夜伽とは・・・交わるだけが、男と女の行為ではございませぬ」(そう言いながら上様の脇腹を舌で愛撫し、片手で括れを軽く撫でまわし、まるで焦らすように愛撫をはじめた)

:「夜伽とは・・・交わるだけが・・・男と女ではない・・・と・・・?」

:「そうでございます・・・。今宵は・・・交わらずに、触れ合ってみませぬか・・・・?”交わり”は、その行為が終われば切なさに駆られます。しかし、交わらなければ、気持ちも身体も心地よく温かいままでいられます、きっと・・・」

おさとは自分の身体を、横になった上様の後ろにぴったりと重ね、上様の脇の下から左手を回し、その柔らかい胸をつかみ、後ろから右手を太ももと太ももの間に滑り込ませ、焦らすように撫で、その唇と舌で上様の背中を音も立てずに静かにゆっくりと愛撫していった。

:「あぁ・・・・!イヤ・・・あっ・・・・おさと・・・・」(上様はこれまで以上に感じていた)

:「・・・いかがですか?このまま・・・交わらないのは・・・燃えまするな・・・・」(おさとは上様の耳元で小声でささやいた)

:「我慢・・・せよ・・・というのか・・・・あぁ・・・・」(上様は身体を大きくくねらせた)

:「もっと・・・ゆっくり感じてくださいませ・・・」(今度は上様を仰向けにして、ゆっくりと右の太ももを開き、おさとの美しい手指が鼠蹊部を強弱をつけて撫でまわし、軽く噛んでは唇で愛撫するということを繰り返した)

:「そなた・・・・あぁ・・・何をする・・・・

:「上様との、初めての夜伽を思い出しました・・・。あの頃よりも、ずっとずっと、好きでございます」(おさとの指は、その肝心な場所をわざと避けて焦らしながらも、ぎりぎりのところで快感を導いていった)

:「あ・・・んっ・・・おさと・・・もう・・・どうにかなりそうじゃ・・・もっと・・・!」(上様はおさとに”その先”を求めていた)

:「今宵は少し涼しゅうございます・・・焦らずともよいではございませぬか」(おさとはその指をゆっくりと、肝心な場所を触れそうで触れない、触れないようで触れるように動かし、そのやわらかい唇で、上様に深いくちづけをはじめた))

:「あ・・・・・・!」(上様はあまりの快感に腰を震わせた)

:「・・・もっと・・・ゆっくりと・・もう少し・・・感じてくださいませ。上様の感じるお姿をずっとこのまま・・・見ていたいのです」(冷静に話しながらも、おさとの身体もまた我慢の限界点にまで達していた)

:「あぁ・・!おさ・・・・と・・・!」(上様の快感は穏やかに頂点に達した)

:「上様・・・・まだ・・・夜はこれからでございます。もう一度、いえ、何度でも・・・いたしますから・・・」(おさとは耳元でやさしく語りかけ、汗をにじませた上様に水を飲ませ、そっと汗を拭きとった)

:「そなたとは・・・・もう何年も何度も夜伽をしているのに、このような安堵感と高揚感の入り混じった夜は・・・初めてじゃな・・・・。交わらないのに、何とも言えず、気持ちが・・・よい。もう一回・・・・」(上様は瞳を閉じた)

:「上様のこのようなお顔は・・・久しぶりに見たような気がいたします・・・。わたくしは・・・上様を全力で、お慰めいたしますから・・・今宵は何度でも・・・・時にはこのような夜も・・・よいものでございますな・・・」

おさとはふたたび上様の手をにぎり、指を絡め、愛撫をはじめ、、「交わらない愛の行為」を繰り返し、上様を癒し続けたのであった・・・。

:「好きじゃ・・・・。おさと・・・・」(濡れた瞳でおさとを見つめた)

:「これが九月ではなくて冬でしたら、もっともっと・・・温かさを感じるかもしれませぬな・・・」

:「ならば・・・冬にも・・・これを・・・してくれるか・・・?」

:「喜んで・・・」(おさとはやさしく上様を抱きしめた)

初秋の風が流れ、ゆったりとした夜の時間が流れていった・・・。「交わりのない夜伽」をしたのは、おさとが初めてであった。身体はもちろん、精神的にも癒されていった上様・・・。おさとの瞳は優しさに満ち溢れていた。

END
-------------------------------------------
いや〜ん 何だか、ジラしのテクニックがすごいね、おさと!!
こんなコトをされちゃたら、いつまで経っても燃えっぱなしよね!!
あえてひとつにならない夜・・・・ちょっと・・・ロマンチックだわ〜
おさと、こういう夜も似合うなあ。何だか、カッコいい

ハイ!ということで、今宵の1曲は、嵐で「Japonesque」です!どーぞー!

「今宵 月夜が見守る 恋よ永遠になれ
強く願う ジャポネスク
夜空に描く 星が降り出した
僕と一緒に ゆらりゆらり揺れて・・・」♪

もう・・・夜中、ゆらりゆらり揺れちゃうよ・・・
おやすみなさいませ・・・。
posted at 18:00 | 妄想大奥物語 | この記事のURL
愛 結ばれる [2017年09月03日(日)]
  愛 結ばれる


突然 解き放たれたふたり

これってウソじゃないよね?
ホントなんだよね?
大っぴらに恋できるってこと?

隠し続けたふたりの気持ち

苦しかった長い長い時間が
浮かんでは消え、浮かんでは消え
まるで花火のように

心折れそうになったことも
ふたり離ればなれになったことも
全て今は思い出

今こうして指をからめ
髪をなでながらするキス

燃え上がる気持ちにストップなんて、
もういらない

わきあがる情熱に ただ正直に
身を任せてゆこう

愛をカタチにしよう
約束するよ



posted at 09:00 | 恋愛詩 | この記事のURL
愛よ 永遠に [2017年09月02日(土)]
      愛よ 永遠に


降り積もる愛情
これ以上ない愛情

全て閉じ込めて

抱きしめて抱きしめて
切ない思い

無情にもふたりを引き離そうとする
見えない何かを
ぶち壊して投げつけてしまいたい
この街中に

負けないで 愛 貫こう

非情なくらいの時間の仕打ちも
ミライへのテストなの?

それでも愛している
それでも会いたい

誰に知られてもかまわないから

愛よ 永遠に


posted at 18:40 | 恋愛詩 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール


リンク集

http://www.dhcblog.com/love-chan/index1_0.rdf
おともだち

ログイン
Mypagetopに戻る