DHCブログも11年目・・
終わりのない両親の介護とブラックな仕事の日々
自分のための日記です







月別アーカイブ
宮古島  [2009年06月22日(月)]
宮古島編B

そして翌日ドキドキしながら電話・・・・。

「明日なら時間とれます・・」といわれ、やっぱり導かれてる〜〜

と、思いました。紹介してくれた友人たちに、よく予約とれたねーといわれ、
翌日までどんなことかわからなかったから、ほんとにドキドキそわそわしてました。

そして当日。前の方がおわるのをドキドキしながら待ちました。

おっきな水晶があって、ユタさんがいて、すぐ「観光できたんじゃないわねー。」
っていわれた。なんにも話してないのに、
「たいへんだったねー、疲れちゃったんだねー、あなたのオーラ消えそうよ。かわいそう。」っていわれた。オーラが消えそうって・・・・・
「死にたくないわよね」までいわれてしまいました
普通の占いのお部屋と同じ感じです。でも違うのは、ユタさんにはみえちゃうんだ、ってことで
した。

「そうなの、うつ病でお休みしているの。いつまでいるの?」などなどはなし、もうすぐ帰るって伝えたら
「できるだけ宮古の風にあたって自然を感じていきなさい」っていわれた。

私の祖母がずっとでてきてて、私のこと話しているんだって。だからユタさんにはいろいろわかったらしいです。
「紫のすごく強いオーラのおばあちゃまね。あなたを守ろうとしてさっきからでてきているのよ。」って・・・。祖母の言葉もいただきました・・・ありがたかったです・・・。

なぜ、うつまっただ中なのに、なにもしたくもないのに宮古にいくことにしたのか、その時はっきりわかりました。祖母が、私にメッセージをくれるために、この島へ届けてくれたんです。
メッセージだけでなく、いかなければわからなかった宮古の素晴らしい自然、風に出会うこともできました。

宮古では初対面でもみんなやさしくしてくれました。
優しい島です・・・。宮古島
そして神の島・・・


Posted at 01:17 | 宮古島 | この記事のURL
プロフィール


カテゴリアーカイブ
ログイン
Mypagetopに戻る