ほんのささやかな輝きでいい。毎日のちょっとした出来事を
『きらきら』と感じられたら…

2015年10月  >
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
みーこさま
奨学金 (05/25)
みーこ
奨学金 (04/22)
ひろみさま
長男の誕生日 (04/15)
ひろみ
長男の誕生日 (04/14)
ひろみさま
サンデージャポン (01/22)
ひろみ
サンデージャポン (01/14)
ひろみさま
アルバイトその2 (12/21)
ひろみ
アルバイトその2 (12/18)
ひろみさま
ご報告 (11/26)
ひろみ
ご報告 (11/23)
人に物を返すとき [2010年06月08日(火)]
人から物を借りていて、返す時に「お礼」をするのは
一般的に当たり前の行為だと、今まで思ってきました。

借りていたものの値段、そして借りていた期間によって
お礼の度合いは違うかもしれないし
その人の収入に応じて、お礼の大きさは違うかもしれないけれど
やはり、感謝の気持ちがあれば
自然と、そういった気持ちになるのではないかと思うのです。

日本人として生まれてきたからには
「義理」という習慣は大切だと思うし、「感謝」だったり「祝う」という気持ちは
人との絆を考えると、とても美しい行為だと思ってきました。

中には、したくもない「付き合い」や「義理」もあるかもしれないけれど
親しくしている相手には、自然と相手を思う気持ちも生まれ
苦にならずに心から出来る行為だと
私は思ってきたのでした。

もちろん物を貸すとき、お返しを期待して貸すわけではないけれど
感謝の気持ちを表してもらえると、貸してあげてよかったと思えるし
当たり前の顔をされると、なんとなく嫌な気持ちにもなってしまうから
同じ貸すなら、気持ちよく使ってもらえる相手に…とおもってしまうのは
当たり前のことなのかもしれません。

実は、親戚の子に、5年近くベビー用品を貸していて
最近になって使わなくなったからどうしたらよいかと聞かれました。
私には未婚の姪っこがいるので、本当は返却してもらおうと思っていたのですが
さすがに5年も他人に使われたものは嫌だと、実家から断られたので
理由を付けて、返さなくて良いということを伝えました。

すると、処分するのにお金がかかったから
売れたものもあるけれど、とんとんだったと言って来たのです。

それって、もし処分のお金のほうがかかっていたら
「損した」とでも言いそうなくらいの言い方で
なんだか、とても悲しい気持ちになりました

5年も使ったから買い取ってもらえないような品になったわけで
我が家が使っていただけでリサイクルショップに売れば
ある程度のお金になったようなものばかりだったから
なんだか、すごく損した気持ちにもなりました。

親戚の家では、スイングチェアから調乳ポットに至るまで
総額にしたら10万以上にもなるものを
ただで使用でき、買わずに済んだのだから
たとえ、今になって処分費用が少しばかりかかったとしても
決して損はしないはずだ。
損したのはこちらのほうなのだ。
それなのに、あの言い方はあまりにも失礼だろう。
しかも、自営業の仕事は繁盛しているらしく
自慢のオンパレード。

そんなに儲かってるのに、長男の入学祝いすら持ってこない。
もう一人の親戚の子は、生活が楽ではないのに
春休みの間に図書カード1万分も送ってくれたというのに。
ベビー用品に限らず、正直言ってものすごく面倒を見てきた相手。
こちらは、一方的に義理するばかり。
なんだか、馬鹿らしくなってきました。

お祝する気持ちがないなら、せめてお金の自慢はやめて欲しい。
お礼が出来ないなら、嘘でもいいから
「仕事が軌道に乗らなくて生活が大変だから何もしてあげられない」くらいのことを
言って欲しかった。

夫婦そろって親の遺産をたくさんもらったから
ローンを組まずに家が建てられると豪語していた彼女。

そんなにお金があるのなら、これからは自分で何でも買えばいいのだ。
彼女のところには、これから先何もしないことにしようと
心に決めた私なのだ。





posted at 22:33 | この記事のURL
コメント(2)
記事の感想をクリック タメになる
おもしろい
ほしい!
おうえん!
最近の評価状況
この記事のURL
http://www.dhcblog.com/redia-mama/archive/497
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
※画像に表示されている文字を入力してください(半角・大文字/小文字の区別なし)。
文字が読みづらい場合はこちらをクリックしてください。
captcha
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク

コメント
ありがとうございます

実は、彼女は主人の妹なんです。
昔からちょっとわがままなところが
あったのですが
結婚してから、性格が捻じ曲がってしまったようです。
だんなさんは、ユニクロのTシャツを買うのに
何度もお店と家を往復してしまうような
ケチケチの人。
節約家はいいと思うけれど
最低限の義理くらいちゃんとできる
夫婦になって欲しいものです

Posted by:ひろみ様  at 2010年06月11日(金) 22:09

こんにちは

読んでいてびっくりしました。

こういう人っているんですよね。

私も、車を運転していてたびたび思うことがあるんです。

いきなりずる混みしてくる車。

でも、ハザードを2,3回点滅してくれただけで許せちゃう。

「入れて」って、頭下げられれば、「どうぞ」って譲れちゃう。

でも、入れてあげて、ハザードはつけない、頭下げるわけじゃない、手を上げるわけじゃない・・・知らんぷりな人。

「あ〜入れてやらなきゃよかった!!」って、ついつい思っちゃいます。

子供にはいつも言っています。

人に何かしてもらったら

「ありがとうございます」の10文字を言っただけで、親切にしてくれた人は幸せな気持ちになる。

車に乗っていて、譲ってもらったら、ハザードをつけてお礼をしたり、手を上げたり、頭を下げただけで「譲ってよかった」って気持ちになる。

たったこれだけで気持ち良くなるんなら、やった方がいいよねって。

いっちゃんに、物を借りて文句を言った彼女、きっとそういう気持ちを持っていない人なんでしょうね。

何か、見返りが欲しいわけじゃないけど、感謝されないと
彼女の為に何もしない・・・という考えが起こっても仕方ないことですよね。

同感!!
Posted by:ひろみ  at 2010年06月10日(木) 13:54

プロフィール


いっちゃん
ブログ
リンク集

http://www.dhcblog.com/redia-mama/index1_0.rdf
おともだち

ログイン
Mypagetopに戻る