コンサートロス [2017年08月07日(月)]
2年に一度のビッグイベントのコンサートが無事に終了しました。



今回は10回目を記念してスペシャル企画を用意したのです
夏休み中なのでお子様にも楽しんでもらえるように、1台のピアノを4人8手で演奏し 演奏途中に手品や寸劇を盛り込んだり・・・。

寸劇では 練習時に仲間からのキビシイ演技指導が入ったのも 楽しい思い出

とにかく、11人の愉快な仲間達です



演奏直前の舞台そででの緊張時は「こんな緊張、2度としたくない。」と思うのに、なぜか楽屋と打ち上げが楽しくて あの緊張感を忘れてしまう
まるで、出産時の記憶と同じだな〜




お友達や生徒さんから頂いたお花やお菓子です



しばらくは、このお花を眺め、お菓子を食べながら コンサートの余韻に浸ります





ホール練習 [2017年07月26日(水)]
11日後のコンサートに向け、ホール練習が始まりました





スタインウェイと未調律YAMAHAで、ちょっと気持ち悪いハーモニーの部分もありましたが、ピアノの感触は掴めた


私達が今回 2台のアンサンブルで選んだ曲は、ファリャのバレエ音楽 恋は魔術師より 火祭りの踊り
一人の女性を巡り、今彼が元彼の亡霊に悩み・・・。というストーリの曲なんだけど、この曲を練習し始めてから 私に不幸がまとわりついている。

呪いだろうか


2着新調 [2017年07月01日(土)]



ピアノのコンサート、曲は仕上がっていませんが

コンサートのドレスが仕上がりました

今晩はリハーサル

右ひじの痛みが辛いけれど、やるしかないね


弾きたい曲が多すぎる [2017年06月21日(水)]


私のピアノの生徒さんの発表会を12月に予定しています。

娘(ぴーちくぱーちく)との連弾曲に選んだのは sing sing sing
吹奏楽部でトランペットを吹いているぴーちくぱーちくにとっては馴染みの曲

YouTubeで連弾の演奏動画を探し、その楽譜をネットで探し当て注文。
1曲で送料込みの3020円也〜〜。

楽譜の難易度も高いが、値段も高い
好みの変化 [2017年05月30日(火)]


学生時代は嫌で嫌でたまらなかったJ.S.バッハ。

しかし、近頃 バッハを弾くと落ち着く〜〜

年齢と共に好みが変わってきた。

| 次へ