心も体も、常に清く正しく美しくありたいです。
今日も一日、幸せに過ごせますように。

 
2015年09月  >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
WBC世界フライ級タイトルマッチ [2007年10月12日(金)]
 
昨夜放送されたWBAライトフライ級タイトルマッチを観て
私なりに思ったことを書いてみました。
ご興味のある方は、続きをご覧下さいね。


圧倒的に内藤勝利!という予想の多い中
私は、どんな試合展開になるか解らないな・・・という思いでした。
近頃はめったにボクシングを観なくなった私ですが
昨夜はどうしても観たくて、家事仕事をサッサと片付け
の前に正座して観てました。
(途中から座っていられず仁王立ちでしたが

結果は、皆さんご存じの通り
大差の判定でチャンピオン内藤選手の王座初防衛。
しかし、大毅選手の反則からの減点があり
観客から大きなブーイングを受けたりして
とても後味の悪い試合でもありました。

亀田3兄弟については、賛否両論です。
長男の興毅選手が前WBAライトフライ級世界王者につき
素晴らしい実績を残してはいるものの
数々のビッグマウス、行きすぎのパフォーマンスは
多くの批判を呼んでいます。

今回も、そうでした。
挑戦者の立場である大毅選手は
チャンピオンをゴキブリ呼ばわりしたり
「負けたら切腹する」と言ったり・・・。
それでも圧勝していればまだしも
敗戦しただけでなく、反則行為までおかしての敗戦ですから
これでは、亀田批判のボルテージが上がる一方でしょう。

ボクシングやプロレスにも言えることですが
試合前の会見などで、選手がお互いを罵りあったり
自分の強さを誇示することが多々あるようです。
これは自分を鼓舞したり、闘争心を高める効果があるのでしょう。
でも、以前から亀田家のそれらは、ちょっと行きすぎに感じていたし
スポーツマンとしての『品格』が
残念ながら、感じられないんですよね
辰吉丈一郎は、そこが違うから・・・愛されたのでしょう。

スポーツ選手は、クリーンで爽やかなイメージじゃないと
仮に強くても、ファンはついてこないと思います。
マスコミを含めて、世間を敵にまわしてしまうのはね・・・。

最近の大相撲一連のゴタゴタ問題を見ても
やっぱり、スポーツ選手は人気商売で・・・
競技のスキル向上に努力するとともに
日本人がおもきを置いてきた“清く正しく美しく”を心がける事
そして感謝の気持ちを忘れちゃいけないな…と
試合を見ていて強く感じました。

大毅選手はまだまだ若い!
未熟な部分はあるけれど
選手としての実力は、まだまだ伸びると思います。
人間としての常識とか謙虚さとか教養とか
素直に受け入れ、身につける事が
大事なんじゃないかな・・・。
諸悪の根元・・・なんて言われちゃってる亀田父ですが
大人として、親として
子供たちに教えるべき事は沢山あると思います。
今回の事は、良い勉強の機会と捉えて
彼には再び精進してもらいたいと思います。

最後に内藤選手、お疲れ様でした。
posted at 11:45 | TV | この記事のURL
記事の感想をクリック タメになる
おもしろい
ほしい!
おうえん!
最近の評価状況
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/nmkmfam/archive/43
プロフィール


nmkmfam
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/nmkmfam/index1_0.rdf
マイコレBOX
おともだち

ログイン
Mypagetopに戻る