DHCブログも11年目・・
終わりのない両親の介護とブラックな仕事の日々
自分のための日記です







月別アーカイブ
私の宮古島 [2009年06月15日(月)]
神様を感じたのは、うつ病で休みにはいり、日々
としていたある日、友人が「私の友達もうつだったよ、今は宮古島で働いてる。紹介するから遊びにいってくれば〜」という一言から始まった。

人見知りするほうそしてうつ、うつ、うつ・・・・まっただ中。そしてそんなところいっているべきだろうか・・・???そして休職中。旅費は???

普通だったら絶対いかない

でも・・・・不思議・・・いく決心をしてしまいました
はじめて上陸した島で、気持ちのいい風を身体中に感じ、島のおいしい料理が身体の中から力をくれたような感じでした。

紹介された方はとても素敵な方で(といってもひとまわりも年下だった
宮古島でお土産や(少しおしゃれな)で働いていて、毎日仕事のあとにつきあってくれた(うれしかった楽しかった)

毎夜、友人を紹介してくれた。いろいろな人といろんなこと話した。
彼女も内地からいっているので内地から宮古へ移住してきた人ばかりだった。

みんななんかしらあって宮古に移住していた。宮古は優しい島だって
みんな勇気があって、楽しそうでうらやましかった。

そしてみんな初対面なのに、みんなの前でたくさん泣いた(これはうつの症状らしいけど)
でも不思議体験はまだあった!!!それはでいた席である人の提案で・・・・・。

続く〜
Posted at 11:31 | 宮古島 | この記事のURL
プロフィール


カテゴリアーカイブ
ログイン
Mypagetopに戻る