20年以上続けている趣味のトライアスロンと、
我が家の愛犬「もも」を中心に、気ままに書いています。

2006年07月  >
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
日別アーカイブ
アルコールの栄養素
[2006年07月13日(木)]
アルコールの栄養素について、だれかの日記に書かれていたのですが、
同じ焼酎でも芋・麦・米などがあるが、皆同じ熱量なのかとふと疑問に思ったので
ネット検索してみました。結論は↓

焼酎は日本酒などの醸造酒を、蒸留して作られた蒸留酒です。
よって風味などの違いはありますが、度数が同じならば、
ほとんど差がないはずです。

■蒸留の原理
酒はアルコールと水を主とするその他の成分が混合した状態。
アルコールの沸点は約78゜C、水の沸点は約100゜Cであるため、
酒を加熱するとまずアルコールが蒸発する。この蒸気を集めて
液体に戻すと、元の酒よりもアルコール度数の高い酒を作り出す
ことができる。この度数の高い酒が蒸留酒です。
蒸留酒はほとんどが水とエチルアルコールからなります。
ウィスキーと焼酎の違いは、原料や製法に由来する
ごくわずかな微量成分によるものです。※

そして帰宅して、夕食時の管理栄養士の娘よりの話。
勤務している学校の先生の講義によると、
「アルコールの熱量はほとんどがアルコールの分解に
使われます。したがってアルコールを摂取しただけでは、
絶対に太りません」とのこと。
やはりアルコールが入ると、ついつい食べ過ぎてしまって
太るのですネ〜(^_^;)
Posted at 13:04 | 健康 | この記事のURL
プロフィール


リンク集

http://www.dhcblog.com/toraimomo/index1_0.rdf
グラフ


グラフを拡大する
ログイン
Mypagetopに戻る